2018年12月18日

Rapid Reading The Umbrella Man (4)

The Umbrella Man  (4)

【4場面】

 My mother stood there
 私の母親 立っていた そこ 

 chewing her lower lip.
 かみながら 下唇  

 She was beginning to melt a bit,
 彼女 始めつつあった 心がほぐれる 少し 
 (=my mother)    

 I could see that.                        
      →
 私 〜できた 理解する そのこと
               (=前文の内容)

 And
 そして   

 the idea of getting an umbrella to shelter under
     【同格のof 】 
  考え 手に入れる 傘 〜ための 隠れる 〜の下に 

 must have tempted her a good deal.
         →
 〜したに違いない 心をそそる 彼女 とても

 “It’s a lovely umbrella,”
 「それ 美しい傘」          

 the little man said.
           →
 小柄な男性 言った 

 “So I’ve noticed,”
 「そのように 私 気づいていた」 

 my mother said.
         →
 私の母親 言った 

 “It’s silk,”
 「それ 絹製の」 

 he said.
    →
 彼 言った 

 “I can see that.”
 「私 〜できる 理解する そのこと
               (=前文の内容)

 “Then why don’t you take it, madam,”
 「では 〜してはどうか あなた 買う それ 奥様」

 he said.
    →
 彼 言った 

 “It cost me over twenty pounds,
 「それ かかる 私 〜以上 20ポンド 

  I promise you.
  私 約束する あなた  

 But
 しかし

 that’s of no importance
 そのこと まったく重要でない
 (=前文の内容)

             get home
             帰る 家へ
 so long as I can    and              .”
             rest these old legs of mine
 〜さえすれば 私 〜できる 休ませる この古い足 私 」

 I saw my mother’s hand feeling for the clasp on her purse.
    →         S´  → P´  
 私 見た 私の母親の手 探る 留め金   財布

 She saw me watching her.
    → S´  → P´  
 彼女 見た 私 見ている 彼女 

 I was giving her one of my own frosty-nosed looks this time
 私  していた 彼女 ひとつ 私の自身の冷たく横柄な見つめ方 今回

  and

 she knew exactly what I was telling her ●.
     →
 彼女 知っていた 正確に こと 私 言っていた 彼女 
                       (注)● 名詞の欠落! 

 Now listen, mummy,
 今 聞いて お母さん 

 I was telling her,     【中間話法】
 私 話している 彼女 

 you simply mustn’t take advantage of a tired old man in this way.
 あなた 断じて 〜してはいけない 弱みにつけこむ このように

 It’s a rotten thing to do.
 そのこと 腐ったこと する
 (=前文の内容)


 【読解鉄則】話法 (narration)
 中間話法:直接話法でも間接話法でもない中間的な話法 
 (参考)小説や随筆に現れる作者の心理描写の手法、修辞法のひとつ!
 ☆2つのパターン
 (1)伝達動詞がある場合
    <例> How does a fish get air? You will ask.
       どのようにして魚は空気を手に入れるのだろう? あなたはたずねるだろう。  

 (2)伝達動詞がない場合 (描出話法)
    <例> At midnight there was a light tap on her door.
       Who could it be?
       She began to feel uneasy, for she was sure
       there was no one else in the house.   
       真夜中に彼女の家のドアを軽くたたく音が聞こえた。
         誰だろう? 彼女は不安を感じはじめた。というのは、
         家の中には他には誰もいないことは確かだったから。
   
  ※この英文では(1)のパターンです!


     
         paused
         立ち止まって 
 My mother  and          .
         looked back at me.
 私の母親  目を向けた 後に  私 
       (=振り向いて私を見た) 

 Then
 M(文頭副詞) 
 それから 

 she said to the little man,
     →
 彼女 言った その小柄な男性

 “I don’t think (that)
           省略
 「私 思わない 

 it’s quite right that
 仮S         真S  
  まったく 正しい  


 【読解鉄則】 end weight
 長い主語[S]は、it [仮S=仮主語(形式主語)] に置き換えて、
 文の後に置く[真S=真の主語]!
 


 I should take a silk umbrella from you worth twenty pounds.
 私 買う 絹製の傘 〜から あなた 価値のある 20ポンド

 I think (that)
      省略
 私 思う 
            give you the taxi-fare
            「与える」 あなた タクシー代            
 I’d just better  and           .”
            be done with it
 私 ただ 〜したほうがいい 終わりにする それ
 (=I had) 

 “No, no, no!”
 「いいえ、いいえ、いいえ」 

 he cried.
     →
 彼 叫んだ

 “It’s out of the question!
 「そのこと 問題外だ 

  I wouldn’t dream of it!
 私 断固として〜ない 夢見る そのこと!」

 Not in a million years!
 絶対にない

 I would never accept money
 私 断固として〜ない 決して 受け取る お金 

 from you like that!
 〜から あなた 〜のように そのこと

 Take the umbrella, dear lady,
 持っていってください その傘 奥様 
  and               !”
 keep the rain off your shoulders
 近づけないでおいてください 雨 あなたの肩 」
 

 My mother gave me a triumphant sideways look.
          →
 私の母親 した 私  勝ち誇った横目  

 There you are,    【中間話法】
 ほらごらん    

 she was telling me.  
 彼女 話していた 私 

 You’re wrong.
 あなた 間違って 

 He wants me to have it.
      S´  → P´ 
 彼 〜してほしいと思う 私 もつ それ

     fished into her pursue
     手で探り  財布 
 She  and          .
     took out a pound note
      →
 彼女 取り出した 1ポンド紙幣 

 She held it out to the little man.
     →
 彼女 差し出した それ 〜へ その小柄な男性 
     (=a pound note)

    took it
      →
    受け取り それ   
        (=a pound note)
 He    and          .
    handed her the umbrella
      →
 彼  手渡した 彼女 その傘  

    pocketed the pound,
      →
    ポケットにしまい そのポンド   

    raised his hat,
      →
    上げて 帽子

    gave a quick bow from the waist,
     →
    して 素早いおじぎ 〜から 腰
 He  and

    said, “Thank you, madam, thank you.”
     →
 彼 言った「ありがとう 奥様 ありがとう」

 Then
 M(文頭副詞)
 それから 

 he was gone.
 彼 去った


posted by ついてるレオ at 10:52| Comment(0) | SKILLFUL English Communication V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。