2017年04月27日

Lesson 3 Australia and its Creatures (2)

Lesson 3 Australia and its Creatures (2)

【3】
@ There are two important factors
 M(誘導副詞) 2つの重要な要因

               S[原因]

that ● contributed to make Australia’s animals unique.
                            S´  → P´ 
    一因となった  する オーストラリアの動物  独特の 
※ 先行詞は、two important factors 
 
              O[結果]


 【読解鉄則】  
  contribute to O  
 S[原因]    ⇒ O[結果]
 「がOに貢献する、〔…の〕一因[原因]となる」 【因果関係】!
 (注)この英文では Oが節になっています
 

 【読解鉄則】 SVO
 第5文型 SVO は、
 O(目的語)と に必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 S make O C [形容詞]「SはOをC(状態)にする」
    → S´→ P´
 (参考)make 『作為動詞』!
  


A One is Australia’s soil,
 ひとつ   オーストラリアの土

which ● is fundamental in shaping life on any continent.
        重要な     形成する 命  いかなる大陸
(注) ● 名詞の欠落!

B As new soils have not been created there,
M(文頭副詞) 
 〜ので 新しい土 生み出されていない そこ   

                  old
                  古い
Australia has become an  and    land.
           →     infertile
 オーストラリア なった   不毛の  土地  

C The other is Australia’s climate.
  他のもの    オーストラリアの気候   

D El Nino                      flood
 エルニーニョ                   洪水
  and    bring  Australia  a cycle of  and   .
 La Nina    →                 drought
 ラニーニャ もたらす オーストラリア  周期   干ばつ

E For example,
 M(文頭副詞)
 たとえば   

a river that ● is kilometers wide one year
 川       数キロ 幅のある  ある年

may be extremely small the next year,   
〜かもしれない なる 極端に 小さい  次の年  

even to the extent that
〜さえ     程度  

you may be able to step over it.
あなた 〜かもしれない 〜できる またぐ
                (=a river)

【4】
@ Australia’s severe conditions have brought about
                           →
 オーストラリアの厳しい状況       もたらした 
    S[原因]

some extraordinary habits in some species.
 いくつかの異常な習性     一部の種
   O[結果]

 
 【読解鉄則】  
     bring about O「がOを引き起こす」
 S[原因]  ⇒    O[結果] 【因果関係】!



A Their lifestyles are beautifully adjusted to them.
                             
   かれらのライフスタイル 見事に 合わせられている 〜に それら
                            (=some extraordinary habits)


 【読解鉄則】 分離動詞句の受動態
 S adjust A to   「SはAをと関係させる」【能動態】
    →    到達 
  Sが力をAに及ぼしてBに到達するイメージ!

 A be adjusted to  「Aはと関係している」【受動態】
 (注)受動態は能動態の文のO(目的語)をS(主語)にした文!



B As we know,
M(文頭副詞)
 ご存じの通り  

                        kangaroo
                        カンガルー
Australia is famous as the home of   and      .
                        other marsupials
オーストラリア 有名な 〜として 故郷   他の有袋類

C If you visit a wildlife park,
M(文頭副詞)
 もし あなた 訪問する 野生生物パーク

you will find them active at night.
      →  S´  → P´ 
あなた 〜だろう 気づく 彼ら 活動的な 夜
       (=kangaroo and other marsupials)


 【読解鉄則】 SVO
 第5文型 SVO は、
 O(目的語)と に必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 S find O C[形容詞] 「SはOがC(状態)であると気づく」
    → S´→ P´
 (参考)find 『知覚(=認識)動詞』!
 


D They are active
 彼ら    活動的な 
 (=kangaroo and other marsupials)  

    the air is cooler
     空気    涼しい 
when   and               .
     their movement consumes less energy   
〜とき  動作  消費する より少ないエネルギー
     (=動作がエネルギーをあまり消費しない) 

 
 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています



E In fact,
M(文頭副詞)
 実のところ 

marsupials are so economical with body energy   that
有袋類   そんなに 節約して からだのエネルギー (どんなに)

they need to eat one fifth less food
    →
彼ら 必要とする 食べる 5分の1 より少ない食べ物 

than any other mammal of similar size.
〜より 他の哺乳動物 同じ大きさ
(=marsupials)

(=他の同じ大きさの哺乳動物より食べ物を5分の1の量を食べるだけでいい)

  
  【読解鉄則】
  so [such] 〜      that -
  そんなに〜       どんなに-
  核心的内容   ⇒ 具体的説明 
  「情報予告」      「情報展開」


posted by ついてるレオ at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック