2017年04月10日

Lesson 1 What’s in a Name? Part 1

LANDMARK English Communication U
Lesson 1 What’s in a Name?
       名前に何があるのか? 

Part 1

【1】
 This is a short essay about names
  これ     短い評論  〜について 名前

written by an American teacher of English in Japan.
書かれた 〜によって アメリカ人の教師  英語   日本

@ The other day,
 M(文頭副詞) 先日
 
when I asked my students to explain their first names in English
M(文頭副詞)       S´     → P´ 
〜とき 私 頼んだ  生徒  説明する ファーストネーム  英語

 in the class,
     授業


 【読解鉄則】SVO to V [行動促進型]
 第5文型 SVO to V は、O(目的語)と to V に必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 S ask O to V 「SはOに〜することを頼む」
   → S´→ P



some of them said that   →レポート文
          → 
何人   彼ら 言った
   (=my students)


 【読解鉄則】 代名詞・指示語
 代名詞(it, they, them, one(s) など)は「何を受ける」!
 指示語(this, these, that, those, both, such など)は「何を指す」! 
 必ず文中の英語でチェックする!


 【読解鉄則】 レポート文 
 筆者の思考、発言の内容をthat節・wh節・if節(=名詞節)などで表現する文!
 (参考)「節」とは大きな文の一部として使われる「文」のこと。



        had no meaning,
        ある ひとつの〜もない 意味
        (=意味はまったくない)
their names   but        .
        just had good sounds
自分たちの名前 ただ〜 ある 良い音
        (=ただ良い音があるだけ)


【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています



A This surprised me
      →
 このこと 驚かせた  私
 (=前文の内容)
 

 【読解鉄則】 代名詞・指示語
 代名詞(it, they, them, one(s) など)は「何を受ける」!
 指示語(this, these, that, those, both, such など)は「何を指す」! 
 必ず文中の英語でチェックする!



because I often hear Japanese people have meanings in their names.  
                      S´   → P´
 なぜなら 私 よく 聞いた  日本人 もつ 意味    自分たちの名前


 【読解鉄則】 SVO
 第5文型 SVOは、O(目的語)とC(補語)に必ず
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 S hear O V(原形不定詞)…「SはOが〜するのを聞く」
   →  S´→ P´ 
 (注) V(=述語動詞)は「知覚動詞」「使役動詞」がよくくる!



B Some students,
  一部の生徒

 though,
 挿入
 けれども


 【読解鉄則】 , 挿入 ,  (コンマによる挿入)
 用法は、接続副詞挿入句・節を入れる!



explained interesting stories about their names.
   →
 説明した  興味深い話 〜について 名前

C For example,
 M(文頭副詞) たとえば

a student whose name is Sho (翔) said to me,
                       →
 生徒     名前  Sho (翔)    言った   私

“My name means (that)  →レポート文        
             省略 
 「私の名前 意味する 

I will prosper,
私 〜だろう 繁栄する

soaring on wings,  
舞い上がりながら 翼で


 【読解鉄則】 S will V(動詞の原形)…
  @「Sは(きっと)〜する」 [意志]
  A「Sは(きっと)〜だろう」[推測](「現在」から「未来」を推量)
   この英文はAのケース!


 【読解鉄則】 extra information(=追加、補足情報) 
 SV…, Ving…(付帯状況の分詞構文) 
 文が終わる ⇒ Ving…「〜して、〜しながら」 
 (注) SV…(主文)の追加及び補足説明をあらわす!  
     VingのS´(意味上の主語)は、必ず主文のSと一致する!



because Chinese character of Sho has that meaning.”
なぜなら     漢字      Sho  ある  その意味」

D Another student whose name is Urara (うらら) said to the class that
                                 →
  もう一人の生徒    名前    Urara (うらら)  言った  クラスの生徒たち

                                 →レポート文

her name comes from the Japanese word urara
                            同格
自分の名前 くる  〜から   日本語  「うらら」 

meaning “bright and gentle like spring sunlight.”
意味する  「晴れやかで温和な  〜のように 春の日光」


 【読解鉄則】 斜字体(italics) 
 主な用法は 
 @語句の強調 A新聞・雑誌名、書名、船名、歌名など B外国語をとりあげる
 ここではB 外国語をとりあげる です!


 【読解鉄則】 同格 
 名詞(相当語句)に、他の名詞(相当語句)を並べて説明するとき、
 この2つの名詞は互いに同格(Apposition)の関係であるといいます!
 名詞, 名詞  (注) 間に,(コンマ)を入れることが多い!
 (注)後ろは『説明』!



E For Westerners,
 M(文頭副詞) 
 〜にとって 西洋人

this meaning of aspect of Japanese names can be fascinating,
 この意味    側面    日本語の名前  〜ありうる 魅惑的な

                      a meaning
                       意味
as it is a unique way to express   or     in a name.
                      an image   (注)共通のM!    
  仮S           真S
〜ので  独特な方法  表現する  イメージ   名前


 【読解鉄則】 end weight
 長い主語[S]は、it [仮S=仮主語(形式主語)] に置き換えて、
 文の後に置く[真S=真の主語]!


 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, but, orなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています


posted by ついてるレオ at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDMARK English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック