2017年06月08日

President Obama's Speech at Wakefield High School (1)


2009年9月新学年スタートの日キラキラ.gif

バラク・オバマ アメリカ合衆国大統領が
バージニア州、ウェイクフィールド高校
全米の子どもたちに向けてスピーチを行いました

テーマは「教育における責任」「努力の大切さ」


 【YouTube】President Obama's Speech at Wakefield High School

 

  3回シリーズ 【全46段落】

 (1) ( 02′23″ to 08′34″)  【1】〜【14】パラグラフ
 (2) ( 08′35″ to 12′43″) 【15】〜【28】パラグラフ
 (3) ( 12′44″ to 18′40″) 【29】〜【46】パラグラフ


   日本語訳は英語の語順に従って
   カタマリで原則的に左から右に訳しています

   同形反復は並列して解説しています


(1) ( 02′23″ to 08′34″)  【1】〜【14】パラグラフ

 
T Introduction @(序論)


【1】

Hello everybody.      (Cheers)
こんにちは みなさん

Thank you. Thank you.  
ありがとう ありがとう

Thank you, everybody. 
ありがとう みんな

All right.
わかりました

Everybody, go ahead and have a seat.
みなさん    座ってください

How's everybody going today?  (Cheers)
お元気ですか 今日

How about Tim Spicer?      (Cheers, applause)
〜はどうかな ティム・スパイサー

※スピーチ前に、オバマ大統領を紹介する役目を務めた男子生徒


I am here with students at Wakefield High School
私はここにいる 生徒たちと一緒に ウェイクフィールド高校

 in Arlington, Virginia.
 アーリントン バージニア州 


And we've got students tuning in
   私たち してもらっている 生徒たち 中へ入る

  from all across America,
  〜から   全米 

 kindergarten through twelfth grade.
  幼稚園    〜を通して 12学年(=高校3年生)

I'm just so glad you all could join us today.
私 とてもうれしい 君たち みんな 参加できて 今日

I wanna thank Wakefield High School
私 感謝したい ウェイクフィールド高校

 for being such an outstanding house.   (Cheers)
   このような素晴らしい歓迎会


【2】

I know that
私 分かっている

for many of you,
〜にとって 多くの人 君たち

today is the first day of school.
今日     最初の日  学校

And for those of you
 〜にとって  君たち

 in kindergarten,
    幼稚園

   or
        middle
        中学校
 starting   or   school,
        high

 始まる   高等 学校


it's your first day in a new school,
      最初の日   新しい学校
 so
it's understandable if you're a little nervous.
   理解できる  〜かどうか 君たち 少し 緊張して

I imagine there are some seniors out there
私 思っている 一部の上級生がいる  そこに

 who are feeling pretty good right now,  (Cheers)
     気分がとても良い  まさに今

 with just one more year to go.
    ほんの1年    進む
    (=あと1年で卒業)

And

no matter what grade you're in,
〜であろうとなかろうと 何年生 君たち

some of you are probably wishing it were still summer,
一部  君たち おそらく 願っている  まだ夏休みであったら

  and
you could've stayed in bed just a little longer this morning.
君たち いられたのに ベッドの中 ほんの少し長く 今朝は


【3】

I know that feeling.
私 分かっている その気持ち

When I was young,
〜とき 私が若かった

my family lived overseas in Indonesia for a few years,
私の家族 住んでいた 外国に インドネシア 数年間

 and

my mother, she didn't have the money to send me
私の母親 彼女はお金がなかった     私を送る

where all the American kids went to school,
   すべてのアメリカの子どもが学校に行く

※=to school where all the American kids went


which is thought it is important for me
    考えられていた  重要な   私にとって

to keep up with American education.
 遅れずについていく アメリカの教育


So she decided to teach me extra lessons herself,
  彼女 決めた 私に課外授業をする   自分で

Monday through Friday
月曜日 〜を通して 金曜日

because she had to get to work,
なぜなら 彼女 仕事にでかけなければならなかった

so your time is doing at 4:30 in the morning.
だから  時間  4時30分  朝


【4】

Now I imagine I wasn't too happy about getting up that early. 
今は 私 思う 私 あまりうれしくない 起きる  そんなに早く

A lot of times,
よく

I'd fall asleep right there at the kitchen table.
私 眠ったものだ まさにそこ  台所のテーブル

But whenever I'd complain,
しかし いつでも 私 不平を言う

my mother would just give me one of those looks and say,
 母親  ただ よくある顔つきをして言ったものだ

"This is no picnic for me either, buster."  (Laughter)
 私にとってもピクニックじゃないんだよ おい


【5】

So I know some of you are still adjusting to being back at school.
私 分かっている 一部 君たち 慣れようとしている 学校

But I'm here today
しかし 私はここにいる 今日

because I have something important to discuss with you.
なぜなら 私にはある 何か重要なこと 議論する  君たち

I'm here
私はここにいる 

because I want to talk with you
なぜなら 私 話したいと思う 君たち

     your education
     君たちの教育
about   and
     what's expected of all of you in this new school year.
     こと 期待される みんな 君たち この新しい年度


Introduction A(序論)

【6】

Now I've given a lot of speeches about education.
さて 私 してきた たくさんのスピーチ 〜について 教育

And I've talked a lot about responsibility.
  私 話してきた たくさん 〜について 責任

I’ve talked about your teachers' responsibility
私 話してきた 〜について 教師の責任

    inspiring you,
    やる気にさせる 君たち
for   and           .
    pushing you to learn
    推し進める 君たちが学ぶ


I've talked about your parents' responsibility
私 話してきた 〜について 親の責任

for making sure
〜ための 確かにする

     stay on track,
      進む 線路
     (=物事を順調に進める)
you    and
     get your homework done,
君たち   宿題をさせる

    and  
                        in front of the TV
                         テレビの前        
   don't spend every waking hour     or         .
                        with the Xbox
   過ごさない 毎日 起きてる時間    Xボックス

                     ※米マイクロソフト社製のゲーム機


【7】

I've talked a lot about your government's responsibility
私 話してきた たくさん 〜について 政府の責任

   setting high standards,
   設定する  高い基準

            teachers 
             教師
   supporting    and     ,
             principals
    支援する    校長

for  and

   turning around schools
    好転する     学校

   that aren’t working
      機能していない

   where students aren't getting the opportunities they deserve.
        生徒    機会を得ていない        彼ら 値する


【8】

But at the end of the day,
しかし  結局のところ

           the most dedicated teachers,
             最も熱心な教師
           the most supportive parents,
             最も援助してくれる両親
we can have     and
           the best schools in the world
私たち〜ありうる ある 最もよい学校    世界

   and

none of it for me will make difference
何も〜ない それ 私にとって 〜だろう 違いがうまれる
(=私にはそれによって違いが生まれることはないだろう)

none of it will matter
何も〜ない それ 〜だろう 重要である
(=それはなにも重要でないだろう)

unless all of you fulfill your responsibilities.
〜しない限り みんな 君たち 果たす 責任


          show up to those schools;
          登校する       学校

          pay attention to those teachers;
          注意を払う         教師

                     parents,
                      両親
                     grandparents,    
                      祖父母
          listen to your     and     ;
                     other adults
          耳を傾ける     他の大人

Unless you      and                      . 
          put in the hard work it takes to succeed
〜しない限り 君たち  行う  熱心な勉強  かかる 成功する

President Obama's Speech at Wakefield High School 1.jpg

U Body @(本論)

【9】

And that's what I want to focus on today:
  そのこと こと 私が焦点を合わしたい 今日

the responsibility each of you has for your education.
   責任      各自 君たち もつ 〜に対する 教育

I want to start with the responsibility you have to yourself.
私 始めたいと思う     責任     君たち自身がもつ


【10】

Every single one of you has something you're good at.
ひとりひとり 君たち   ある 得意なこと

Every single one of you has something to offer.
ひとりひとり 君たち   ある 何か差し出すこと

You have a responsibility to yourself to discover what that is.
君たち ある  責任    自分への    発見する それが何か

That's the opportunity an education can provide.
そのこと    機会      教育  提供できる


【11】

Maybe you could be a great writer
多分  君たち なれる 偉大な作家

                        a book
                          本
maybe even good enough to write     or
                        articles in a newspaper
多分 実に 優れた 十分  書く     記事    新聞

but you might not know it
しかし 君たち そのことを知らないかもしれない

until you write a paper for your English class.
〜まで 君たち 書く レポート  英語の授業

               an innovator
                改革者
Maybe you could be     or
               an inventor
多分 君たち なれる   発明家

                             the next iPhone
                              新しいiPhone
maybe even good enough to come up with      or
                                   medicine
                                     薬
                             a new    or
                                   vaccine
多分 実に 優れた 十分 思いつく        新しいワクチン

but you might not know it
しかし 君たち そのことを知らないかもしれない

until you do your project for your science class.
〜まで 君たち する 実験 〜のための 理科の授業


               a mayor
                市長
               a Senator
                上院議員
Maybe you could be     or          ,
               a Supreme Court Justice
多分 君たち〜なれる 最高裁判所の判事

but you might not know that
しかし 君たち そのことを知らないかもしれない

          student government
           学生自治会
until you join   or       .
          the debate team
〜まで 君たち  参加する 討論クラブ


【12】

And no matter what you want to do with your life
〜であろとなかろうと 何 君たち したいと思う 人生

I guarantee that
私 請け合う

you'll need an education to do it.
君たち 〜だろう 必要である それをするための教育

              a doctor,
                医者
              a teacher,
                教師
You want to be      or      ?
              a police officer
君たち なりたいですか    警察官


              a nurse,
               看護師
You want to be      or          ?
             an architect,
               建築家

              a lawyer,
               弁護士
                or
              a member of our military
君たち なりたいですか    一員     軍隊


You're going to need a good education
君たち 〜だろう 必要である 良い教育

for every single one of those careers.
〜のための  ひとつひとつ それらの職業

           drop out of school
           学校を中退する
You can not      and            .
           just drop into a good job
君たち〜できない ただ 良い仕事におちつく
(=学校を中退してただ良い仕事に落ち着くことはできない)

           work for it
           勉強する それ
You've got to    and     .
           train for it
           訓練する それ
            and
           learn for it
君たち
  〜しなければならない
 学ぶ それ


【13】

                   your own life
                     君たち自身の人生
This isn't just important for   and     .
                   your own future
このこと ただ重要なわけではない 君たち自身の将来

What you make of your education will decide
こと 君たち する 教育       〜だろう 決める

nothing less than the future of this country.
何も〜ない 以下     将来     この国
(=他ならぬこの国の将来)

The future of America depends on you.
  将来    アメリカ  次第である  君たち

What you're learning in school today will determine
こと 君たち 学んでいる 学校 今日 〜だろう 決める

whether we as a nation can meet our greatest challenges in the future.
〜かどうか 私たち 国民として 対処できる 最大の課題   将来



【14】
            knowledge
             知識
You'll need the   and  
            problem-solving skills
君たち 必要だろう  問題解決能力

            science
            理科
  you learn in   and     
            math
  君たち 学ぶ   数学
  
                 cancer        
                  ガン
  to cure diseases like  and     ,
                  AIDS
 〜ために 治す 病気 〜のような エイズ

    and

     develop new energy technologies
      発展させる 新しいエネルギー技術
  to   and              .
     protect our environment
 〜ために 守る 私たちの環境

           insights
            洞察力
You’ll need the   and
           critical thinking skills
君たち 必要だろう 批判的に考える能力


           history
            歴史 
  you gain in   and       
           social studies
  君たち 得る  社会科

         poverty
          貧困
    fight   and
         homelessness,
          ホームレス

         crime
          犯罪
          and
         discrimination,
    戦う   差別

  to  and

                more fair    
                より公平に
    make our nation     and  .
                more free
    する 私たちの国家 より自由に
 
       
            creativity
             創造力         
You'll need the    and
            ingenuity
君たち 必要だろう 創意工夫

  you develop in all your classes
  君たち 発展させる すべての授業

  to build new companies
  〜ために つくり 新しい会社

         create new jobs
         生み出す 新しい仕事
  that will   and        .
         boost our economy
         押し上げる 経済


 To be continuedキラキラ.gif


 (参考)今回の内容(1) 要点鉛筆.gif

 T Introduction @(序論)あいさつ 前置きキラキラ.gif

   Introduction A(序論)教育における責任キラキラ.gif

 U Body @(本論)

   生徒自身の責任&努力の大切さキラキラ.gif 


posted by ついてるレオ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 有名人演説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

Lesson 4 Gorillas and Humans Part 4

Lesson 4 Gorillas and Humans Part 4

Interviewer:
司会者

@ For my last question,
 M(文頭副詞)
 〜として 私の最後の質問  

I would like to ask you about the present situation of gorillas.
      →
私 〜したいものです 尋ねる あなた 〜について  現在の状況  ゴリラ

A I heard (that)   →レポート文
     →   省略

 私 聞いた


 【読解鉄則】 レポート文 
 筆者の思考、発言の内容をthat節・wh節・if節(=名詞節)などで表現する文!
 (参考)「節」とは大きな文の一部として使われる「文」のこと。
 


their numbers have been decreasing.
   彼らの数      減りつつある


 【読解鉄則】 S have(has) been Ving(=動詞のing)  
 【現在完了進行形】のイメージ:
 過去の出来事が 現在に迫る & 躍動感」!
 S have(has) been Ving〜「Sは〜(ずっと)している」
        
          = 後ろは『説明』  
 (参考)Ving=「躍動感」=動作の「イキイキ感」をあらわす!



Prof. Yamagiwa:
教授   山際

B Yes. はい 

C Gorillas are becoming extinct.
  ゴリラ   なりつつある 絶滅した
       (=絶滅しつつある)  

(注)×「絶滅している」はダメ! 要注意


 【読解鉄則】 進行形の4つの意味!  
 @「Sは〜している」 大部分はこの訳!
  用例 He is taking a walk now. 
      [彼は今散歩をしている] 
 A「Sは〜するところです」
  go(行く)come(来る)arrive(到着する)などの往来発着動詞の進行形
  用例 Our train is arriving at the terminal station.
      [列車は終着駅に到着するところです] 
             (注)「到着している」はダメ!
  
 B「Sは〜しかけている、〜しようとしている」
  open(開ける)shut(閉じる)begin(始める)
  stop(止まる)die(死ぬ)のように、
  継続することができない動作動詞の進行形
  用例 The bus is stopping. [バスは止まろうとしている] 
                   (注)「止まっている」はダメ!
  
 C「Sは〜する(だろう)」
  Aの往来発着動詞が、未来を表わす副詞(句)を伴うとき
  用例 Father is coming home tomorrow.
      [父は明日家に帰ってくる(だろう)] 

  ※ この英文はBです!


D About 120,000 gorillas lived in Africa ten years ago,
  およそ 12万頭のゴリラ  住んでいた アフリカ 10年前


 【読解鉄則】 SV(=動詞の過去形)…
 【過去形】のイメージ:「距離感!」(=離れている)
 「Sは〜だった、〜した」 
 (注)現在とは切り離されている!
 (参考)「過去」の出来事が「現在」と関連があれば「現在完了形」になる!



 but
 しかし 

 that number has become less than half in just ten years.
   その数    なった  以下  半分   ほんの10年


 【読解鉄則】 S have (has) Vp.p.(=動詞の過去分詞)
 【現在完了形】のイメージ:
 「
(過去の動作、状態が) 現在に迫る!」
 「Sは〜したところ、〜したことがある、ずっと〜である」
 (注) Vp.p.(過去分詞)には、「過去」の意味はない!
 (参考) Vp.p.=『受身・完了分詞』
 


E Only 30,000 to 50,000 of them are living there now.
 ほんの3万 〜へ 5万 彼ら  生きている そこ 今
(=ほんの3万頭から5万頭しか生きていない) 
                  (=gorillas)


 【読解鉄則】 S be Ving(=動詞のing)
 【進行形】のイメージ:「一時的な動作の進行をあらわす」
 S be Ving〜「S〜している
   = 後ろは『説明』 
 Vingのイメージ:「すでに〜している」⇒「実際に〜している」 
 (参考)Ving=「躍動感」 動作の「イキイキ感」をあらわす!」
 


F              cellphones
               携帯電話 
This is related to the   or    
               computers   
このこと 関係している コンピュータ       
(=前文の内容)
 
               


 【読解鉄則】 分離動詞句の受動態
 S relate A to   「SはAをと関係させる」【能動態】
    →   到達 
  Sが力をAに及ぼしてBに到達するイメージ!

 A be related to  「Aはと関係している」【受動態】
 (注)受動態は能動態の文のO(目的語)をS(主語)にした文!



 (that) we use ●. 
  省略 私たち 使う
       (注) ● 名詞の欠落!

(注)先行詞は cellphones or computers


 【読解鉄則】 関係詞(=関係代名詞 or 関係副詞) 
 前の名詞(=先行詞)を 説明する節(=形容詞節)の先頭にくる語
 (注)関係代名詞が導く節内は、名詞の欠落(●)がおこる!


 【読解鉄則】 関係代名詞の目的格の省略
 関係代名詞の目的格(which, whom, that)はよく省略される!
  名詞 + [S(名詞) V ●…](=形容詞節)イメージする!



Interviewer:
司会者

G What do you mean ●?
        →
 何   あなた 言おうとする
 (=どういうことですか?)
            (注)● もともと名詞があった場所!


 【読解鉄則】 配置転換ルール 【疑問文】
 話者の「感情・意図」がある



Prof. Yamagiwa:
教授   山際   


H Africa is an important area for producing rare metals.
  アフリカ   重要な場所  〜のための 生み出す レアメタル 

I                   cellphones
                    携帯電話
These metals are used in our  and     .
                    computers
これらの金属  使われている  コンピュータ  

J To collect them,
M(文頭副詞) 
 〜ために 集める それら   
       (=these metals)

people have been destroying the living areas of gorillas in the forest.
 人々  破壊してきている     生活圏    ゴリラ    森 


 【読解鉄則】 S have(has) been Ving(=動詞のing)  
 【現在完了進行形】のイメージ:
 過去の出来事が 現在に迫る & 躍動感」!
 S have(has) been Ving〜「Sは〜(ずっと)している」
        
          = 後ろは『説明』  
 (参考)Ving=「躍動感」=動作の「イキイキ感」をあらわす!



K In addition,
 M(文頭副詞)
  加えて


 【読解鉄則】 追加表現 In addition, 「加えて〜」
 「何(誰)にたいして加えて〜」なのか? を押さえる!



hunting gorillas for their meat has been increasing.                     
狩りをする ゴリラ 〜を求めて 肉   増えつつある 

L If we do not change this situation right now,
 M(文頭副詞)
 もし 私たち 〜ない 変える  この状況  直ちに

our“relatives”may be extinct in 10 to 30 years.
私たち「親類」 〜かもしれない  絶滅した 以内に 10 〜へ 30 年

Interviewer:
司会者

M Then,
 M(文頭副詞)
それなら

            understand this situation
             →
            理解する  この状況

each of us should  and

            consider what we can do ●.
              →
各自 私たち 〜するべきである 
            よく考える  こと 私たち 〜できる する
                          (注) ● 名詞の欠落!

N Thank you so much, Professor Yamagiwa.
   →
感謝します あなた とても   教授 山際


O It was very interesting.
 状況のit だった とても 興味深い

Prof. Yamagiwa:
教授   山際

P Thank you.
    →
 ありがとう



posted by ついてるレオ at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lesson 4 Gorillas and Humans Part 3

Lesson 4 Gorillas and Humans Part 3

Interviewer:
司会者

@ So, だから

it seems that gorillas are peaceful animals.
非人称のit 思われる ゴリラ  温和な動物

A Don’t they fight with each other?
 〜しないのか 彼ら 戦う  お互い  
      (=gorillas)


Prof. Yamagiwa:
教授   山際

B Yes,  いいえ
  (注)否定疑問文のyesなので、日本語は「いいえ」!

they sometimes fight for food with others in their group.
彼ら ときどき  戦う 〜のために 食べ物  他のもの  グループ 
(=gorillas)


gorilla groups.jpg

C However,
M(文頭副詞)
 しかしながら  

if two gorillas fight,
M(文頭副詞)
もし 2頭のゴリラ 戦う 

other gorillas usually try to stop the fight from continuing.
               →         S´←・→ P´
他のゴリラ たいてい 〜しようとする 妨げる 戦い    続く


 【読解鉄則】SVO from Ving
 第5文型 SVO from Ving は、O(目的語)と from Vingに必ず 
 S´←・→P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 S stop O from Ving 「SはOが〜することを妨げる」
    → S´←・→P´
  


Interviewer:
司会者  

D Who ● tries to stop it?
      →
  誰 〜しようとする やめる それ
(注)● もともと名詞があった場所!        
                (=the fight)


 【読解鉄則】 配置転換ルール 【疑問文】
 話者の「感情・意図」がある



Prof. Yamagiwa:
教授   山際  

E Usually
M(文頭副詞)
 たいてい  

                females
                 雌 
smaller gorillas such as   or      do.
                younger ones
                     代名詞 代動詞
小さいゴリラ 〜のような  幼いもの する
                     (=gorillas) (=stop)

   A『抽象』        B『具体』


 【読解鉄則】
 A such as B 
 A(核心的な内容)⇒ such as(具体的な説明) 
 『抽象』から『具体』の流れをつかもう!


 
F Eye contact communication is also used in this case.
  目を合わすコミュニケーション  〜も 使われている この場合


 【読解鉄則】 追加表現 also「〜も」
 「何(誰)にたいして〜も」なのか? を押さえる!
 


G They approach the two larger gorillas
       →
  彼ら  近づく   2匹の大きなゴリラ  
(=smaller gorillas)

who ● are fighting.
     戦っている
  (注) ● 名詞の欠落!


 【読解鉄則】 関係詞(=関係代名詞 or 関係副詞) 
 前の名詞(=先行詞)を 説明する節(=形容詞節)の先頭にくる語
 (注)関係代名詞が導く節内は、名詞の欠落(●)がおこる!



H The smaller gorilla stare at the angry gorillas.
    小さいゴリラ  凝視する    怒っているゴリラ

I The angry gorillas then move away from each other.
   怒っているゴリラ それから 離れる  〜から  お互い

Interviewer:
司会者

J Why do smaller gorillas play such a role ■?
                  →
 なぜ     小さいゴリラ   果たす そのような役割
                 (注)■ もともと副詞があった場所!


 【読解鉄則】 配置転換ルール 【疑問文】
 話者の「感情・意図」がある



Prof. Yamagiwa:
 教授   山際   

K If other large gorillas use force to stop a fight,
M(文頭副詞)
 もし 他の大きなゴリラ 使う 暴力 〜ために やめる 戦い 

frustration remains
欲求不満   残る  
 
 and            .

another fight may happen
もうひとつの戦い 〜かもしれない 起こる

L On the one hand,
 M(文頭副詞) 
他方

smaller gorillas do not use force.
               →
小さいゴリラ  〜ない 使う 暴力
         (=使わない) 

M As a result,
M(文頭副詞) その結果

the angry gorillas stop fighting
            →
 怒っているゴリラ 止める 戦うこと
  
  and

no frustration remains.
少しの〜もない 欲求不満 残る
(=欲求不満は全く残らない) 

N We humans often use force to control others.
    同格・強調     →
 私たち 人間 しばしば 使う 〜ために コントロールする 他人

O             great military
              大きな軍隊
Some countries use   and
           →  economic force
一部の国     使う  経済力
(=〜する国もある)

to stop fights between countries.
〜ために 止める 戦い 〜の間 国

P This method doesn’t solve any problems.
                 →
 この方法 〜ない 解決する いかなる問題  
       (=どんな問題も解決しない 全否定)

Interviewer:
司会者

Q That may be a lesson (that) we can learn ● from gorillas.
                  省略
 そのこと 〜かもしれない 教訓  私たち 〜ありうる 学ぶ 〜から ゴリラ
                         (注) ● 名詞の欠落!


 【読解鉄則】 関係詞(=関係代名詞 or 関係副詞) 
 前の名詞(=先行詞)を 説明する節(=形容詞節)の先頭にくる語
 (注)関係代名詞が導く節内は、名詞の欠落(●)がおこる!


 【読解鉄則】 関係代名詞の目的格の省略
 関係代名詞の目的格(which, whom, that)はよく省略される!
  名詞 + [S(名詞) V ●…](=形容詞節)イメージする!


posted by ついてるレオ at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lesson 4 Gorillas and Humans Part 2

Lesson 4 Gorillas and Humans Part 2

Interviewer:
司会者

@ I didn’t know (that)    →レポート文
        →   省略 
私 知らなかった


 【読解鉄則】 レポート文 
 筆者の思考、発言の内容をthat節・wh節・if節(=名詞節)などで表現する文!
 (参考)「節」とは大きな文の一部として使われる「文」のこと。
 


gorillas use eye contact
ゴリラ 使う 目を合わすこと 

to keep good relationships.
〜ために 保つ よい関係

A I always thought (that)    →レポート文
          →  省略 
 私 いつも 思った  

they were aggressive animals.
彼ら     攻撃的な動物  
(=gorillas)

B I get scared
 私 なる 怖がって 

when they beat their chests.
〜とき 彼ら たたく  胸  
   (=gorillas)

gorilla chest beating.jpg

Prof. Yamagiwa:
教授   山際

B That gesture is called “chest beating.”
      S´              → P´     
 その行為    呼ばれている 「chest beating」  


 【読解鉄則】 SVOCの受動態
 第5文型 SVOは、O(目的語)とC(補語)に必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!

 S call O C [名詞]  「SはOをと呼ぶ」  【能動態】
   → S´→ P´
 S be called C [名詞] 「Sはと呼ばれる」 【受動態】
 S´      → P´
 (注)受動態は能動態の文のO(目的語)をS(主語)にした文!



C When we see it,
M(文頭副詞) 
〜とき 私たち 見る それ
          (=“chest beating”)

we usually think (that)    →レポート文
        →  省略
私たち たいてい 思う

they are very violent.        
彼ら  とても 乱暴な  
(=gorillas)


D However,
M(文頭副詞)
しかしながら  

it doesn’t always mean (that)    →レポート文
             →  省略
それ 〜ない いつも 意味する 
 (=必ずしも意味しない[部分否定])

they are angry.
彼ら  怒っている
(=gorillas)

Interviewer:
司会者

E Why do they beat their chests ■?
 なぜ    彼ら たたく      胸
      (=gorillas)
                (注)■ もともと副詞があった場所!


 【読解鉄則】 配置転換ルール 【疑問文】
 話者の「感情・意図」がある



Prof. Yamagiwa:
教授   山際

F They beat their chests
      →
 彼ら たたく    胸 
 (=gorillas)

             catch other’s attention,
             つかまえる 他のもの 注意
              (=他のものの注意を引く)

             show excitement,
             示す  興奮

when they want to   or           .

             give warnings
〜とき 彼ら 
  〜したいと思う  与える 警告
  (=gorillas)


 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています



G When young gorillas are playing,
M(文頭副詞)
〜とき  幼いゴリラ   遊んでいる

they often beat their chests in turns.
      →
彼ら しばしば たたく  胸  順番に
(=young gorillas)

H Human children shout at each other
 人間の子ども   大声を出す  お互い

when they play.
〜とき 彼ら 遊ぶ 
  (=human children)


I These two behaviors are similar.
 これらの2つの振る舞い   似ている

J Gorillas also beat their chests
            →
 ゴリラ  〜も  たたく    胸  


 【読解鉄則】 追加表現 also「〜も」
 「何(誰)にたいして〜も」なのか? を押さえる!
 


when two group of gorillas are approaching each other.
〜とき 2つのグループ ゴリラ  近づいている   お互い

K When the two groups meet,
M(文頭副詞)
 〜とき 2つのグループ 会う  

trouble can happen.
トラブル 〜ありうる 起こる  

L Each group warns the other (group) about coming closer.
           →         省略
 各自のグループ 警告する  もう一方(のグループ) 〜について 来る 近くに

 
 【読解鉄則】 省略
 省略は、一度出てきた語(句)の反復を避けるために起こる!
 省略が起こっている英文は、必ず省略語(句)を補って理解すること!
 


posted by ついてるレオ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lesson 4 Gorillas and Humans Part 1

LANDMARK English Communication T
Lesson 4 Gorillas and Humans
      ゴリラと人間

Part 1

Interviewer:
司会者 

@ Today,
M(文頭副詞)
 今日

we have an interviewer with Professor Yamagiwa of Kyoto University,
   →
私たち もつ インタビュアー   教授 山際   京都大学

Professor Yanagiwa.jpg

an expert on gorillas.
   同格
 専門家 〜に関する ゴリラ


 【読解鉄則】 同格 
 名詞(相当語句)に、他の名詞(相当語句)を並べて説明するとき、
 この2つの名詞は互いに同格(Apposition)の関係であるといいます!
 名詞, 名詞  (注) 間に,(コンマ)を入れることが多い!
 (注)後ろは『説明』!



A Professor Yamagiwa,
   教授    山際

thank you very much for your time.
 →
感謝します あなた とても  あなたの時間
(=お時間を割いていただきありがとうございます)

Professor Yamagiwa:
教授     山際

B My pleasure.
 こちらこそ

Interviewer:
司会者

C I heard (that)    →レポート文
    →  省略
 私 聞いた 


 【読解鉄則】 レポート文 
 筆者の思考、発言の内容をthat節・wh節・if節(=名詞節)などで表現する文!
 (参考)「節」とは大きな文の一部として使われる「文」のこと。
 


you spent many years with gorillas in Africa.
あなた 過ごした 多くの年 〜と ゴリラ アフリカ 

gorilla.jpg

D Could you tell us about your interest in them?
         →
〜していただけますか 
     あなた 話す 私たち 〜について
 あなたの興味 彼ら
                             (=gorillas)


 【読解鉄則】 代名詞・指示語
 代名詞(it, they, them, one(s),など)は「何を受ける」!
 指示語(this, these, that, those, both, such など)は「何を指す」! 
 必ず文中の英語でチェックする!



Professor Yamagiwa:
教授    山際 

D Well,
M(文頭副詞)
 ええと、 
             big bodies
             大きなからだ
although they have   and    ,
             scary faces
M(文頭副詞)
〜けれども 彼ら もつ  恐ろしい顔  
    (=gorillas)


gorillas are similar to humans.
ゴリラ    似ている    人間 

E For example,
M(文頭副詞)
 たとえば 

just as people do,
M(文頭副詞)
ちょうど 〜のように 人々 する  

they usually make eye contact with each other.
彼ら たいてい する  を合わすこと  お互い
(=gorillas) 

gorilla eye contact.jpg

F They do this
      →     
 彼ら  する このこと
(=gorillas) (=前文の内容)

when they greet each other
〜とき 彼ら あいさつをする お互い
  (=gorillas)

    or                  .

when they want to invite others to play
                  S´  → P´ 
〜とき 彼ら 〜したいと思う 勧誘する 他のもの 遊ぶ
  (=gorillas)


 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています


 【読解鉄則】SVO to V [行動促進型]
 第5文型 SVO to V は、O(目的語)と to V に必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 S invite O to V 「SはOに〜するように勧誘する」
    →  S´→ P



G They seem to keep good relationships
彼ら 思われる   保つ  よい関係 
 (=gorillas)

through face to face communication
〜を通して 面と向かってのコミュニケーション  

instead of body contact.
〜の代わりに  からだの触れ合い 

H Such a communication style is an important base
 そのようなコミュニケーションスタイル    重要な基礎 

in human conversation, too.
 人間のコミュニケーション 〜も


 【読解鉄則】 追加表現 ,too「〜も」
 「何(誰)にたいして〜も」なのか? を押さえる!
 


I I think (that)    →レポート文
    →  省略
 私 思う 

human languages developed from this style of communication.
 人間の言語   発達した 〜から このスタイル コミュニケーション

Interviewer:
司会者

J Very interesting.
 とても 興味深い

posted by ついてるレオ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

Lesson 4 Chanel's Style Part 4

Lesson 4 Chanel's Style Part 4

【1】
@ When World War II broke out in 1939,
 M(文頭副詞)
 〜とき 第二次世界大戦 起こった 1939年 

      suddenly closed most of her shops
             →
      突然   閉めて  大部分  店 
Chanel    and                  .
      retired
シャネル 引退した

 
 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています



A Some people say
          →
 一部の人々 言う
 (=〜と言う人もいる)

she got tired of the fashion industry at that time.
彼女 なった 飽きる  ファッション界  当時  
(=Chanel) 

B However,
 M(文頭副詞)
 しかしながら 

in 1954, at the age of 70,
M(文頭副詞)
  1954年   70歳

she made a dramatic comeback to the fashion world.
    →
彼女 した  劇的なカムバック  〜へ ファッション界  
(=Chanel)

C Although her style was criticized
 M(文頭副詞)
〜けれども 彼女のスタイル  批判された  
 
as being out of date in Europe,
   時代遅れの    ヨーロッパ  

her jersey suit was a big hit in America.
彼女のジャージースーツ だった 大ヒット アメリカ

D The suit, 
   スーツ  

  named the“Chanel suit,”
  挿入
  名づけられた「シャネル・スーツ」 


 【読解鉄則】 , 挿入 ,  (コンマによる挿入)
 用法は、接続副詞挿入句・節を入れる!



was extremely popular among working women.
だった 非常に 人気のある 〜の間 働く女性

Chanel suits.jpg

E Chanel said,
       →
 シャネル 言った

 “I am a logical person,
 「私 論理的な人 

  so だから 

 I produce only practical dresses.
 私 作り出す 〜だけ 実用的な服 

F Many Americans are realistic people,
  多くのアメリカ人    現実的な人々

  so だから 

 they accepted my dresses.”
 彼ら 受け入れた 私の服」
 (=many Americans)


G She had been an innovator throughout her life
 彼女   だった  革新者   〜間ずっと   人生
(=Chanel)               (=一生を通じて)


 【読解鉄則】 S had Vp.p.(=動詞の過去分詞)  
 【過去完了形】のイメージ
 「(過去の前の動作、状態が) 過去に迫る!」
 「Sは〜してしまった・〜していた」 
 (注)Vp.p.(過去分詞)には、「過去」の意味はない!
 
 (参考) Vp.p.=『受身・完了分詞』


  and                               .

 her innovations affected the lifestyles of many people
             →
 彼女の新しく取り入れたもの 影響を与えた ライフスタイル 多くの人々

【2】
@ Chanel had a strong enthusiasm
       →
 シャネル もった    強い情熱  

           what she needed ●,
           もの 彼女 必要とする
           what she wanted ●,
           もの 彼女 欲する
 for producing   and       .
           what she liked ●
 〜に対して 生み出す もの 彼女 好む
                  (注) ● 名詞の欠落!


 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています



A That was the power that ● pushed her work forward.
 そのこと     力        押す 彼女の仕事 前方へ
 (=前文の内容)        (注) ● 名詞の欠落!

B The products (that) she created ●
            省略
     製品       彼女 生み出した
               (=Chanel)  (注) ● 名詞の欠落!

were embraced by the world
   
受け入れられて 〜によって 世界

  and                .

ultimately changed the world
         →
 最終的に  変えた   世界

posted by ついてるレオ at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lesson 4 Chanel's Style Part 3

Lesson 4 Chanel's Style Part 3

【1】
@ Chanel laid the foundation for modern fashion items
        →
  シャネル 築いた  基礎 〜に対する 現代のファッション品 

that ● are now common.
        今 普通の
  (注) ● 名詞の欠落!

A For example,
 M(文頭副詞)
 たとえば

she popularized “the pants look” for women.
      →
彼女 普及させた 「パンツルック」 〜に対して 女性

B In those days,
 M(文頭副詞) 当時

women were riding horses
 女性  乗っていた  馬  

wearing a skirt
身につけながら スカート 


 【読解鉄則】 extra information(=追加、補足情報) 
 SV…, Ving…(付帯状況の分詞構文) 
 文が終わる ⇒ Ving…「〜して、〜しながら」 
 (注) SV…(主文)の追加及び補足説明をあらわす!  
     VingのS´(意味上の主語)は、必ず主文のSと一致する!



 with both their legs on one side.
           O  → P´
     両方 足    〜の上に 片側

 
 【読解鉄則】 with+ P´ 
 付帯状況 「Oを〜(の状態)にして」
 O(前置詞の目的語)→ P´ に必ず
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!



C However,
M(文頭副詞) 
しかしながら

           wore pants
            →
           身につけて パンツ
Chanel herself  and          .
    同格・強調 rode horses like a man
           →
シャネル 自身  乗った 馬 〜のように 男性 

D This style of hers created a demand for women’s pants.
                →
 このスタイル 彼女 生み出した 需要 〜に対する 女性のパンツ

E Chanel said,
       →
 シャネル 言った

“I produced sportswear
 私 作り出した スポーツウエア

 not because other girls played sports,
 〜ない なぜなら 他の女性 する スポーツ

 but                  .

because I myself played sports
       同格・強調
なぜなら 私 自身 する スポーツ  

F Out of necessity,
M(文頭副詞)
 必要に迫られて

I produced it for myself.”
    →
私 作り出した それ 〜ために 自分自身
     (=sportswear)

Pants look.jpg

【2】
@ Chanel also changed the image of the color black.
            →          同格             
 シャネル 〜も 変えた  イメージ   色  黒


 【読解鉄則】 追加表現 also「〜も」
 「何(誰)にたいして〜も」なのか? を押さえる!
 


A Black had been used for mourning dresses
  黒色  使われていた 〜のために 喪の服(=喪服)  


 【読解鉄則】 S had been Vp.p.(=動詞の過去分詞)
 【過去完了形(受動態)】のイメージ
 「(過去の前の動作が)過去に迫る」!

 S had been Vp.p.…「Sは〜(ずっと)されていた」
       = 後ろは『説明』   
 (参考)Vp.p. =「受身」動作を受ける!
 (注)Vp.p.(過去分詞)には、「過去」の意味はない!
 
 (参考)Vp.p.=『受身・完了分詞』


until she produced “the little black dress” in 1926.
        →
〜まで 彼女 作り出した 「the little black dress」 1926年
   (=Chanel) 

 
 【読解鉄則】 S1V1… until S2V2…
  S2V2… まで S1V1… △(×)
  S1V1  そして  S2V2   ○
 
  (参考)速読速解のコツは「左→右」に カタマリで読むこと!
      英語の語順で戻らずに読みましょう!



The little black dress.jpg


B The dress won high praise in a famous fashion magazine
         →
   その服  得た 高い評価    有名なファッション雑誌

  and                            .

 black became a popular color for dresses
 黒色  なった  人気のある色  〜に対して 服

C Chanel said,
       →
 シャネル  言った

     women
     女性
“Most  and  have no sense of color.
     men
「大部分の 男性 ある 少しの〜もない 感覚 色」
       (=色の感覚を全くもっていない)  

D They should ask for suggestions.
  彼ら 〜するべきである 求める  提案  

E Black is the best color of all.
  黒色    最もよい色 〜の中で すべて

F           actresses,
             女優
            high society ladies,
             上流社会の婦人
Many people, like   and
            maids,
多くの人々 〜のような  メイド

  A『抽象』     B『具体』


 【読解鉄則】
 A , like B 
 A(核心的な内容)⇒ like(具体的な説明)
 ※比喩表現「直喩」!
 『抽象』から『具体』の流れをつかもう!



wore the dresses (that) I produced ●.”
 →          省略
身につけた  服    私 作り出した
                 (注) ● 名詞の欠落!
                     
【3】
@ Moreover,
M(文頭副詞) そのうえ


 【読解鉄則】 追加表現 Moreover, 「そのうえ」
 「何(誰)にたいして〜そのうえ」なのか? を押さえる!



Chanel was the first to design women’s shoulder bags.
シャネル だった 最初 デザインした 女性のショルダーバッグ

A She found it frustrating to hold a bag
      → 仮O       真O
         S´→ P´
 彼女 わかった 苛立たしい もつ  カバン 
 (=Chanel) 


 【読解鉄則】 end weight
 長い目的語[O]は、it [仮O=仮目的語(形式目的語)] に置き換えて、
 文の後に置く[真O=真の目的語]!
 

 【読解鉄則】 SVOC
 第5文型 SVO は、O(目的語)と に必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 S find O C [形容詞]「SはOがCだとわかる」
   → S´→ P´



because she couldn’t use both of her hands.
なぜなら 彼女 〜できなかった 使う 両方  手
    (=Chanel)

B Therefore,
M(文頭副詞) だから

she attached leather straps to her bags
      →
彼女 取り付けた 革製のひも 〜に 自分のカバン  
(=Chanel)

so that she could throw them over her shoulder.
〜ために 自分 〜できる 投げる それら 〜の上に  肩
               (=leather straps)


posted by ついてるレオ at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lesson 4 Chanel's Style Part 2

Lesson 4 Chanel's Style Part 2 

【1】
@ At the end of the 19th century,
M(文頭副詞)  末     19世紀

upper class women in Europe wore large wire-framed skirts
                     →
上流階級の女性 ヨーロッパ 身につけていた 大きな針金で囲まれたスカート

with their waists laced with corsets.
        O    → P´
      腰  紐で縛られる 〜で コルセット


 【読解鉄則】 with+ P´ 
 付帯状況分詞構文
 @ with O + Ving…「〜して、〜しながら」
 A with O + Vp.p.…「〜されて」

 O(前置詞の目的語)→ P´ に必ず
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 ※ この英文はAのパターン!



A They were also putting large decorated hats on their heads.
 彼女たち 〜も かぶっていた 大きな装飾された帽子    頭
(=upper class women)  


 【読解鉄則】 追加表現 also「〜も」
 「何(誰)にたいして〜も」なのか? を押さえる!
 


B“I don’t want to put myself  
 「私 〜ない 〜したいと思う 着せる 自分自身 
    (=着たいと思わない)

 in the same group as those ladies,”
  同じグループ そのような婦人」

exclaimed Chanel.
  →
声をあげた シャネル

C She began to design small hats
      →
 彼女 始めた 設計する 小さな帽子 

  and

 in 1908,
 M(文頭副詞) 1908年  

 she opened a hat boutique in Paris.
      →
 彼女 開いた 帽子の小規模専門店 パリ   

D Later,
 M(文頭副詞)
 その後

Chanel designed comfortable dresses
      →
シャネル 設計した 着心地のよい服

       liked ●
       好きな
          (注) ● 名詞の欠落!
that she  and        .
       wanted to wear ●
   彼女 〜したいと思う 身につけている
               (注) ● 名詞の欠落!


 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています



E Of course,
 M(文頭副詞) もちろん 

they needed no corsets.
     →
それら 必要とした ひとつの〜もない コルセット
  (=コルセットをまったく必要としなかった)
(=comfortable dresses)

【2】
@ World War T broke out in 1914
  第一次世界大戦 起こった 1914年

  and

             the rich
             金持ちの人
 the lives of both  and     in Paris inevitably changed.
             the poor
   生活   両方  貧しい人  パリ 必然的に 変わった

A As the men went to the battlefields,
 M(文頭副詞)
  〜ので 男性 行く 〜へ 戦場  

the women were left to do everything in place of the men.
   S´              → P´ 
 女性  任された  する すべてのこと  〜の代わりに 男性


 【読解鉄則】SVO to V [行動促進型] の受動態
 第5文型 SVO to V は、O(目的語)と to V に必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!

 S leave O to V 「SはOが〜することを任す」 【能動態】
    → S´→ P´
 S be left to V 「Sは〜することを任される」 【受動態】
 S´     → P´
 (注)受動態は能動態の文のO(目的語)をS(主語)にした文!



B
               simple
               簡単な 
These women needed  and      clothes
           →  functional
これらの女性 必要だった 機能的な 服  

                   move
                   動く
that ● would allow them to and  with ease.
                   work
              S´   → P´
   〜だろう 許す 彼女たち  働く  簡単に
          (=these women)


 【読解鉄則】SVO to V [行動促進型]
 第5文型 SVO to V は、O(目的語)と to V に必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 S allow O to V 「SはOが〜することを許す」
   → S´→ P



C            met their needs
             →
             満たした 必要 
Chanel’s dresses  and            .
             gained popularity in Paris
               →
シャネルの服    得た   人気     パリ

【3】
@ Due to the war,
 M(文頭副詞) 
 〜のせいで
 戦争

 materials for dresses became scarce.
  材料 〜のための 服 なった  不足で 

A Chanel’s attention turned to jersey,
  シャネルの注目   向かった 〜へ ジャージー

 a material that ● had previously been used only for men’s underwear.
   同格 
  生地          以前は 使われていた 〜だけ 〜に対して 男性の下着
           (注) ● 名詞の欠落!


 【読解鉄則】 S had been Vp.p.(=動詞の過去分詞)
 【過去完了形(受動態)】のイメージ
 「(過去の前の動作が)過去に迫る」!

 S had been Vp.p.…「Sは〜(ずっと)されていた」
       = 後ろは『説明』   
 (参考)Vp.p. =「受身」動作を受ける!
 (注)Vp.p.(過去分詞)には、「過去」の意味はない!
 
 (参考)Vp.p.=『受身・完了分詞』


B She began producing flexible dresses made from jersey in 1916.
      →
 彼女 始めた  作り出す  柔軟性のある服  作られた 〜から ジャージー 1916年
(=Chanel)


C Many ladies rushed to Chanel’s shop
  多くの女性  突進した 〜へ シャネルの店  

to buy these comfortable dresses.
〜ために 買う これらの着心地のよい服


 【読解鉄則】 to V(=to 不定詞) 
 to V(to 不定詞)のイメージ:「(これから)〜すること」
 to は「→」(=矢印『指し示す』)
 
 この英文では、
 Many ladies rushed to Chanel’s shop → bought these comfortable dresses
 この流れで理解すればOK!
 (注) 速読速解のコツは「左→右」カタマリで読むことです! 



D      “simple,”
       「簡単な」
       “comfortable,”
       「着心地のよい」
Chanel’s   and      style had a strong influence
       “useful”          →
シャネルの 「便利な」  スタイル  与えた 強い影響         

on modern fashion.
 現代のファッション

Channel wearing a jersey dress.jpg


posted by ついてるレオ at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lesson 4 Chanel's Style Part 1

LANDMARK English Communication U
Lesson 4 Chanel's Style
      シャネルのスタイル 

Part 1

【1】
@ Once every so many years,
M(文頭副詞)
 一度 毎に 多くの年月  

a powerful innovator appears in the world.
  力強い革新者   現れる   世界  

A One recent example is Steve Jobs,
  ひとつの最近の例   スティーブ・ジョブズ

Steve Jobs.jpg

an American leader in the IT industry.
         同格
  アメリカ人の先導者    IT産業 


 【読解鉄則】 同格 
 名詞(相当語句)に、他の名詞(相当語句)を並べて説明するとき、
 この2つの名詞は互いに同格(Apposition)の関係であるといいます!
 名詞, 名詞  (注) 間に,(コンマ)を入れることが多い!
 (注)後ろは『説明』!



B He kept introducing many innovative products
 彼 〜し続けた  導入する   多くの革新的な製品
(=Steve Jobs)
                    A『抽象』 

      portable audio players,
      携帯オーディオプレイヤー
      smartphones,
      スマートフォン
such as   and     .
      tablet PCs
〜のような タブレット型パソコン

       B『具体』


 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています


 【読解鉄則】
 A such as B 
 A(核心的な内容)⇒ such as(具体的な説明) 
 『抽象』から『具体』の流れをつかもう!



C          became widely used around the world
           なった 幅広く 使われた 〜の周り 世界
                         (=世界中)
These products  and

           changed the way (that) we live today ■.
             →         省略
これらの製品  変えた  方法   私たち 住む 今日
                            (注)■ 副詞の欠落! 


 【読解鉄則】 関係詞(=関係代名詞 or 関係副詞) 
 前の名詞(=先行詞)を 説明する節(=形容詞節)の先頭にくる語
 (注)関係副詞が導く節内は、副詞の欠落(■)がおこる!
                              

 【読解鉄則】 関係副詞の省略
 関係副詞(where, when, why, that)は省略されることがある!
  名詞 + [SV…■](=形容詞節)イメージする!
  


D At a Stanford University graduation ceremony,
 M(文頭副詞)
    スタンフォード大学 卒業式

Steve Jobs' 2005 Stanford Commencement Address.jpg

Jobs offered the secret of his success by saying:
     →
ジョブズ 提供した 秘密  成功 〜によって 言う

 “I’m convinced that
 「私 確信している  

 the only thing that ● kept me going was that →レポート文
                    S´→ P´
  唯一のこと     続けた 私 進む
            (注) ● 名詞の欠落!  


 【読解鉄則】 関係詞(=関係代名詞 or 関係副詞) 
 前の名詞(=先行詞)を 説明する節(=形容詞節)の先頭にくる語
 (注)関係代名詞が導く節内は、名詞の欠落(●)がおこる!



 I loved what I did ●.
 私 愛した こと 私 した  
            (注) ● 名詞の欠落!

 You’ve got to find what you love ●.”
 あなた 〜しなければならない 見つけること 
            こと あなた 愛する
            (=あなたが大好きなこと)
                    (注) ● 名詞の欠落!


[関連記事]

【ブログ】ついてるレオさん”Happy English School”
スティーブ・ジョブズ 伝説のスピーチ(1) ( 5 14 2014)
スティーブ・ジョブズ 伝説のスピーチ(2) ( 5 14 2014)
スティーブ・ジョブズ 伝説のスピーチ(3)最終回 ( 5 14 2014)

原文&動画はこちら Stanford Report, June 14, 2005
Steve Jobs' 2005 Stanford Commencement Address


【2】
@ Not so long ago,  
M(文頭副詞) 
 少し前 

there was another innovator who ● had a big impact on the world.
M(誘導副詞)
    いた もうひとりの 革新者  与えた 大きな影響   世界
                    (注) ● 名詞の欠落!

 
 【読解鉄則】 関係詞(=関係代名詞 or 関係副詞) 
 前の名詞(=先行詞)を 説明する節(=形容詞節)の先頭にくる語
 (注)関係代名詞が導く節内は、名詞の欠落(●)がおこる!


 【読解鉄則】 「同じ・もうひとつ(ひとり)・別の」
 the same, another, other, others など
 「何と同じ・何(誰)にたいしてもうひとつ(ひとり)・何と別」なのか? を押さえる!



A She was in the fashion industry.
  彼女 いた   ファッション界  

B Like Steve Jobs,
M(文頭副詞)
〜のように スティーブ・ジョブズ

she achieved great success
    →
彼女  達成した  大きな成功 

by producing what she liked ●.
〜によって 作り出す こと 自分 好きな
         (注) ● 名詞の欠落!

C Her name was Gabrielle“Coco”Chanel.
  彼女の名前  ガブリエリ・ココ・シャネル

Gabrielle“Coco”Chanel.jpg

D        met the needs of her era,
          →
         満たす  必要   時代 
 
Her products   and

         drastically changed women’s fashion.
                  →
彼女の製品   大いに  変えた 女性のファッション


 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています



E She once said,
          →
 彼女 かつて 言った
(=Gabrielle“Coco”Chanel)

“I just wear the dresses (that) I want to wear ●.
                 省略
「私 ただ 身につけている 服 私 〜したいと思う 身につけている
                           (注) ● 名詞の欠落!  


 【読解鉄則】 関係詞(=関係代名詞 or 関係副詞) 
 前の名詞(=先行詞)を 説明する節(=形容詞節)の先頭にくる語
 (注)関係代名詞が導く節内は、名詞の欠落(●)がおこる!
  

 【読解鉄則】 関係代名詞の目的格の省略
 関係代名詞の目的格(which, whom, that)はよく省略される!
  名詞 + [S(名詞) V ●…](=形容詞節)イメージする!



F I always produce dresses (that) I want to wear ●.”
                   省略
 私 いつも 作り出す  服  私 〜したいと思う 身につけている
                           (注) ● 名詞の欠落!


posted by ついてるレオ at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

Lesson 4 Bilingual Effects in the Brain (3)

Lesson 4 Bilingual Effects in the Brain (3)

【5】
@ Researchers from the Center for Health Studies in Luxembourg
   研究者 〜から 「the Center for Health Studies」 ルクセンブルク 

reported in 2011 that  →レポート文
  →
報告した  2011年   

speaking more than one language may also help memory.
 話すこと   以上 1つの言語 〜かもしれない 〜も 役立つ 記憶
       (=2つ以上の言語)
 (注)more than A =英語ではAの数字は含まない!


 【読解鉄則】 追加表現 also「〜も」
 「何(誰)にたいして〜も」なのか? を押さえる!



A   studied older people who ● spoke several languages
     →
    研究して     老人       話す   数カ国語  
                    (注) ● 名詞の欠落!
They   and

    concluded that   →レポート文
       →
彼ら  結論を下した
(=Researchers from the Center for Health Studies)

the more languages someone could speak,
〜すればするほど より多くの言語 人 〜できる 話す

the better off they were.
 より状態がよい 彼ら
       (=someone)


 【読解鉄則】 The+比較級 S1V1, the+比較級 S2V2
  S1がV1すればするほど↑、
  (それだけ)S2はV2する↑



B People who ● spoke three languages
   人々     話した  3カ国語   
         (注) ● 名詞の欠落!

were three times less likely to have cognitive problems
だった 3倍 より少なく 〜しそうである もつ 認知問題 
(=認知問題をもつ可能性が3倍少なかった)


(being) compared with bilingual people.
 省略 比べられて 〜と 二カ国語を話す人々
                  


 【読解鉄則】 extra information(=追加、補足情報) 
 SV…, Ving…(付帯状況の分詞構文) 
 文が終わる ⇒ Ving…「〜して、〜しながら」 
 (注) SV…(主文)の追加及び補足説明をあらわす!  
     VingのS´(意味上の主語)は、必ず主文のSと一致する!


 【読解鉄則】  Being (or Having been)の省略  
 分詞構文 M(文頭副詞)  
 文頭の Being (or Having been)は、よく省略される!

 【読解鉄則】 比較構文 読解のポイント
 1 比較対象 比較対象は?    Aと 
 2 比較基準 何を基準にして?
 3 比較結果 その結果は?    A> or A<
 
 比較構文は『共通点・類似点』を押さえる!(原則)
 (参考)対比表現は『差異』を押さえる!


 【読解鉄則】 比較構文
 比較対象(Aと)つまり
 誰(何)と誰(何)を比べているのか?
 A:people who spoke three languages
 B:bilingual people 
  (注) 比較構文は『共通点・類似点』を押さえる!(原則)
 (参考)対比表現は『差異』を押さえる!

 (参考)比較対象 Aとは『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!



【6】
@ Other new research suggests that  →レポート文
                →
   別の新しい研究   示唆している


 【読解鉄則】 「同じ・もうひとつ(ひとり)・別の
 the same, another, other など
 「何と同じ・何(誰)にたいしてもうひとつ(ひとり)・何と別なのか? を押さえる!



babies have little trouble developing bilingual skills.
 赤ん坊 もつ ほとんど〜ない 困難  発達させる 二カ国語を話す技能
    (=ほとんど困難はない)  

A Researchers at the University of British Columbia
  研究者         大学    ブリティッシュコロンビア 

studied babies raised in bilingual families.
  →
研究した 赤ん坊   育てられた  二カ国語を話す家族  

B They found that  →レポート文
       →
 彼ら  気づいた
(=researchers at the University of British Columbia)

from birth,
〜から 誕生時

these babies
これらの赤ん坊
(=the babies raised in bilingual families)

show a preference for
 V1
示す  好み  〜に対して   

   each of the native languages (that) they heard ●
                       省略
   各自      母国語          彼ら  聞く
                        (=these babies)
                                 (注) ● 名詞の欠落!

   while (they are) still in the womb,     
         省略
    〜の間    まだ   子宮
   (=まだ母親の胎内にいる間)        


   【読解鉄則】 副詞節中の S+beの省略
   必ず、主節のSと一致する!
   省略が起こっている英文は、省略語句を補って理解する!



 and                     .

can distinguish between them
     V2
〜できる 区別する 〜の間 それら
         (=the native languages)        
            

 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています


 【読解鉄則】 代名詞・指示語
 代名詞(it, they, them, one(s),など)は「何を受ける」!
 指示語(this, these, that, those, both, such など)は「何を指す」! 
 必ず文中の英語でチェックする!


 【読解鉄則】 this[these] + 名詞 / that[those] + 名詞 / such + 名詞
 必ず名詞に対応する表現を前から探す!



posted by ついてるレオ at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする