2016年03月17日

Lesson 17 Natures Loves Mathematics 【4】

Lesson 17 Natures Loves Mathematics 【4】

【4】
@ A typical case occurs for an angle of 135°,
 典型的な場合  起こる  〜に対して 角度  135度

which ● is three eights of a full circle.
          3/8      一周 
(注) ● 名詞の欠落!

A If we say that the first leaf is at angle 0°,  
M(文頭副詞) もし 私たち 言う 最初の葉  0度 

then

the second (leaf) will be at 135°,
   2番め 省略 〜だろう 135度

the third (leaf will be) at 270°,
   3番め 省略     270度

   and            .

  so on
  など


 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, butなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は、『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています
 

 【読解鉄則】 A and B 同形反復におけるB内の語(句)の省略 
 AとBの形が違う ⇒ Bに省略が起こっている! 
 必ずBの省略語(句)を補う!



B The angles of successive leaves are the integer multiples of 135°.
    角度     連続する葉           整数の倍数 135度

B Subtracting 360°whenever the numbers become larger than a full turn,
M(文頭副詞)
 引く 360度     いつでも   数     なる  大きい 〜より フルターン 

we obtain the following sequence of angles,
    →
私たち 得る    次の数列 角度

with the corresponding fractions of a full circle listed underneath:
          対応する分数      一周   表にされて 下に
                O                   → P´(意味上の主語→述語)

 0° 135° 270° 45° 180° 315° 90° 225° 0°
 0  3/8  6/8  1/8  4/8  7/8  2/8  5/8  0


 【読解鉄則】 with+ P´「―が 〜して・〜しながら」 
 付帯状況分詞構文 
 O(前置詞の目的語)→ P´ に必ず
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!


posted by ついてるレオ at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Perspective English Communication V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435042190
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック