2017年04月27日

Lesson 3 Australia and its Creatures (3)

Lesson 3 Australia and its Creatures (3)

【5】
@ Have you ever wondered why kangaroos,    →レポート文
              →
   あなた 〜かしらと思う なぜ カンガルー


 【読解鉄則】 配置転換ルール 【疑問文】
 話者の「感情・意図」がある


 【読解鉄則】 レポート文 
 筆者の思考、発言の内容をthat節・wh節・if節(=名詞節)などで表現する文!
 (参考)「節」とは大きな文の一部として使われる「文」のこと。
 


alone among the world’s large mammals,
〜だけ 〜の中で 世界の大きな哺乳動物 

hop ■?
ぴょんぴょん跳ぶ
   (注)■ もともと副詞があった場所!

新情報(New)  


 【読解鉄則】 英語の構文理解 2つの大原則
 @ 文法構造(Grammatical Structure)から理解する! 
 A 情報構造(Information Structure)から理解する!
  (参考) 英文を読むときだけでなく、聞いたり、書いたり、
       話したりする際に重要な役割を担っています!


 【読解鉄則】 Information Structure(情報構造)
 英文は旧情報(Given) から新情報(New)へと展開する!

  
 【読解鉄則】 end focus
 新情報(New)は文の後ろに置かれる!
  
  
kangaroo.jpg

A It turns out that
 (結果的に)〜であるとわかる

hopping is the most efficient way of getting around at medium speeds.
                   【同格のof】
ぴょんぴょん跳ぶこと 最も効率がいい方法  あちこち移動する  中位の速度

B The energy of the bounce is stored in the tendons of the legs,    
    エネルギー 跳ね返り  蓄えられる   腱   足

  and

the intestines bounce up and down like a piston,
    腸  跳ね上がる 上下に 〜のように ピストン

emptying
空にする
 and   the lungs .
filling  (注)共通のO
満たす    肺 


 【読解鉄則】 extra information(=追加、補足情報) 
 SV…, Ving…(付帯状況の分詞構文) 
 文が終わる ⇒ Ving…「〜して、〜しながら」 
 (注) SV…(主文)の追加及び補足説明をあらわす!  
     VingのS´(意味上の主語)は、必ず主文のSと一致する!



without needing to activate the chest muscles
 〜なしに 必要とする  活動的にする  胸の筋肉


C When you travel long distances to find a little feed,         
M(文頭副詞)      (注)副詞的目的格
 〜とき あなた 移動する 長い距離 〜ために 見つける 小さな餌(えさ)

such efficiency is a must.
そのような効率性  絶対必要なもの

D Have you also wondered why koalas sleep for a long time ■?
             →
 あなた 〜かしらと思う なぜ  コアラ 眠る  〜の間 長い時間
                              (注)■ もともと副詞があった場所!
                      
                            →レポート文
 
 【読解鉄則】 追加表現 also「〜も」
 「何(誰)にたいして〜も」なのか? を押さえる!
 

 【読解鉄則】 配置転換ルール 【疑問文】
 話者の「感情・意図」がある


 【読解鉄則】 レポート文 
 筆者の思考、発言の内容をthat節・wh節・if節(=名詞節)などで表現する文!
 (参考)「節」とは大きな文の一部として使われる「文」のこと。
 


koala.jpg


E This is basically for economical reasons.
 このこと 基本的に 〜に対して  節約的な理由

F With their eyes shut for about 16 to 20 hours a day,
 M(文頭副詞) O   → P´
       目  閉じて  〜の間 およそ16〜20時間 〜につき 1日


 【読解鉄則】 with+ P´ 
 付帯状況分詞構文
 @ with O + Ving…「〜して、〜しながら」 
 A with O + Vp.p.…「〜されて」

 O(前置詞の目的語)→ P´ に必ず
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 ※ この英文はAのパターン!



they can save energy
       →
彼ら 〜できる 節約する エネルギー
(=koalas)

as sleep requires very little energy.
〜ので 眠ること 必要とする とても小さいエネルギー
(=眠ることはほんの少しのエネルギーしか必要としないので) 

【6】
@ If you are visiting Australia for a short time,
M(文頭副詞)
 もし〜なら あなた 訪れることになる オーストラリア 〜の間 短い時間
     (注)be+Ving 進行形 未来表現!

you might need to go out of your way
       →
あなた 〜かもしれない 必要とする わざわざ〜する


 【読解鉄則】 婉曲表現(筆者の断定を避ける表現)
 S might V(動詞の原形)… 「Sは〜かもしれない」
 (注)「過去」のことを推量しているのではありません!
 (参考)助動詞 may(現在形)より might(過去形)を使うことで
     現実との「距離感」を示しています!



to experience some of the richness of the environment.
   経験する いくつか    豊かさ      環境 

A Places like Sydney have preserved
                   →
 場所  〜のような シドニー 保存している 

extraordinary fragments of their original environment
  風変わりな  かけら       本来の環境 

that ● are relatively easy to access.
       比較的   簡単な  近づく
   (注) ● 名詞の欠落!

B It is worthwhile
 仮S 価値のある


 【読解鉄則】 end weight
 長い主語[S]は、it [仮S=仮主語(形式主語)] に置き換えて、
 文の後に置く[真S=真の主語]!
 


understanding the basics
真S 理解する   基礎 

about how nature operates ■ in Australia.
〜について どのようにして 自然 作用する  オーストラリア
               (注)■ もともと副詞があった場所!

C This is important
 このこと  重要な 
 (=前文の内容)


because there’s nowhere like Australia.
なぜなら ある どこにも〜ない 〜のような オーストラリア
     (=オーストラリアのような場所はどこにもない)

D                     origins
                      起源
Once you get to know about its   and      ,
M(文頭副詞)               natural rhythms
いったん〜 なる 知る 〜について その 自然のリズム
(=いったん〜について知るようになる)

you will appreciate the place so much more.
        →
あなた 〜だろう 真価を認める その場所 より ずっと


 【読解鉄則】 S will V(動詞の原形)…
 @「Sは(きっと)〜する」 [意志]
 A「Sは(きっと)〜だろう」[推測](「現在」から「未来」を推量)
 この英文はAのケース!



posted by ついてるレオ at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック