2018年07月17日

Lesson 15 Sick Building Syndrome (2)

Lesson 15 Sick Building Syndrome (2)

【2】

@ Recent studies have shown that   →レポート文 
                 →
   最近の研究  示してきた


 【読解鉄則】 S have (has) Vp.p.(=動詞の過去分詞)
 【現在完了形】のイメージ:
 「
(過去の動作、状態が) 現在に迫る!」
 「Sは〜したところ、〜したことがある、ずっと〜である」
 (注) Vp.p.(過去分詞)には、「過去」の意味はない!
 (参考) Vp.p.=『受身・完了分詞』
 

 【読解鉄則】 レポート文 
  筆者の思考、発言の内容をthat節・wh節・if節(=名詞節)などで表現する文!
  (注) この英文は「S〈モノ・コト〉は〜を示している」
 (参考)「節」とは大きな文の一部として使われる「文」のこと。
  

        many homes,
        多くの家庭 
        office buildings,
        オフィスビル
 air inside   and       is full of pollutants:
        schools      
 空気 〜の内側 学校    いっぱいで 汚染物質 
                        A『抽象』


 【読解鉄則】 A:(コロン) 
 A(核心的な内容)⇒B(具体的な内容) 
 コロンの後ろに続く節は、@説明 Aリストの列記 B引用(=直接話法)
 ここではAリストの列記!
 A『抽象』からB『具体』の流れをつかもう!
  


 chemicals,
 化学物質
 mould,
 カビ
 bacteria,
  細菌 
 smoke,
  煙
  and    .
 gases
 ガス
  B『具体』 

A                           unpleasant
                            不快な
 These pollutants are causing a group of  and      symptoms
                            dangerous  (注)共通のO! 
  これらの汚染物質  引き起こしている 集団 危険な 症状 
  S[原因]                     O[結果]

 that experts call ●“sick building syndrome.”
    専門家 呼ぶ 「シックハウス症候群」
         (注)● 名詞の欠落! 

B (Being) First discovered in 1982,
   省略 M(文頭副詞) 
      最初に 発見されて 1982年


 【読解鉄則】  Being (Having been)の省略
 分詞構文 M(副詞)付帯状況
  Being (Having been) は、よく省略される!  


 sick building syndrome most often includes symptoms
                         →
 シックハウス症候群 ほとんど しばしば 含む  症状 
            (=ほとんどの場合) 

        the flu
        インフルエンザ
 similar to   and           .
         respiratory infections
 類似した  呼吸器感染症  

【3】

@                       office buildings
                        オフィスビル
 Although (it is) most common in    and     ,
 M(文頭副詞) 省略             schools
 〜けれども    よく  普通の  学校
       (=the indoor pollution)

 
 【読解鉄則】副詞節中の  S+be の省略 
 必ず、主節のSと一致する!
 省略が起こっている英文は、省略語句を補って理解する!
 


 the indoor pollution that ● causes sick building syndrome
    室内の汚染      引き起こしている シックハウス症候群
               (注)● 名詞の欠落!

 can also occur in houses.
 〜ありうる 〜も 起こる 家  


 【読解鉄則】 追加表現 also「〜も」
 「何(誰)にたいして〜も」なのか? を押さえる!
  


A Imagine a typical home.
     →
 想像してください 典型的な家庭 

B The people who ● live there
    人々        住む そこ 
        (注)● 名詞の欠落!    

     oil,
     油
     wood,     cooking
     木       料理
 burn  or    for  and    .
  →  gas       heating
 燃やす ガス 〜のために 暖房


 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 (注)比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています
 


C             cigarettes,
              紙巻たばこ 
              pipes,
              パイプたばこ
 They might smoke  or     .
          →  cigars
 彼ら 〜かもしれない 吸う 葉巻たばこ
 (=the people who live there)

D They use chemicals for cleaning.
       →
 彼ら 使う 化学物質 〜のために 掃除
 (=the people who live there)

E                            plastic
                             プラスチック
 They use hundreds of products made of   or     .
      →                     particleboard
 彼ら 使う  何百の 製品 作られた  パーティクルボード  
 (=the people who live there)

F These products give off chemicals
             →
 これらの製品 放出する 化学物質 

 that we can’t see ●
   私たち 〜できない 見る
          (注)● 名詞の欠落!
  but
 that we do breathe in ●.
      強調
    私たち 本当に 吸う  
          (注)● 名詞の欠落!    

G The people in the house are breathing
      人々 〜の中 家  呼吸している 

 in a“chemical soup.”
 〜の中で 「化学物質のスープ」




posted by ついてるレオ at 15:06| Comment(0) | SKILLFUL English Communication V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。