2018年05月10日

Lesson 4 The Diversity of Lying (3)

Lesson 4 The Diversity of Lying (3)

【4】

@ This is the problem with lying.
 このこと   問題 〜に関する うそをつくこと
 (=前段落の内容)

A In some situations
 M(文頭副詞) 
 ある状況 

 it is impossible
 仮S 不可能な

 to tell   
 真S 見分ける  

 with absolute certainty
 〜を持って 確かな確信 

              is lying
              うそをついている
 whether someone   or      .
              tell the truth
 〜かどうか 誰か    話す 真実(=本当のこと)
 (注)tellのO(目的語)

 新情報(New) 


 【読解鉄則】 SVO 文の要素の移動!
 他動詞のO(目的語)が新情報(New)として文の後に移動することがある!

 (注)「前置詞+名詞」はM(修飾語)

 【読解鉄則】 Information Structure(情報構造)
 英文は旧情報(Given) から新情報(New)へと展開する!


 【読解鉄則】 end focus
 新情報(New)は文の後ろに置かれる!
  


B More or less,
 M(文頭副詞) 
 多かれ少なかれ   

 we ourselves are forced to become the ultimate judge of
 S´ 同格強調             → P´  
 私たち 〜せざるを得ない なる 最後の審判員

 what is the truth
 何    真実 (=本当のこと)
  and        .
 what is a lie
 何    うそ 


 【読解鉄則】SVO to V [行動促進型] の受動態
 第5文型 SVO to V は、O(目的語)と to V に必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!

 S force O to V   「SはOに強いてさせる」 【能動態】
   →  S´→ P´
 S be forced to V 「Sは〜するように強いられる」 【受動態】
 S´       → P´
 (注)受動態は能動態の文のO(目的語)をS(主語)にした文!


  【語法】S be forced to V
  @「Sは強制されて〜する」
   用例 He was forced to confess.
      彼は無理やり自白させられた
  A「Sは〜せざるを得ない」
   用例 I was forced to accept his offer.
      私は彼の申し出を受け入れざるをえなかった
  ※ この英文はA!
 


C You could say that  →レポート文  
         → 
 あなた 〜ありうる 言う   
 「人々一般」

 
 【読解鉄則】 婉曲表現(筆者の断定を避ける表現)
 S could V(動詞の原形)… 「Sは〜の可能性がある」
 (注)「過去」のことを推量しているのではありません!
 (参考)助動詞 can(現在形)より could(過去形)を使うことで
     現実との「距離感」を示しています!
 


 in a certain situation
 M(文頭副詞) 
 ある状況   

         truth  
         本当のこと
         (=真実性)
 we create    and    .
         untruth
 私たち 生み出す 事実に反すること
         (=虚偽)


 [関連記事]

 【ブログ】ついてるレオさん"ハッピー日記"鉛筆.gif
 最強の英単語&熟語集! (10 18 2014)
 

 【初級編】 英語上達のヒント!
 
 英語上達のヒント! (1) ( 6 5 2014)
 英語上達のヒント! (2) ハインリッヒ・シュリーマンのお話 ( 6 6 2014)
 英語上達のヒント! (3) ( 6 7 2014)
 英語上達のヒント! (4) 「内在化」のお話 ( 6 10 2014)
 英語上達のヒント! (5) 「知的記憶」と「運動記憶」のお話  ( 6 11 2014)
 英語上達のヒント! (6) 「日本語脳」と「英語脳」のお話   ( 6 12 2014)
 英語上達のヒント! (7) 英語はそのままの英語で理解する ( 6 14 2014)
 英語上達のヒント! (8) 「英語脳」をつくる方法        ( 6 18 2014)
 英語上達のヒント! (9) 「英語脳」をつくる方法 洋書編   ( 6 17 2014)
 英語上達のヒント! (10) 英語発音トレーニング(1)     ( 6 23 2014)
 英語上達のヒント! (11) 英語発音トレーニング(2)     ( 6 24 2014)
 英語上達のヒント! (12) 英語発音トレーニング(3)     ( 6 25 2014)
 英語上達のヒント! (13) 英語発音トレーニング Advanced(1) ( 6 26 2014)
 英語上達のヒント! (14) 英語発音トレーニング Advanced(2) ( 6 28 2014)
 英語上達のヒント! (15) 英語で歌おう! ( 6 30 2014)
 
  
 【中級編】

 英語上達のヒント!(16) 【中級編】 英語で考える 英語で話す(1) (10 8 2015)
 英語上達のヒント!(17) 【中級編】 英語で考える 英語で話す(2) (10 9 2015)
 英語上達のヒント!(18) 【中級編】 英語で考える 英語で話す(3) (10 10 2015)
 英語上達のヒント!(19) 【中級編】 英語で考える 英語で話す(4) (10 14 2015)
 
 速読速解のコツ! 前編 (10 15 2015) 
 速読速解のコツ! 中編 (10 16 2015) 
 速読速解のコツ! 後編 (10 17 2015) 

 いかに速く読んで速く理解できるか?  

 もし興味があれば寄ってください (^.^)

 



posted by ついてるレオ at 14:34| Comment(0) | SKILLFUL English Communication V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。