2017年04月17日

Lesson 3 Saint Bernard Dogs Part 2

Lesson 3 Saint Bernard Dogs Part 2

【1】
@ Among the dogs of the hospice,
 M(文頭副詞)
 〜の中で    犬  その修道院

one (dog) stands out from the rest.
   省略
一匹(の犬) 際立つ 〜から 残り 

A His name was‘Barry.’
 彼の名前 だった 「バリー」

Saint Bernard Barry.jpg

B He saved 41 lives deep in the snowy Alps.
     →
 彼 救った 41人の命 深く 雪の多いアルプス  
(=Barry) 

C His most famous rescue was that of a young boy.
                    代名詞
  彼の最も有名な救助      もの   若い少年 
                    (=rescue)


 【読解鉄則】 代名詞・指示語
 代名詞(it, they, them, one(s),など)は「何を受ける」!
 指示語(this, these, that, those, both, such など)は「何を指す」! 
 必ず文中の英語でチェックする!



D When he found the boy asleep in a cave,
 M(文頭副詞)
 〜とき 彼 見つけた その少年 眠って  洞窟 
(=Barry) 

  licked the boy’s face to wake him up
   →
  舐めて その少年の顔 〜ために 目覚めさせる 彼
                     (=the boy)
he  and
  carried the boy on his back to the hospice.
   →
彼  運んだ その少年   背中  〜へ  その修道院
(=Barry) 


 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています



E Barry was a very gentle dog,
  バリー だった とても優しい犬 

 so だから

      trusted Barry very much
        →
      信頼して バリー とても
the boy   and
      did not feel any fear
            →
その少年  〜なかった 感じる いかなる恐怖
     (=全く恐怖を感じなかった) 

while he was clinging to his back.
〜の間 彼 しがみついている 〜へ 背中
   (=the boy)

【2】
@ A Swiss animal psychologist once said,
                       →
   スイスの動物心理学者  かつて 言った

Never have we seen such a great dog as Barry.
  M   v  S   V
「一度も 私たち 見たことがない そのようなすばらしい犬 〜のような バリー」


 【読解鉄則】 配置転換ルール 【倒置文】
 話者の「感情・意図」がある
 


A      leave the hospice
         →
        去る 修道院
He used to  and            .
        go out into the snowstorms
彼 以前に〜した 出かける 〜の中へ 雪嵐  来る
(=Barry)


 【読解鉄則】 S used to V(動詞の原形)… 
 「Sは〜したものだった、〜だった」 過去の「動作・状態」をあらわす!
 (注) 必ず「現在」との対比をあらわす!
 (参考) Vは「動作動詞」「状態動詞」どちらもOK!



B Day after day
M(文頭副詞)
 来る日も来る日も

he would search the mountain
       →       
彼 〜したものだった 探す  山 
(=Barry) 

for unfortunate people buried under avalanches.
             
〜を求めて 不運な人々  埋まった 〜の下に 雪崩


 【読解鉄則】 S would V(動詞の原形)… 
 「Sはよく〜したものだった」 過去の習慣をあらわす!
 (注) Vは「動作動詞」のみ!


 【読解鉄則】 分離動詞句 他動詞 A+前置詞+
 S search A<場所> for B<モノ・コト・人> 「SはBを求めてAを探す」
     →   方向 
  Sが力をAに及ぼしてBの方へ向かうイメージ!



C   dug them out
    →
    掘って 彼ら 
       (=unfortunate people) 
He   and                     .
   brought them back to life by himself
彼  連れ戻した 彼ら 〜へ 命  自分で
  (=彼らを生き返らせた)
(=Barry)    (=unfortunate people)

D When he couldn’t (dig them out),
 M(文頭副詞)        省略
〜とき 彼 〜できなかった 
(=Barry) 

he rushed back to the hospice for help.”
彼 急いでもどった 〜へ 修道院 〜を求めて 助け」
(=Barry) 

【3】
@ Barry symbolizes the great reputation of Saint Bernard dogs
         →
 バリー  象徴する  すばらしい評判  セントバーナード犬

in Switzerland.
   スイス

A They are often seen as heroes
  S´                 → P´
 彼ら しばしば 見なされている 〜として 英雄
(=Saint Bernard dogs) 

by the Swiss people.
〜によって スイス人


 【読解鉄則】 SVOCの受動態
 第5文型 SVOは、O(目的語)とC(補語)に必ず
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある! 
 S see A as B  「SはAを とみなす」 【能動態】 
   → S´→ P´
 A be seen as B 「Aはとみなされる」 【受動態】
 S´      → P´
 (注)受動態は能動態の文のO(目的語)をS(主語)にした文!



posted by ついてるレオ at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449088465
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック