2018年12月13日

The Concluding Speech of the Dictator (2)

The Concluding Speech of the Dictator (2)

【4】

Charlie Chaplin.jpg

@
 The aeroplane
  飛行機 
  and      have brought us closer together.
 the radio        →  
  ラジオ    もたらした 私たち より近くに 一緒に
         (=私たちの仲を緊密にした)

A The very nature of these inventions
     強調
 そのまさに本質 これらの発明品

 cries out for the goodness in man
 叫ぶ 〜を求めて 善性 人間  

 ― cries out for universal brotherhood ―
   挿入・強調  
   叫ぶ 〜を求めて 普遍的人類愛  

 (cries out) for the unity of us all.
  省略     
      〜を求めて 一致団結 私たち 皆 

B Even now
 M(文頭副詞) 
 〜さえ 今  

 my voice is reaching millions throughout the world
 私の声 届いている 何百万人 〜のいたるところに 世界  

                  men,
                  男性
                  women,
                  女性
 ― millions of despairing  and      ―
   挿入・強調         little children
   何百万の 絶望している 幼い子ども 

                            torture
                           → P1´ 
                            拷問にかける  
 victims of a system that ● makes men  and   innocent people.
                           imprison   (注)共通のO!
                         S´ → P2´
  犠牲者 制度       する 人間  投獄する  無実の人々  

 
 【読解鉄則】 SV(=使役動詞)O
 第5文型 SVOは、O(目的語)とC(補語)に必ず
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 S make O V(原形不定詞)…「Sは(強制的に)Oを〜させる」
   → S´→ P´
  

【5】

@ To those (people) who ● can hear me,
 M(文頭副詞)  省略
  〜へ    人々  〜できる 聞く 私の声 
              (注)● 名詞の欠落! 

  I say:“Do not despair.”
   →
 私 言う 「絶望してはいけない」

 
 【読解鉄則】 A:(コロン) 
 A(核心的な内容)⇒B(具体的な内容) 
 コロンの後ろに続く節は、@説明 Aリストの列記 B引用(=直接話法)
 ここではAリストの列記 SV: です!



A The misery that ●is now upon us is but the passing of greed
                         (=only)
    苦痛       今 〜に対して 私たち ただ  通過    貪欲
         (注)● 名詞の欠落! 

 ― the bitterness of men who ● fear the way of human progress.
     つらさ    人間      恐れる 方法 人間の進歩 
                 (注)● 名詞の欠落!

B The hate of men will pass,
  憎しみ 人間 〜だろう 通過する  
  
  and

 dictators (will) die,
       省略
  独裁者  死ぬ  

  and

 the power (that) they took ● from the people will return to the people.
         省略
   権力      彼ら 取った 〜から 人々 〜だろう 戻る 人々 
        (=dictators) (注)● 名詞の欠落!

  
 【読解鉄則】 関係代名詞の目的格の省略
 関係代名詞の目的格(which, whom, that)はよく省略される!
  名詞 + [S(名詞) V ●…](=形容詞節)イメージする!
 (注) ● 名詞の欠落!
  


C And

 so long as men die,
 M(文頭副詞) 
 〜限り 人間 死ぬ 

 liberty will never perish.
 自由 〜だろう 決して〜ない 滅びる
  (=決して滅びないだろう)  



posted by ついてるレオ at 14:00| Comment(0) | SKILLFUL English Communication V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。