2017年04月17日

Lesson 3 Saint Bernard Dogs Part 4

Lesson 3 Saint Bernard Dogs Part 4

【1】
@ Having read this shocking announcement,
M(文頭副詞) 
 読んで    この衝撃的な発表   

the Swiss people stood up
   スイス人   立ち上がった

to help the dogs out of this difficult situation.
〜ために 助ける  犬  〜から  この困難な状況


【読解鉄則】 to V(=to 不定詞) 
 to V(to 不定詞)のイメージ:「(これから)〜すること」
 to は「→」(=矢印『指し示す』)
 
 この英文では、the Swiss people stood up → helped the dogs…
 この流れで理解すればOK!
 (注) 速読速解のコツは「左→右」カタマリで読むことです!
 


A They thought it their duty  that
       →  S´    → P´
          仮O         真O 
彼ら   考えた  自分たちの義務
(=the Swiss people) 


 【読解鉄則】 SVOC
 第5文型 SVOは、O(目的語)とC(補語)に必ず
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 

 【読解鉄則】 end weight
 長い目的語[O]は、it [仮O=仮目的語(形式目的語)] に置き換えて、
 文の後に置く[真O=真の目的語]!
 


they should preserve the history of the Saint Bernard rescue dogs.
自分たち 〜するべきである
        保存する    歴史    セントバーナード救助犬
(=the Swiss people) 


B They worked together
 彼ら 働いた  一緒に  
(=the Swiss people) 


to set up a group called the Barry Foundation,
〜ために 設立する グループ  呼ばれている バリー財団 

named after the legendary rescue dog.
名づけられて にちなんで  伝説の救助犬


 【読解鉄則】 to V(=to 不定詞) 
 to V(to 不定詞)のイメージ:「(これから)〜すること」
 to は「→」(=矢印『指し示す』)
 
 この英文では、They worked together → set up a group…
 この流れで理解すればOK!
 (注) 速読速解のコツは「左→右」カタマリで読むことです!



C The foundation purchased the eighteen dogs from the hospice.
              →
   その財団    購入した   10匹の犬   〜から  修道院

D It is now taking care of them at kennels
 それ   今 世話をしている   彼ら  飼育場  
 (=the foundation)     (=the eighteen dogs)

in the town of Martigny,
          同格 
    町   マルティーニ  

a western Swiss town at the foot of the Alps.
 西部の スイスの町 〜の麓の アルプス   

E Only during a four-month period in the summer
  M(文頭副詞)
  〜だけ 〜の間   4カ月の期間    夏 

do they come back to the hospice
 v  S  V
彼ら 来る 戻って 〜へ 修道院 
 (=the eighteen dogs)


 【読解鉄則】 配置転換ルール 【倒置文】
 話者の「感情・意図」がある
 


in order to attract many summer visitors.
〜ために  魅惑する 多くの夏の訪問者  

F Thanks to a large donation from a banker in Geneva,
M(文頭副詞)
 〜のおかげで 多額の寄付 〜から 銀行家 ジュネーブ

the Saint Bernard Museum was built in Martigny.
 セントバーナード博物館  建てられた マルティーニ

Saint Bernard Museum.jpg

【2】
@ It is no wonder that
 仮S          真S
    少しの〜もない 不思議
   (=まったく不思議ではない)


 【読解鉄則】 end weight
 長い主語[S]は、it [仮S=仮主語(形式主語)] に置き換えて、
 文の後に置く[真S=真の主語]!
 


                   loved
                   愛されて
the Saint Bernard is deeply  and
                   appreciated
 セントバーナード  深く   感謝されている  

by the Swiss people.
〜によって スイス人 

Saint Bernard dogs.jpg

A This is
 このこと  
 (=前文の内容)


                lovely
                愛らしい
not simply because it is   and   ,
                friendly
〜だけでなく なぜなら それ  人懐っこい
         (=Saint Bernard)

 but
                       long
                       長い
because the Swiss people have a  and   relationship
                       deep
なぜなら    スイス人  もつ    深い  関係

      with the dog.
      〜と  その犬


B This is the very reason
          強調
 このこと    まさに理由
 (=前文の内容)


why it is the national dog of Switzerland ■.
  それ  国を象徴する犬   スイス
 (=Saint Bernard)              (注)■ 副詞の欠落! 


 【読解鉄則】 関係詞(=関係代名詞 or 関係副詞) 
 前の名詞(=先行詞)を 説明する節(=形容詞節)の先頭にくる語
 (注)関係副詞が導く節内は、副詞の欠落(■)がおこる!



 [関連記事]

 【ブログ】ついてるレオさん"ハッピー日記"鉛筆.gif
 最強の英単語&熟語集! (10 18 2014)
 

 【初級編】 英語上達のヒント!
 
 英語上達のヒント! (1) ( 6 5 2014)
 英語上達のヒント! (2) ハインリッヒ・シュリーマンのお話 ( 6 6 2014)
 英語上達のヒント! (3) ( 6 7 2014)
 英語上達のヒント! (4) 「内在化」のお話 ( 6 10 2014)
 英語上達のヒント! (5) 「知的記憶」と「運動記憶」のお話  ( 6 11 2014)
 英語上達のヒント! (6) 「日本語脳」と「英語脳」のお話   ( 6 12 2014)
 英語上達のヒント! (7) 英語はそのままの英語で理解する ( 6 14 2014)
 英語上達のヒント! (8) 「英語脳」をつくる方法        ( 6 18 2014)
 英語上達のヒント! (9) 「英語脳」をつくる方法 洋書編   ( 6 17 2014)
 英語上達のヒント! (10) 英語発音トレーニング(1)     ( 6 23 2014)
 英語上達のヒント! (11) 英語発音トレーニング(2)     ( 6 24 2014)
 英語上達のヒント! (12) 英語発音トレーニング(3)     ( 6 25 2014)
 英語上達のヒント! (13) 英語発音トレーニング Advanced(1) ( 6 26 2014)
 英語上達のヒント! (14) 英語発音トレーニング Advanced(2) ( 6 28 2014)
 英語上達のヒント! (15) 英語で歌おう! ( 6 30 2014)
 
  
 【中級編】

 英語上達のヒント!(16) 【中級編】 英語で考える 英語で話す(1) (10 8 2015)
 英語上達のヒント!(17) 【中級編】 英語で考える 英語で話す(2) (10 9 2015)
 英語上達のヒント!(18) 【中級編】 英語で考える 英語で話す(3) (10 10 2015)
 英語上達のヒント!(19) 【中級編】 英語で考える 英語で話す(4) (10 14 2015)
 
 速読速解のコツ! 前編 (10 15 2015) 
 速読速解のコツ! 中編 (10 16 2015) 
 速読速解のコツ! 後編 (10 17 2015) 

 いかに速く読んで速く理解できるかえく.gif 

 興味のある方だけお読みください (^.^)

 
posted by ついてるレオ at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lesson 3 Saint Bernard Dogs Part 3

Lesson 3 Saint Bernard Dogs Part 3 

【1】
@ In October 2004,
 M(文頭副詞)
   10月 2004年

many people in Switzerland were shocked
多くの人々    スイス    衝撃を受けた

to read the following news in the local newspaper:
読んで 次に述べるニュース   地元の新聞

   A Saint Bernard Rescue Dogs: For Sale
     セントバーナード 救助犬   売りに出される

B Yesterday,
 M(文頭副詞)
  昨日 

the monks at the Great St. Bernard Hospice (2,469 meters high)
  修道士    サン・ベルナール修道院 (標高 2,469メートル)

announced that   →レポート文
  →
発表した

they would be selling their dogs.
彼ら 〜だろう 売ることになる 自分たちの犬
(=monks)


 【読解鉄則】 レポート文 
 筆者の思考、発言の内容をthat節・wh節・if節(=名詞節)などで表現する文!
 (参考)「節」とは大きな文の一部として使われる「文」のこと。


 【読解鉄則】S will + be Ving(=動詞のing)
  「Sは(きっと)〜することになるだろう」
 助動詞will進行形be Ving(=動詞のing) を組み合わせた表現=「予測」+「動き」
 「このままいったら〜することになるだろう」(=「成り行き上〜する」)という意味を表す。
 <例> I’ll be seeing her tonight. 「今晩、彼女に会うことになるだろう」
 (注)「時制の一致」のために、will は would(過去形)になっています!



C Now that there are only a handful of monks left at the hospice,
M(文頭副詞)
今や〜なので  いる ほんの少数の修道士 残っている 修道院
       (=修道院にはほんの少数の修道士しか残っていないので)

they have found it difficult
        → S´→ P´
        仮O
彼ら   わかった    難しい
(=monks)
 

 【読解鉄則】 SVOC
 第5文型 SVOは、O(目的語)とC(補語)に必ず
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 

 【読解鉄則】 end weight
 長い目的語[O]は、it [仮O=仮目的語(形式目的語)] に置き換えて、
 文の後に置く[真O=真の目的語]!
 


to look after the remaining eighteen dogs.
真O  世話をする   残っている  18匹の犬


D Since the 17th century,
M(文頭副詞)
  〜以来 17世紀

the legendary Saint Bernard dogs have been bred
    伝説のセントバーナード犬    飼育されている


 【読解鉄則】 S+ have (has) been Vp.p.(=動詞の過去分詞)
 【現在完了形(受動態)】のイメージ:
 S have (has) been Vp.p.… 「Sは〜(ずっと)されている」
          = 後ろは『説明』
 「
(過去の動作、状態が) 現在に迫る!」  
 Vp.p. =「受身」動作を受ける!
 (注)Vp.p.(過去分詞)には、「過去」の意味はない!
 
 (参考)Vp.p.=『受身・完了分詞』


                         Switzerland
                         スイス
at the hospice in the Alps between    and     .
                          Italy
   修道院   アルプス  〜の間  イタリア

E They have long been working as rescue dogs
  彼ら   長く 働いてきた 〜として 救助犬 
(=the legendary Saint Bernard dogs)


 【読解鉄則】 S + have(has) been Ving(=動詞のing)  
 【現在完了進行形】のイメージ:
  S have(has) been Ving〜「Sは〜(ずっと)している」
        
           = 後ろは『説明』
 過去の出来事が 現在に迫る & 躍動感」!
 (参考)Ving=「躍動感」=動作の「イキイキ感」をあらわす!



around the Great St. Bernard Pass,
〜の周り  グラン・サン・ベルナール峠   

one of the hardest routes in the European Alps.
同格
ひとつ 最も難しいルート     ヨーロッパアルプス
 

 【読解鉄則】 同格 
 名詞(相当語句)に、他の名詞(相当語句)を並べて説明するとき、
 この2つの名詞は互いに同格(Apposition)の関係であるといいます!
 名詞, 名詞  (注) 間に,(コンマ)を入れることが多い!
 (注)後ろは『説明』!



F Over the past three centuries,
M(文頭副詞)
〜に渡って ここ3世紀
 
the dogs of the hospice have rescued
                   →
  犬      修道院     救ってきた 

             lost
             不明の
more than 2,5000   or  travelers.
             injured
〜以上  2,500 傷ついた  旅行者 

G However,
M(文頭副詞) しかしながら  

in recent years,
M(文頭副詞) 最近

their rescue role has been taken over
彼らの救助の役割   引き継がれている

   helicopters
   ヘリコプター
by  and         .   
   modern technology
〜によって 現代科学技術

H Today,
 M(文頭副詞) 今日 

they have simply become the face of the hospice.
彼ら    単に なった    顔   修道院
(=dogs of the hospice)

I In the near future,
 M(文頭副詞) 近い将来

these dogs are expected to be taken to new owners.
   S´                     → P´ 
これらの犬  予期される 連れていかれる 〜へ 新しい所有者


 【読解鉄則】SVO to V [行動促進型] の受動態
 第5文型 SVO to V は、O(目的語)と to V に必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!

 S expect O to V   「SはOが〜することを予期する」 【能動態】
    →  S´→ P´
 S be expected to V 「Sは〜することを予期される」   【受動態】
 S´       → P´
 (注)受動態は能動態の文のO(目的語)をS(主語)にした文!



posted by ついてるレオ at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lesson 3 Saint Bernard Dogs Part 2

Lesson 3 Saint Bernard Dogs Part 2

【1】
@ Among the dogs of the hospice,
 M(文頭副詞)
 〜の中で    犬  その修道院

one (dog) stands out from the rest.
   省略
一匹(の犬) 際立つ 〜から 残り 

A His name was‘Barry.’
 彼の名前 だった 「バリー」

Saint Bernard Barry.jpg

B He saved 41 lives deep in the snowy Alps.
     →
 彼 救った 41人の命 深く 雪の多いアルプス  
(=Barry) 

C His most famous rescue was that of a young boy.
                    代名詞
  彼の最も有名な救助      もの   若い少年 
                    (=rescue)


 【読解鉄則】 代名詞・指示語
 代名詞(it, they, them, one(s),など)は「何を受ける」!
 指示語(this, these, that, those, both, such など)は「何を指す」! 
 必ず文中の英語でチェックする!



D When he found the boy asleep in a cave,
 M(文頭副詞)
 〜とき 彼 見つけた その少年 眠って  洞窟 
(=Barry) 

  licked the boy’s face to wake him up
   →
  舐めて その少年の顔 〜ために 目覚めさせる 彼
                     (=the boy)
he  and
  carried the boy on his back to the hospice.
   →
彼  運んだ その少年   背中  〜へ  その修道院
(=Barry) 


 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています



E Barry was a very gentle dog,
  バリー だった とても優しい犬 

 so だから

      trusted Barry very much
        →
      信頼して バリー とても
the boy   and
      did not feel any fear
            →
その少年  〜なかった 感じる いかなる恐怖
     (=全く恐怖を感じなかった) 

while he was clinging to his back.
〜の間 彼 しがみついている 〜へ 背中
   (=the boy)

【2】
@ A Swiss animal psychologist once said,
                       →
   スイスの動物心理学者  かつて 言った

Never have we seen such a great dog as Barry.
  M   v  S   V
「一度も 私たち 見たことがない そのようなすばらしい犬 〜のような バリー」


 【読解鉄則】 配置転換ルール 【倒置文】
 話者の「感情・意図」がある
 


A      leave the hospice
         →
        去る 修道院
He used to  and            .
        go out into the snowstorms
彼 以前に〜した 出かける 〜の中へ 雪嵐  来る
(=Barry)


 【読解鉄則】 S used to V(動詞の原形)… 
 「Sは〜したものだった、〜だった」 過去の「動作・状態」をあらわす!
 (注) 必ず「現在」との対比をあらわす!
 (参考) Vは「動作動詞」「状態動詞」どちらもOK!



B Day after day
M(文頭副詞)
 来る日も来る日も

he would search the mountain
       →       
彼 〜したものだった 探す  山 
(=Barry) 

for unfortunate people buried under avalanches.
             
〜を求めて 不運な人々  埋まった 〜の下に 雪崩


 【読解鉄則】 S would V(動詞の原形)… 
 「Sはよく〜したものだった」 過去の習慣をあらわす!
 (注) Vは「動作動詞」のみ!


 【読解鉄則】 分離動詞句 他動詞 A+前置詞+
 S search A<場所> for B<モノ・コト・人> 「SはBを求めてAを探す」
     →   方向 
  Sが力をAに及ぼしてBの方へ向かうイメージ!



C   dug them out
    →
    掘って 彼ら 
       (=unfortunate people) 
He   and                     .
   brought them back to life by himself
彼  連れ戻した 彼ら 〜へ 命  自分で
  (=彼らを生き返らせた)
(=Barry)    (=unfortunate people)

D When he couldn’t (dig them out),
 M(文頭副詞)        省略
〜とき 彼 〜できなかった 
(=Barry) 

he rushed back to the hospice for help.”
彼 急いでもどった 〜へ 修道院 〜を求めて 助け」
(=Barry) 

【3】
@ Barry symbolizes the great reputation of Saint Bernard dogs
         →
 バリー  象徴する  すばらしい評判  セントバーナード犬

in Switzerland.
   スイス

A They are often seen as heroes
  S´                 → P´
 彼ら しばしば 見なされている 〜として 英雄
(=Saint Bernard dogs) 

by the Swiss people.
〜によって スイス人


 【読解鉄則】 SVOCの受動態
 第5文型 SVOは、O(目的語)とC(補語)に必ず
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある! 
 S see A as B  「SはAを とみなす」 【能動態】 
   → S´→ P´
 A be seen as B 「Aはとみなされる」 【受動態】
 S´      → P´
 (注)受動態は能動態の文のO(目的語)をS(主語)にした文!



posted by ついてるレオ at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lesson 3 Saint Bernard Dogs Part 1

LANDMARK English Communication U
Lesson 3 Saint Bernard Dogs 
       セントバーナード犬

Part 1 

【1】
@ Humans
  人間  
  and   have had about 15,000 years of friendship together.
  dogs     →
  犬    もつ およそ 1万5千年  友情      一緒に


 【読解鉄則】 S +have (has) Vp.p.…(=動詞の過去分詞)
 【現在完了形】のイメージ:
 「Sは〜したところ、〜したことがある、ずっと〜である」
 「(過去の動作、状態が) 現在に迫る!」
 (注) Vp.p.(過去分詞)には、「過去」の意味はない!
 (参考) Vp.p.=『受身・完了分詞』
 


A During that time,
M(文頭副詞)
  〜の間 その期間

dogs have played many roles for people,
        →
犬  演じてきた 多くの役割 〜に対して 人々

          A『抽象』

         their pets,
          ペット 
         hunting dogs,
          狩猟犬
         police dogs,
          警察犬
such as being   and       .
         more recently,
           最近
         guide dogs
           盲導犬 
           and
         therapy dogs
 〜のような   セラピー犬

         B『具体』


 【読解鉄則】
 A such as B 
 A(核心的な内容)⇒ such as(具体的な説明) 
 『抽象』から『具体』の流れをつかもう!


 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています



B                       friends
                        →P1´
                        友人
We have considered them our best   or   .
        →               companions
              S´         →P2´
私たち みなしている   彼ら   最もよい仲間
              (=dogs)


 【読解鉄則】 SVOC
 第5文型 SVOは、O(目的語)とC(補語)に必ず
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 S consider O C [名詞]  「SはOをとみなす」
     →  S´→ P´


 【読解鉄則】 代名詞・指示語
 代名詞(it, they, them, one(s) など)は「何を受ける」!
 指示語(this, these, that, those, both, such など)は「何を指す」! 
 必ず文中の英語でチェックする!



C The Swiss people in particular have a strong affection
                      →
   スイス人      特に    もつ  強い愛情

for their giant dog ― the Saint Bernard.
〜に対して 巨大な犬   セントバーナード

A『抽象』          B『具体』
 

 【読解鉄則】 A(ダッシュ)―B 
 A(核心的内容)―B(具体的な内容) 
 『抽象』から『具体』の流れをつかもう!



Saint Bernard.jpg


【2】
@ The name “Saint Bernard” originates  
    名前 「セントバーナード」 起源がある   

from the Great St. Bernard Hospice
〜から    サン・ベルナール修道院 

in the snowy Western Alps.
  雪の多い 西部アルプス  

the Great St. Bernard Hospice.jpg 

A The hospice was built around the year 1050
  その修道院  建てられた およそ 1050年

for travelers crossing the Great St. Bernard Pass
〜のために 旅行者 横切る   グラン・サン・ベルナール峠

      Switzerland
       スイス
between   and    .
       Italy
       イタリア

【3】
@ In the 17th century,
M(文頭副詞) 17世紀

Saint Bernard dogs started to work
              →
セントバーナード犬  始めた   働く  

as rescue dogs for the hospice.
〜として 救助犬 〜のための その修道院

A At first
M(文頭副詞) 最初

the monks used them as watchdogs,
        →
  修道士 使った 彼ら 〜として 番犬 
         (=Saint Bernard dogs) 

but しかし 

they soon realized their wonderful abilities as rescue dogs.
         →
彼ら すぐに 気づいた 彼らのすばらしい能力 〜として 救助犬
(=monks)


 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています



B They could smell people buried deep in the snow.
          →
 彼ら  〜できた 匂う  人々  埋もれた 深く  〜の中に 雪
 (=Saint Bernard dogs) 


C                storms
                   嵐
They could even predict   and
            →    avalanches
彼ら 〜できた 〜さえ 予言する  雪崩  
(=Saint Bernard dogs)

by hearing very low frequency sounds.
〜によって 聞く とても低い低周波の音 


 【読解鉄則】 焦点化副詞 even
  「 〜でさえ(も), 〜すら」
 
  事実・極端な事例などを強調する
  (参考)名詞(代名詞)を修飾する用法もある!
  〈例〉 Even a child can do it.
      (子どもでさえそれをすることができる)



D In severe climate conditions,
 M(文頭副詞)
 厳しい気候条件 

they have saved the lives of many victims
        →
彼ら   救ってきた   命  多くの被害者    
(=Saint Bernard dogs)


over 300 years.
〜に渡って 300年


 【読解鉄則】 S +have (has) Vp.p.(=動詞の過去分詞)
 【現在完了形】のイメージ:
 「Sは〜したところ、〜したことがある、ずっと〜である」
 「(過去の動作、状態が) 現在に迫る!」
 (注) Vp.p.(過去分詞)には、「過去」の意味はない!
 (参考) Vp.p.=『受身・完了分詞』
 


posted by ついてるレオ at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

Lesson 2 I’m the strongest! Part 4

Lesson 2 I’m the strongest! Part 4

【1】
@ Having won the singles title at the Beijing Paralympics,
 M(文頭副詞)
  勝ち取って  シングルスのタイトル  北京パラリンピック

Shingo declared that   →レポート文
      →
慎吾  宣言した 

 
 【読解鉄則】 レポート文 
 筆者の思考、発言の内容をthat節・wh節・if節(=名詞節)などで表現する文!
 (参考)「節」とは大きな文の一部として使われる「文」のこと。



he would turn professional in 2009.
彼(=私)〜する なる プロ  2009年
(=Shingo)

 【読解鉄則】 S will V(動詞の原形)…
  @「Sは(きっと)〜する」 [意志]
  A「Sは(きっと)〜だろう」[推測]「現在」から「未来」を推量)
  この英文は@のケース!
 (注) 主節が過去形のために「時制の一致」のルールで
    willはwould(過去形)になっています!



A He was the first Japanese wheelchair tennis player
 彼 だった  最初の日本人の車椅子テニスプレーヤー

to do that.
する そのこと
   (=前文の内容)


B Being a professional in a wheelchair sport involves many challenges
                               →
   〜であること プロ   車椅子スポーツ      含む   多くの課題

that ● need to be overcome.
    必要とする 克服される
  (注) ● 名詞の欠落!

 
 【読解鉄則】 関係詞(=関係代名詞 or 関係副詞) 
 前の名詞(=先行詞)を 説明する節(=形容詞節)の先頭にくる語
 (注)関係代名詞が導く節内は、名詞の欠落(●)がおこる!



C For one thing,
 M(文頭副詞) 一つには

it is difficult for players to find sponsors,
仮S       真S  S´  → P´(意味上の主語→述語) 
   難しい    選手   見つける  スポンサー


 【読解鉄則】 end weight
 長い主語[S]は、it [仮S=仮主語(形式主語)] に置き換えて、
 文の後に置く[真S=真の主語]!
 

 【読解鉄則】 for 〜 to V… [=to 不定詞の意味上のS´+ to V]
 for 〜 to V…に S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!



 and

many of them lack funds for their tennis.
          →
多く   彼ら  欠く  資金 〜のための  テニス
    (=players)



 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています



D Still,
 M(文頭副詞)  [接続詞的に] それにもかかわらず

Shingo decided to be a professional
      →
慎吾  決めた   なる プロ  

because he believed (that)    →レポート文
          →   省略
なぜなら 彼 信じていた

there was an important meaning in it.
M(誘導副詞)
   ある  重要な 意味 〜の中に それ 
                 (=to be a professional)

E He says:
   →
彼 言っている


 【読解鉄則】 A:(コロン)
 A(核心的な内容)⇒B(具体的な内容) 
 コロンの後ろに続く節は @説明 Aリストの列記 B引用(=直接話法)
 ここではAリストの列記 SV:



         play in a full stadium someday,
         プレーをする  満員のスタジアム いつか
          
  I want to  and
  私 〜したいと思う

        inspire disabled children to dream,
                   S´     → P´
        鼓舞する  身体障害のある子どもたち  夢を見る 

        “I want to be a wheelchair tennis player.”
        「私 〜したいと思う なる 車椅子テニスプレーヤー」


 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています



It is just like the way
 それ ちょうど 〜のような やり方 
                                 soccer
                                 サッカー
(that) able-bodied children dream about being a   or   player.
 省略                             baseball
    身体的に健全な子どもたち 夢を見る 〜について なる  野球  選手


  I also want people to become interested in wheelchair tennis.
           S´  → P´
  私 〜も 〜してほしいと思う
           人々  なる  興味深い   車椅子テニス 
 
So だから

I’ll play tennis
私 〜する する テニス  

 
 【読解鉄則】 S will V(動詞の原形)…
  @「Sは(きっと)〜する」 [意志]
  A「Sは(きっと)〜だろう」[推測]「現在」から「未来」を推量)
  この英文は@のケース!



not only to win,
〜だけでなく 〜ために  勝つ 
 but also               .
to fascinate people by winning
〜ために 魅了する 人々 〜によって 勝つこと

【2】
@ In London in 2012,
M(文頭副詞) ロンドン 2012年

Shingo won the singles title
     →
慎吾 勝ち取った シングルスのタイトル   

at two consecutive Paralympics.
2連続のパラリンピック

A He plays to win titles,
     →
 彼 プレーをしている 〜ために 勝ち取る タイトル  
(=Shingo)

hoping that     →レポート文
希望して        extra information(=追加、補足情報)


 【読解鉄則】 extra information(=追加、補足情報) 
 SV…, Ving…(付帯状況の分詞構文) 
 文が終わる ⇒ Ving…「〜して、〜しながら」 
 (注) SV…(主文)の追加及び補足説明をあらわす!  
     VingのS´(意味上の主語)は、必ず主文のSと一致する!



                             dreams
his actions will encourage children to have  and ,
                             hopes
                   S´    → P´
 彼の行動 〜する  促す 子どもたち  もつ  夢と希望
 

 【読解鉄則】SVO to V [行動促進型]
 第5文型 SVO to V は、O(目的語)と to V に必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 S encourage O to V  「SはOが〜することを促す」
     →  S´→ P

 to V(to 不定詞)のイメージ:「(これから)〜すること」
 (参考)to は「→」(=矢印『指し示す』)



just like the ones (that) he had ● as a boy.            
       代名詞 省略
ちょうど〜のように もの  彼 もった 〜のとき 少年
      (=dreams and hopes)    (注) ● 名詞の欠落!


 【読解鉄則】 関係詞(=関係代名詞 or 関係副詞) 
 前の名詞(=先行詞)を 説明する節(=形容詞節)の先頭にくる語
 (注)関係代名詞が導く節内は、名詞の欠落(●)がおこる!


 【読解鉄則】 関係代名詞の目的格の省略
 関係代名詞の目的格(which, whom, that)はよく省略される!
  名詞 + [S V ● …](=形容詞節)イメージする!



posted by ついてるレオ at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lesson 2 I’m the strongest! Part 3

Lesson 2 I’m the strongest! Part 3

【1】
@ Several months after Shingo started following his trainer’s advice,
M(文頭副詞)
  数ヵ月   〜後   慎吾  始めた  従う  彼のトレーナーの忠告

he won the singles title at the Japan Open.
    →
彼 勝ち取った シングルスのタイトル 日本オープン
(=Shingo) 

A This was the beginning of a run of victories.
 このこと だった  始まり    連続の勝利
 (=前文の内容)

B In the fall of the same year,
M(文頭副詞) 秋   同じ年

he was finally ranked first in the world.
彼   ついに 順位を占めた 第1位  世界
(=Shingo)

C The following year, in 2007, at the age of 23,
M(文頭副詞) 次の年 2007年  23歳

he achieved the Grand Slam
     →
彼  達成した  グランドスラム    
(=Shingo)

for the first time in wheelchair tennis history.
     初めて    車椅子テニスの歴史

【2】
@ (Being)  Ranked first in the world,
   省略 
 M(文頭副詞) 順位を占めて 第1位 世界


 【読解鉄則】  文頭の Being (or Having been)の省略  
 分詞構文 M(文頭副詞)  
 文頭の Being (or Having been)は、よく省略される!


Shingo once came close to falling into a slump.
慎吾 一度  危うく〜そうになった 陥る スランプ

A He had been trying hard to be stronger    
 彼  〜しようとしていた 熱心に  より強い  
(=Shingo)


  【読解鉄則】 S + had been Ving(=動詞のing)
  【過去完了進行形】のイメージ
  S had been Ving〜「Sは〜(ずっと)していた」
        = 後ろは『説明』
  「(過去の前の)出来事が 過去に迫る & 躍動感」!
 
 (参考)Ving=「躍動感」=動作の「イキイキ感」をあらわす!


than any other player,
〜より いかなる他の選手

 but
 now  
M(文頭副詞) 今

he had no one to defeat.
   →
彼 もった ひとりの〜もない 人 負かす
(=彼は負かす人がひとりもいなかった)

B He was losing his motivation to play tennis.
 彼   失いかけていた   動機   する テニス 
    ×「失っていた」はダメ! 要注意


 【読解鉄則】 進行形の4つの意味!  
 @「Sは〜している」 大部分はこの訳!
  用例 He is taking a walk now. 
      [彼は今散歩をしている] 
 A「Sは〜するところです」
  go(行く)come(来る)arrive(到着する)などの往来発着動詞の進行形
  用例 Our train is arriving at the terminal station.
      [列車は終着駅に到着するところです] 
             (注)「到着している」はダメ!
  
 B「Sは〜しかけている、〜しようとしている」
  open(開ける)shut(閉じる)begin(始める)
  stop(止まる)die(死ぬ)のように、
  継続することができない動作動詞の進行形
  用例 The bus is stopping. [バスは止まろうとしている] 
                   (注)「止まっている」はダメ!
  
 C「Sは〜する(だろう)」
  Aの往来発着動詞が、未来を表わす副詞(句)を伴うとき
  用例 Father is coming home tomorrow.
      [父は明日家に帰ってくる(だろう)] 

  ※ この英文はBです!


C Then
M(文頭副詞) その時

he realized,
    →
彼  悟った 

“My rival is not another player, but myself ―
「私のライバル 〜ない 
         もう一人の選手   自分自身
                      A『抽象』

what I was yesterday.
何  私 だった 昨日
(=昨日の自分)
 B『具体』
 

 【読解鉄則】 A(ダッシュ)―B 
 A(核心的内容)―B(具体的な内容) 
 『抽象』から『具体』の流れをつかもう!



D I need to get stronger than him. ”
 私 必要がある なる より強く 〜より 「彼」
                    (=what I was yesterday)


【読解鉄則】 斜字体(italics) 
 主な用法は 
 @語句の強調 A新聞・雑誌名、書名、船名、歌名など B外国語をとりあげる
 ここでは@ 語(句)の強調 です!



E This thought helped him out of the slump.
            →
  この考え   助けた  彼  〜から スランプ

F Since then
M(文頭副詞) 〜以来 その時

he has been playing with the thought,
彼 (ずっと)プレーしている 〜をもって その考え

Today I’ll get stronger than I am today.”
 「今日 私 〜する なる より強く より 私 今日」
 (=「今日、私は今日の私より強くなる」)

G‘I’m the strongest!’
 「オレが最強だ!」

H This is the phrase
 これ       言葉

       puts ● on his rackets,
       置く      ラケット
       (=書いている) 
         (注) ● 名詞の欠落!         
(that) he  and                 .
省略     even says ● in his mind during difficult games
    彼  〜さえ 言う  〜の中  心  〜の間 難しい試合
             (注) ● 名詞の欠落!


 【読解鉄則】 関係詞(=関係代名詞 or 関係副詞) 
 前の名詞(=先行詞)を 説明する節(=形容詞節)の先頭にくる語
 (注)関係代名詞が導く節内は、名詞の欠落(●)がおこる!


 【読解鉄則】 関係代名詞の目的格の省略
 関係代名詞の目的格(which, whom, that)はよく省略される!
  名詞 + [S V ● …](=形容詞節)イメージする!


 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています





posted by ついてるレオ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lesson 2 I’m the strongest! Part 2

Lesson 2 I’m the strongest! Part 2

【1】
@ Shingo was born in Chiba in 1984.
  慎吾   生まれた  千葉  1984年

A Having gotten spinal cord cancer at the age of nine,
M(文頭副詞) 経験して  脊髄ガン     9歳 

he became a wheelchair user.
彼 なった   車椅子の使用者
(=Shingo)

B He began to play wheelchair tennis
      →
 彼  始めた  する  車椅子テニス

when he was eleven.
〜とき 彼 11歳

C As he was talented in sports,
M(文頭副詞)
〜ので  彼  才能のある  スポーツ

he soon became good at it.
彼 すぐに なった 上手に それ
           (=wheelchair tennis)

 
 【読解鉄則】 代名詞・指示語
 代名詞(it, they, them, one(s) など)は「何を受ける」!
 指示語(this, these, that, those, both, such など)は「何を指す」! 
 必ず文中の英語でチェックする!



【2】
@ In the first year at high school,
 M(文頭副詞) 最初の年  高校

he joined a tour abroad.
    →
彼 参加した ツアー 外国の

A The sight of the breathtaking plays amazed him.
                           →
    光景   息をのむようなプレー  驚かせた 彼

B Particularly,
 M(文頭副詞) 特に

Ricky Molier, the number one player at that time,
                    同格
リッキー・モリエール  ナンバーワンの選手  当時

Ricky Molier.jpg

thrilled Shingo the most.
  →
ワクワクさせた 慎吾 最も

C“Cool!      What a player!”
 「かっこいい! 何という選手!」

D Molier was overwhelming other players
 モリエール   圧倒していた   他の選手


 【読解鉄則】 S + be Ving(=動詞のing)
 【進行形】のイメージ::「一時的な動作の進行をあらわす」
 S be Ving〜「S〜している
   = 後ろは『説明』 
 Vingのイメージ:「すでに〜している」⇒「実際に〜している」 
 (参考)Ving=「躍動感」 動作の「イキイキ感」をあらわす!」



       power
        力
 with his  and   .
       technique
  〜で   技法

E“I want to play a match with him someday.”
 「私 〜したいと思う する 試合 彼 いつか」
                    (=Molier)

F That thought gave Shingo a clear objective 
           →
   その思い  与えた  慎吾   明確な目標      

to play wheelchair tennis.
  する  車椅子テニス

【3】
@ In 2004,
M(文頭副詞) 2004年

Shingo won the doubles title at the Athens Paralympics.
      →
慎吾  勝ち取る ダブルスのタイトル   アテネパラリンピック

A However,
 M(文頭副詞) しかしながら

Shingo wasn’t mentally strong
慎吾   〜ない 精神的に 強い  

enough to win titles regularly.
十分に  勝ち取る タイトル 定期的に

B He was ranked around tenth
  彼 順位を占めた およそ 第10位
(=Shingo)

in the two years following the Paralympics.
    2年     〜の後  パラリンピック

C The person who ● changed this situation
      人       変えた   この状況
           (注) ● 名詞の欠落!

 
 【読解鉄則】 関係詞(=関係代名詞 or 関係副詞) 
 前の名詞(=先行詞)を 説明する節(=形容詞節)の先頭にくる語
 (注)関係代名詞が導く節内は、名詞の欠落(●)がおこる!



was Ann Quinn, a mental trainer.
                同格
だった アン・クイン  メンタルトレーナー

Ann Quinn.jpg

D She ordered him to shout,
      →   S´  → P´ 
 彼女 命令した  彼  叫ぶ    
(=Ann Quinn)    (=Shingo)

“I’m the strongest!” every morning,
 「オレが最強だ!」     毎朝

looking at himself in the mirror.  extra information(=追加、補足情報)
目を向けて 自分自身  鏡


 【読解鉄則】SVO to V [行動促進型]
 第5文型 SVO to V は、O(目的語)と to V に必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 S order O to V 「SはOに〜することを命令する」
    → S´→ P

 to V(to 不定詞)のイメージ:「(これから)〜すること」
 (参考)to は「→」(=矢印『指し示す』)


 【読解鉄則】 extra information(=追加、補足情報) 
 SV…, Ving…(付帯状況の分詞構文) 
 文が終わる ⇒ Ving…「〜して、〜しながら」 
 (注) SV…(主文)の追加及び補足説明をあらわす!  
     VingのS´(意味上の主語)は、必ず主文のSと一致する!



E He was half in doubt about doing this,
  彼 だった 半分 疑い 〜について すること このこと
 (=Shingo)                (=前文の内容)

  but

it became a magic phrase for him.
それ なった 魔法の言葉 〜にとって 彼
(=“I’m the strongest!”)       (=Shingo)


 【読解鉄則】 代名詞・指示語
 代名詞(it, they, them, one(s) など)は「何を受ける」!
 指示語(this, these, that, those, both, such など)は「何を指す」! 
 必ず文中の英語でチェックする!



F He soon felt the weakness disappearing from his mind.
      →        S´     → P´
 彼 すぐに 感じた  弱点  消えつつある 〜から 自分の心
 (=Shingo)


 【読解鉄則】 SVO Ving(現在分詞)
 第5文型 SVO Ving(現在分詞)は、
 O(目的語)と Ving(現在分詞)に必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 S feel O Ving(現在分詞) 「SはOが〜していることを感じる」
   → S´→ P´
  
 Vingのイメージ:「すでに〜している」⇒「実際に〜している」
 (参考)Ving=「躍動感」  動作の「イキイキ感」をあらわす!



posted by ついてるレオ at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lesson 2 I’m the strongest! Part 1

LANDMARK English Communication U
Lesson 2 I’m the strongest!
       オレは最強だ!

Part 1

【1】

@“I know a successful player,
     →
 「私 知っている 成功した選手

who ●’s been trying to achieve greater challenge than mine.”
     〜しようとしている 達成する より大きな課題  〜より 私のもの
(注) ● 名詞の欠落!                       (=my challenge)

 
 【読解鉄則】 extra information(=追加、補足情報)
 SV…, who ●… 
 文が終わる ⇒ (その人は)… 
 先行詞「人」(=一つに決まる名詞)の追加及び補足説明をあらわす!
 (参考)学校文法では関係詞の「非制限用法」or「継続用法」!


 【読解鉄則】 S + have(has) been Ving(=動詞のing) 
 【現在完了進行形】のイメージ:
  S have(has) been Ving〜「Sは〜(ずっと)している」
        
          = 後ろは『説明』
 過去の出来事が 現在に迫る & 躍動感」!
 (参考)Ving=「躍動感」=動作の「イキイキ感」をあらわす!



A Roger Federer,  one of the world’s best tennis prayers,
             同格
ロジャー・フェデラー  ひとり   世界の最もうまいテニス選手

Roger Federer.jpg


 【読解鉄則】 同格 
 名詞(相当語句)に、他の名詞(相当語句)を並べて説明するとき、
 この2つの名詞は互いに同格(Apposition)の関係であるといいます!
 名詞, 名詞  (注) 間に,(コンマ)を入れることが多い!
 (注)後ろは『説明』!



showed great respect to a Japanese tennis prayer.
  →
示した   大きな尊敬   〜へ  日本人のテニス選手

B His name is Shingo Kunieda.
 彼の名前      国枝 慎吾

国枝慎吾.jpg

C  is one of the top wheelchair tennis players,
    ひとり   最上級の車椅子テニス選手

He   and

   has been ranked first in the world for many years.
彼  順位を占めている 第1位  世界 〜の間 多くの年
(=Shingo Kunieda)                  (=長年の間)


 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています


 【読解鉄則】 S+ have (has) been Vp.p.(=動詞の過去分詞)
 【現在完了形(受動態)】のイメージ:
 S have (has) been Vp.p.… 「Sは〜(ずっと)されている」
          = 後ろは『説明』
 「
(過去の動作、状態が) 現在に迫る!」  
 Vp.p. =「受身」動作を受ける!
 (注)Vp.p.(過去分詞)には、「過去」の意味はない!
 
 (参考)Vp.p.=『受身・完了分詞』


【2】
@ Wheelchair tennis is one of the major wheelchair sports
   車椅子テニス    ひとつ   主要な車椅子スポーツ 

in the world.
    世界

A has the status of an official sport in the Paralympics,
   →
  もつ  地位    公式のスポーツ   パラリンピック

It and

  has as many tournament games
   → 
それ ある 〜同じように 多くのトーナメントの試合
(=wheelchair tennis) 
       
  as regular tennis does.
              【代動詞】
  〜のように 通常のテニス もつ
               (=has)


 【読解鉄則】 代名詞・指示語
 代名詞(it, they, them, one(s) など)は「何を受ける」!
 指示語(this, these, that, those, both, such など)は「何を指す」! 
 必ず文中の英語でチェックする!


 【読解鉄則】 代動詞
 代動詞(do, does, did, done)は必ず
 どのような動作・状態を指すのかを文中の英語でチェックする!



B Its rules are almost the same as those of regular tennis,
                       代名詞
そのルール   ほとんど 同じ  〜のように もの   通常のテニス
                       (=rules)

except for one thing.
〜を除いて ひとつのこと

C The players can let the ball bounce up to two times
             →    S´ → P´ 
    選手 〜できる させる ボール 弾む   まで  2回


 【読解鉄則】 SV(=使役動詞)OC 
 第5文型 SVOは、O(目的語)とC(補語)に必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある! 
 S let O V(原形不定詞)…「SはOを〜させる」
   →  S´→ P´
 (参考)V(=述語動詞)は「知覚動詞」「使役動詞」がよくくる!



before returning it.
〜の前に 返球する  それ
           (=the ball)


 【読解鉄則】 S1V1… before S2V2…
  S2V2… 前に S1V1… △(×)
  S1V1 その後 S2V2   ○
 
  (参考)速読速解のコツは「左→右」に カタマリで読むこと!
       英語の語順で戻らずに読みましょう!


 【読解鉄則】 接続詞+Ving…  
  一部の接続詞は後ろにVing…がくることもある!
  (after, before, when, while, since)
 
  用例 After talking to you I felt better.
      (=After I talked to you)
     「あなたと話をした後、気分がよくなった」  
  (参考)接続詞+SV…の簡略した表現です!



D Wheelchair tennis requires players to have
               →    S´   → P´ 
 車椅子テニス   必要とする   選手   もつ  

                        quickly
the skills to control the wheelchair  and     ,
                        accurately
  技術 コントロールする 車椅子   素早く正確に
   

as well as the techniques of tennis.
〜と同様に     技法   テニス
            


 【読解鉄則】 SVO to V [行動促進型]
 第5文型 SVO to Vは、O(目的語)と to Vに必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 (注) Vには
   @【願望・期待】want, like, wish, expectなど
   A【許可・容認】allow, permitなど
   B【依頼・命令・要求】ask, tell, advise, order, requireなど
   C【勧誘・説得】encourage, persuade, urgeなど
   D【強制】compel, force, obligeなど
   E【無生物主語構文】cause, enableなど 
  ※ この英文のVはB!


 【読解鉄則】 A as well as  
 「A 〜同様に 」 (注)日本語訳は「 と同様にA」
  A: the skills to control…
  B: the techniques of tennis 
  (注) 比較構文は『共通点・類似点』を押さえる!(原則)
      対比表現は『差異』を押さえる!
  
 (参考) 比較対象は、Aとは『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!



E Also,
M(文頭副詞) また


 【読解鉄則】 追加表現 Also「また」
 「何(誰)にたいして〜も」なのか? を押さえる!
 


players need to pay careful attention to their body condition
      →
選手  必要とする 払う  細心の注意  〜へ   からだの状態

while they are playing.
〜の間  彼ら  プレーしている
    (=players)



posted by ついてるレオ at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

Lesson 1 What’s in a Name? Part 4

Lesson 1 What’s in a Name? Part 4

【1】
@ Whether we like our names or not,
 M(文頭副詞)
〜であろう  私たち 好む 名前  もしくは なかろうと
 (=私たちが名前を好むと好まざると)

they are an essential part of our identity.
それら    不可欠な部分    私たちのアイデンティティ
(=our names)              (=本人であること)   
 

 【読解鉄則】 代名詞・指示語
 代名詞(it, they, them, one(s) など)は「何を受ける」!
 指示語(this, these, that, those, both, such など)は「何を指す」! 
 必ず文中の英語でチェックする!



A Unlike most other things,
 M(文頭副詞)
  〜と違って 大部分の他のこと

we usually keep them throughout our lives,
        →
私たち たいてい 保つ それら 〜じゅう 私たちの人生
           (=our names)    (=一生を通じて)

 and

there is a kind of comfort in doing so.
M(誘導副詞)
      ある 一種の安楽 すること そう

B Names are, after all, who we are ●.
           挿入
名前    なんといっても 誰か 私たち
                   (注)● もともと名詞があった場所!

                     hopes
                     希望
C      reflect our parents’  and    for us, 
         →          affection  (注)共通のM!
       反映する   親の   愛情    〜に対する 私たち

They may              or もしくは

                 what we ought to be ●
                  何 私たち 〜するべきである ある
                 (=私たちのあるべき姿)
                        (注)● もともと名詞があった場所!
       remind us of    or              .
         →       where we came from ●
それら 〜かもしれない
(=Names)  思い出させる 私たち どこ 私たち 来た 〜から
                 (=私たちの出身地)
                        (注)● もともと名詞があった場所!


 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています


 【読解鉄則】 分離動詞句 他動詞 A+前置詞+
 S remind A<人> of B<モノ・コト> 「SはA<人>にB<モノ・コト>を思い出させる」
    →   明確化 
  Sが力をAに及ぼしてB(事柄)を明確化させるイメージ!

  

【2】
@ I have always thought that  →レポート文 
            →
 私   いつも 考えてきた


 【読解鉄則】 レポート文 
 筆者の思考、発言の内容をthat節・wh節・if節(=名詞節)などで表現する文!
 (参考)「節」とは大きな文の一部として使われる「文」のこと。


 【読解鉄則】 S +have (has) Vp.p.…(=動詞の過去分詞)
 【現在完了形】のイメージ:
 「Sは〜したところ、〜したことがある、ずっと〜である」
 「(過去の動作、状態が) 現在に迫る!」
 (注) Vp.p.(過去分詞)には、「過去」の意味はない!
 (参考) Vp.p.=『受身・完了分詞』
 


 Japanese people are lucky
  日本人        幸運な

       a specific meaning
         明確な意味
 to have   or もしくは     in their names.
       an image
   もつ   イメージ        名前

A            variety
             変化に富むこと
Considering all the  and       
M(文頭副詞)       wonderful meanings
〜を考慮すれば すべて すばらしい意味 

(of course, good sounds, too),
(もちろん 良い音 〜も)

this is a great way to make a name more personal.
                     S´       → P´
このこと  すばらしい方法     する  名前   個人の
 

 【読解鉄則】 SVOC
 第5文型 SVO は、O(目的語)と に必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 S make O C [形容詞]「SはOをC(の状態)にする」
    → S´→ P´



B Having a story to tell about your name
  もつこと  話   語る 〜について 名前 

is a thing that you should be proud of ●.
    こと   あなた 〜するべきである 誇りに思う
                     (注) ● 名詞の欠落!

C I hope that  →レポート文
    →
 私 望む

this beautiful Japanese tradition will continue to be followed
 このすばらしい日本の伝統   〜だろう  続く    従われる

in the future. 
  将来


 【読解鉄則】 レポート文 
 筆者の思考、発言の内容をthat節・wh節・if節(=名詞節)などで表現する文!
 (参考)「節」とは大きな文の一部として使われる「文」のこと。
 


 [関連記事]

 【ブログ】ついてるレオさん"ハッピー日記"鉛筆.gif
 最強の英単語&熟語集! (10 18 2014)
 

 【初級編】 英語上達のヒント!
 
 英語上達のヒント! (1) ( 6 5 2014)
 英語上達のヒント! (2) ハインリッヒ・シュリーマンのお話 ( 6 6 2014)
 英語上達のヒント! (3) ( 6 7 2014)
 英語上達のヒント! (4) 「内在化」のお話 ( 6 10 2014)
 英語上達のヒント! (5) 「知的記憶」と「運動記憶」のお話  ( 6 11 2014)
 英語上達のヒント! (6) 「日本語脳」と「英語脳」のお話   ( 6 12 2014)
 英語上達のヒント! (7) 英語はそのままの英語で理解する ( 6 14 2014)
 英語上達のヒント! (8) 「英語脳」をつくる方法        ( 6 18 2014)
 英語上達のヒント! (9) 「英語脳」をつくる方法 洋書編   ( 6 17 2014)
 英語上達のヒント! (10) 英語発音トレーニング(1)     ( 6 23 2014)
 英語上達のヒント! (11) 英語発音トレーニング(2)     ( 6 24 2014)
 英語上達のヒント! (12) 英語発音トレーニング(3)     ( 6 25 2014)
 英語上達のヒント! (13) 英語発音トレーニング Advanced(1) ( 6 26 2014)
 英語上達のヒント! (14) 英語発音トレーニング Advanced(2) ( 6 28 2014)
 英語上達のヒント! (15) 英語で歌おう! ( 6 30 2014)
 
  
 【中級編】

 英語上達のヒント!(16) 【中級編】 英語で考える 英語で話す(1) (10 8 2015)
 英語上達のヒント!(17) 【中級編】 英語で考える 英語で話す(2) (10 9 2015)
 英語上達のヒント!(18) 【中級編】 英語で考える 英語で話す(3) (10 10 2015)
 英語上達のヒント!(19) 【中級編】 英語で考える 英語で話す(4) (10 14 2015)
 
 速読速解のコツ! 前編 (10 15 2015) 
 速読速解のコツ! 中編 (10 16 2015) 
 速読速解のコツ! 後編 (10 17 2015) 

 いかに速く読んで速く理解できるかえく.gif 

 興味のある方だけお読みください (^.^)



posted by ついてるレオ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lesson 1 What’s in a Name? Part 3

Lesson 1 What’s in a Name? Part 3

【1】
@      read books
        読む 本
When you    or      about the American South,
       watch movies

 M(文頭副詞)
 〜とき あなた 見る 映画 〜について アメリカ南部
       
 
 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています



you may notice something interesting about Southern names.
       →
あなた 〜かもしれない
      気づく  何か 興味深い 〜について アメリカ南部の名前


A Although most Americans have a first, middle, and last name,
 M(文頭副詞)
〜けれども 大部分のアメリカ人 もつ ファースト、ミドル、ラストネーム

generally speaking,
一般的に言って

middle names are not used very much.
ミドルネーム 〜ない 使われる とても
(=あまり使われない [部分否定])

B In the southern part of America, however,
 M(文頭副詞)                 挿入
       南の地方     アメリカ  しかしながら

quite a lot of people are called
かなり多くの人々    呼ばれている

      first
      ファースト
by their  and    names together   as one name. 
      middle
〜によって ミドルネーム   一緒に 〜として ひとつの名前

C For example,
 M(文頭副詞) 
 たとえば

in the South,
M(文頭副詞)
アメリカ南部

“Billy Bob”is a typical name for a guy.
「ビリー・ボブ」 典型的な名前 〜に対する 男


 【読解鉄則】 引用符 (“”or‘’) 
 主な用法は 
 @話し言葉の引用 A詩、音楽の曲名、絵画などの作品名 B特定の言葉の強調
 ここではB特定の言葉の強調 です!



D In this case,
M(文頭副詞) この場合

Billy is the first name,  
ビリー  ファースト・ネーム 

while 
一方

Bob is the middle name.
ボブ   ミドルネーム


 【読解鉄則】 対比表現 『差異』を示す! 
 A(=S1V1) , while B(=S2V2) 「A 一方、
 A:Billy is the first name
 B:Bob is the middle name
 (参考)whileは従属接続詞ですが、等位接続詞のようにとらえる!
 (参考)Aとは『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!

 

E They are used together as one name, “Billy Bob.”
                              同格
 それら 使われている 一緒に 〜として ひとつの名前 「ビリー・ボブ」
 (=Billy and Bob)


F Likewise,
M(文頭副詞) 同様に


 【読解鉄則】 追加表現 Likewise, 「同様に〜」
 「何(誰)にたいして同様に」なのか? を押さえる!



“Mary Ann”is frequently used for girls in the South.
「メアリー・アン」 頻繁に 使われている 
             〜に対して
 女の子 アメリカ南部

【2】
@ Middle names are often used for scolding someone as well!  
 ミドルネーム  よく 使われている 
             〜に対して
叱る 誰か 〜も

 
 【読解鉄則】 追加表現 , as well「〜も」
 「何(誰)にたいして〜も」なのか? を押さえる!

 

A            “Kay”
              →P1´
             「ケイ」
I was always called  or    by my parents.
             “Katy”
 S´            →P2´ 
私  いつも 呼ばれていた 「キャティ」 〜によって 私の親


 【読解鉄則】 SVOCの受動態
 第5文型 SVOは、O(目的語)とC(補語)に必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!

 S call O C [名詞]  「SはOをと呼ぶ」  【能動態】
    → S´→ P´
 S be called C [名詞] 「Sはと呼ばれる」 【受動態】
 S´      → P´
 (注)受動態は能動態の文のO(目的語)をS(主語)にした文!


 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています



B Then,
 M(文頭副詞) 
 それから

suddenly
 突然

I became“Kay Lynn,”
私 なった 「ケイ・リン」

when my parents scolded me.
〜とき   親    叱る   私

C That is (the reason)
           省略 
 そのこと   (理由)  (=そういうわけで)

why I do not like to use my middle name, Lynn, nowadays.
   私 〜ない 〜したいと思う 使う ミドルネーム リン 今
     (=使いたいと思わない)

posted by ついてるレオ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lesson 1 What’s in a Name? Part 2

Lesson 1 What’s in a Name? Part 2

【1】
@ It is true that
 仮S      真S
     本当の
 (=確かに〜である)

Westerners also think hard
西洋人  〜も 考え込む 熱心に 
          
about what to name their children.
〜について 何と 名づける 自分たちの子ども


 【読解鉄則】 end weight
 長い主語[S]は、it [仮S=仮主語(形式主語)] に置き換えて、
 文の後に置く[真S=真の主語]!



A (But) 【譲歩構文】
  省略
  (しかし)  
                      a specific meaning
                       明確な意味
Some American names do have     or もしくは      .
               強調 →  at least an image
一部のアメリカ人の名前  本当に ある   少なくとも  イメージ


 【読解鉄則】 見えないBut 【譲歩構文】
  文頭にButを補う。  
 (注)論理的には『逆接関係』であることをつかむ! 



B For example,
 M(文頭副詞) たとえば

        “March,”
        “April,”
        “May,”
the names   and
        “June,”
        同格 
   名前 「March」「April」「May」「June」
 

 【読解鉄則】 同格 
 名詞(相当語句)に、他の名詞(相当語句)を並べて説明するとき、
 この2つの名詞は互いに同格(Apposition)の関係であるといいます!
 名詞, 名詞  (注) 間に,(コンマ)を入れることが多い!
 (注)後ろは『説明』!



which ● are all girls’ names,
挿入   すべて 女の子の名前
(注) ● 名詞の欠落!

                  spring
                   春
come from the months of   and        ,
                  early summer
来る 〜から   月     初夏
(=〜に由来する)

 and
             beauty,
             美しさ
             hope,
             希望
they may suggest    or         .
        →   the beginning of things
それら 〜かもしれない
      示唆している  はじまり   物事
(=the names)


 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています



【2】
@ But
 しかし  

these kinds of names are actually rare.
これらの種類  名前   実際には  まれな

A It is more common
 仮S より普通の


 【読解鉄則】 end weight
 長い主語[S]は、it [仮S=仮主語(形式主語)] に置き換えて、
 文の後に置く[真S=真の主語]!
 


for parents to choose a name (that) they like ●.
真S   S´     → P´        省略
    親    選ぶ   名前      彼ら 好む
                      (=parents)
                        (注) ● 名詞の欠落!


 【読解鉄則】 for 〜 to V… [=to 不定詞の意味上のS´+ to V]
 for 〜 to V…に S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 

 【読解鉄則】 関係詞(=関係代名詞 or 関係副詞)
  前の名詞(=先行詞)を 説明する節(=形容詞節)の先頭にくる語
 (注)関係代名詞が導く節内は、名詞の欠落(●)がおこる!


 【読解鉄則】 関係代名詞の目的格の省略
 関係代名詞の目的格(which, whom, that)はよく省略される!
 名詞 + [S V ● …](=形容詞節)イメージする!



B Sometimes
 M(文頭副詞) 時々

                a movie character (that) they like ●
                             省略
                 映画の登場人物     彼ら 好む
                                (=parents)
                                (注) ● 名詞の欠落!
they choose the name of   or                      .       
     →            a public figure (that) they respect ●
                            省略
彼ら 選ぶ    名前      有名人       彼ら 尊敬する
(=parents)                        (=parents) 
                                (注) ● 名詞の欠落!

C Names in the family are also popular;
   名前    家族  〜も 人気のある


 【読解鉄則】 追加表現 also「〜も」
 「何(誰)にたいして〜も」なのか? を押さえる!



for instance,
たとえば

     a daughter after her grandmother,
       娘   〜にちなんで  祖母
naming   or もしくは           .
     a son after a favorite uncle
名づける  息子 〜にちなんで 大好きな叔父


【読解鉄則】 A;(セミコロン)
 ;(セミコロン)=接続詞の代用
 A ; B 「具体例」
 (注)A と B の内容は密接な関係がある!



D Even naming a son after his father is a common practice.
 〜でさえ 名づける 息子 〜にちなんで 父  普通の慣習


  【読解鉄則】 焦点化副詞 even
  「 〜でさえ(も), 〜すら」
 
  事実・極端な事例などを強調する
  (参考)名詞(代名詞)を修飾する用法もある!
  〈例〉 Even a child can do it.
      (子どもでさえそれをすることができる)



E Using names from famous books is common, too.
   使うこと 名前 〜から 有名な本  普通の  〜も


  【読解鉄則】 追加表現 , too「〜も」
  「何(誰)にたいして〜も」なのか? を押さえる!



F My friend was named“Beth”
    S´               → P´
  私の友人  名づけられた 「ベス」


 【読解鉄則】 SVOCの受動態
 第5文型 SVOは、O(目的語)とC(補語)に必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!

 S name O C [名詞]  「SはOをと名づける」  【能動態】
    → S´→ P´
 S be named C [名詞] 「Sはと名づけられる」 【受動態】
 S´      → P´
 (注)受動態は能動態の文のO(目的語)をS(主語)にした文!


            
 【読解鉄則】 引用符 (“”or‘’) 
 主な用法は 
 @話し言葉の引用 A詩、音楽の曲名、絵画などの作品名 B特定の言葉の強調
 ここではB特定の言葉の強調 です!


 and

her little sister (was named)  “Meg”
    彼女の妹   省略    「メグ」

       
 【読解鉄則】 A and B 同形反復におけるB内の語(句)の省略 
 AとBの形が違う ⇒ Bに省略が起こっている! 
 必ずBの省略語(句)を補う!



after the girls in the popular book Little Women.
                        同格
〜にちなんで  女の子  人気のある本 「Little Women」(若草物語)


 【読解鉄則】 斜字体(italics) 
 主な用法は 
 @語句の強調 A新聞・雑誌名、書名、船名、歌名、団体名、作品名など B外国語をとりあげる
 ここではA 書名です!


Little Women.jpg

G          “Jacob” 
           「ヤコブ」
           B1『具体』
Names such as    and      are from the Bible.
           “Michael”
 名前 〜のような  「マイケル」  〜から 聖書
A『抽象』     B2『具体』


 【読解鉄則】
 A such as B 
 A(核心的な内容)⇒ such as(具体的な説明) 
 『抽象』から『具体』の流れをつかもう!


posted by ついてるレオ at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lesson 1 What’s in a Name? Part 1

LANDMARK English Communication U
Lesson 1 What’s in a Name?
       名前に何があるのか? 

Part 1

【1】
 This is a short essay about names
  これ     短い評論  〜について 名前

written by an American teacher of English in Japan.
書かれた 〜によって アメリカ人の教師  英語   日本

@ The other day,
 M(文頭副詞) 先日
 
when I asked my students to explain their first names in English
M(文頭副詞)       S´     → P´ 
〜とき 私 頼んだ  生徒  説明する ファーストネーム  英語

 in the class,
     授業


 【読解鉄則】SVO to V [行動促進型]
 第5文型 SVO to V は、O(目的語)と to V に必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 S ask O to V 「SはOに〜するように頼む」
   → S´→ P



some of them said that   →レポート文
          → 
何人   彼ら 言った
   (=my students)


 【読解鉄則】 代名詞・指示語
 代名詞(it, they, them, one(s) など)は「何を受ける」!
 指示語(this, these, that, those, both, such など)は「何を指す」! 
 必ず文中の英語でチェックする!


 【読解鉄則】 レポート文 
 筆者の思考、発言の内容をthat節・wh節・if節(=名詞節)などで表現する文!
 (参考)「節」とは大きな文の一部として使われる「文」のこと。



        had no meaning,
        ある ひとつの〜もない 意味
        (=意味はまったくない)
their names   but        .
        just had good sounds
自分たちの名前 ただ〜 ある 良い音
        (=ただ良い音があるだけ)


【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています



A This surprised me
      →
 このこと 驚かせた  私
 (=前文の内容)
 

 【読解鉄則】 代名詞・指示語
 代名詞(it, they, them, one(s) など)は「何を受ける」!
 指示語(this, these, that, those, both, such など)は「何を指す」! 
 必ず文中の英語でチェックする!



because I often hear Japanese people have meanings in their names.  
                      S´   → P´
 なぜなら 私 よく 聞いた  日本人 もつ 意味    自分たちの名前


 【読解鉄則】 SVOC
 第5文型 SVOは、O(目的語)とC(補語)に必ず
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 S hear O V(原形不定詞)…「SはOが〜するのを聞く」
   →  S´→ P´ 
 (注) V(=述語動詞)は「知覚動詞」「使役動詞」がよくくる!



B Some students,
  一部の生徒

 though,
 挿入
 けれども


 【読解鉄則】 , 挿入 ,  (コンマによる挿入)
 用法は、接続副詞挿入句・節を入れる!



explained interesting stories about their names.
   →
 説明した  興味深い話 〜について 名前

C For example,
 M(文頭副詞) たとえば

a student whose name is Sho (翔) said to me,
                       →
 生徒     名前  Sho (翔)    言った   私

“My name means (that)  →レポート文        
             省略 
 「私の名前 意味する 

I will prosper,
私 〜だろう 繁栄する

soaring on wings,  
舞い上がりながら 翼で


 【読解鉄則】 S will V(動詞の原形)…
  @「Sは(きっと)〜する」 [意志]
  A「Sは(きっと)〜だろう」[推測](「現在」から「未来」を推量)
   この英文はAのケース!


 【読解鉄則】 extra information(=追加、補足情報) 
 SV…, Ving…(付帯状況の分詞構文) 
 文が終わる ⇒ Ving…「〜して、〜しながら」 
 (注) SV…(主文)の追加及び補足説明をあらわす!  
     VingのS´(意味上の主語)は、必ず主文のSと一致する!



because Chinese character of Sho has that meaning.”
なぜなら     漢字      Sho  ある  その意味」

D Another student whose name is Urara (うらら) said to the class that
                                 →
  もう一人の生徒    名前    Urara (うらら)  言った  クラスの生徒たち

                                 →レポート文

her name comes from the Japanese word urara
                            同格
自分の名前 くる  〜から   日本語  「うらら」 

meaning “bright and gentle like spring sunlight.”
意味する  「晴れやかで温和な  〜のように 春の日光」


 【読解鉄則】 斜字体(italics) 
 主な用法は 
 @語句の強調 A新聞・雑誌名、書名、船名、歌名など B外国語をとりあげる
 ここではB 外国語をとりあげる です!


 【読解鉄則】 同格 
 名詞(相当語句)に、他の名詞(相当語句)を並べて説明するとき、
 この2つの名詞は互いに同格(Apposition)の関係であるといいます!
 名詞, 名詞  (注) 間に,(コンマ)を入れることが多い!
 (注)後ろは『説明』!



E For Westerners,
 M(文頭副詞) 
 〜にとって 西洋人

this meaning of aspect of Japanese names can be fascinating,
 この意味    側面    日本語の名前  〜ありうる 魅惑的な

                      a meaning
                       意味
as it is a unique way to express   or     in a name.
                      an image   (注)共通のM!    
  仮S           真S
〜ので  独特な方法  表現する  イメージ   名前


 【読解鉄則】 end weight
 長い主語[S]は、it [仮S=仮主語(形式主語)] に置き換えて、
 文の後に置く[真S=真の主語]!


 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています




 

posted by ついてるレオ at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする