2018年12月11日

Lesson 17 Necessity Is the Mother of Invention? (2)

Lesson 17 Necessity Is the Mother of Invention? (2)

【3】

@ A good example is the history of Thomas Edison’s phonograph,
   よい例          歴史    トーマス・エジソンの蓄音機  

 the most original invention of the greatest inventor of modern times.
             同格
   最も独創的な発明      最も偉大な発明家    現代


 【読解鉄則】 同格 
 名詞(相当語句)に、他の名詞(相当語句)を並べて説明するとき、
 この2つの名詞は互いに同格(Apposition)の関係であるといいます!
 名詞, 名詞  (注) 間に,(コンマ)を入れることが多い!
 (注)後ろは『説明』!
 


A When Edison built his first phonograph in 1877,
 M(文頭副詞) 
 〜とき エジソン 作り上げた 最初の蓄音機 1877年 

 he published an article
      →
 彼 発表した 記事   
 (=Edison) 

 proposing ten uses for his inventions.
 提案している 10の利用法 〜に対して 発明品 

Thomas Edison phonograph.jpg

B They included
       →
 それら 含んだ
 (=ten uses) 

 preserving the last words of dying people,
 保存すること 最後の言葉 死につつある人々 

 recording books for blind people to hear,
                  S´     → P´
 録音すること 本 〜のために 盲目の人々 聞く

 
 【読解鉄則】 for 〜 to V… [=to 不定詞の意味上のS´+ to V]
 for 〜 to V…に S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!

 

 announcing clock time,
 告げること 時刻 
  and         .
 teaching spelling
 教えること つづり  

C Reproduction of music was not high
     再生   音楽    〜ない 高い
              (=高くなかった)  

 in Edison’s list of priorities.
  エジソンの表 優先事項  

D A few years later
 M(文頭副詞) 数年後  

 Edison told his assistant that    →レポート文  
       → 
 エジソン 話した 助手   

 his invention had no commercial value.
 自分の発明 ある 〜ない 商業的な価値
       (=商業的な価値は全くない) 

E Within another few years
 M(文頭副詞) 
 〜以内 もうひとつの数年 
  (=さらにもう数年の内に)

    changed his mind
     →
    変えた  考え 
 he   and                        ―
    did enter business to sell phonographs
    強調 →
 彼  本当に 入った ビジネス界 〜ために 売る 蓄音機
 (=Edison) (=事業をおこした)

  A『抽象』 

 
 【読解鉄則】 A(ダッシュ)― 
 A(核心的内容)― B(具体的な内容) 
 (注)意外性や期待感を持たせた情報を追加する場合
 『抽象』からB『具体』の流れをつかもう!
 


 but しかし  

 for use as office dictating machines.
 〜のために 使用 〜として 事務所の口述録音機

 B『具体』

F When other people made jukeboxes
 M(文頭副詞) 
 〜とき 他の人 作った ジュークボックス 

 which ● allowed phonographs to play popular music
               S´     → P´
  S[原因]       OC[結果] 
        許す 蓄音機   演奏する ポピュラー音楽 

       at the drop of a coin,
        落とすこと 硬貨


 【読解鉄則】SVO to V 
 第5文型 SVO to V は、O(目的語)と to V に必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 S allow O to V   「SはOが〜することを許す」
   →  S´→ P´


 【読解鉄則】 無生物主語構文!
   allow O to V「SはOが〜することを許す」
     →  S´→ P´
 S[原因] ⇒ OC[結果] 論理=【因果関係】! 
 (参考)主語を副詞的に訳して「SのおかげでOは〜できる」



jukebox.jpg

 Edison objected to this use,
 エジソン 反対した この使用 

 because his invention was for serious office use.
 なぜなら 発明品  〜のために 真面目な事務所の使用  

G Only after about 20 years did Edison reluctantly admit that    【倒置文】 
                                  →
   M                 v  S          V
 〜だけ 〜の後 およそ20年 エジソン しぶしぶ 認めた 

                            record
                            録音する
 the main use of his phonograph was to   and   music.
                            play  (注)共通のO! 
   主な使用    蓄音機         演奏する 音楽



posted by ついてるレオ at 12:13| Comment(0) | SKILLFUL English Communication V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。