2016年03月16日

Lesson 16 Beauty, Biology and Machines (4)

Lesson 16 Beauty, Biology and Machines (4)

【5】
@ Apple has cleverly controlled the power
                 →
  アップル  利口に  操作してきた  力

 of an even more sophisticated kind of biology:
   はるかに洗練された種類の生物学

         A『抽象』  

 【読解鉄則】 A:(コロン) 
 A(核心的な内容)⇒B(具体的な内容) 
 コロンの後ろに続く節は、@説明 Aリストの列記 B引用(=直接話法)
 ここでは@説明の用法です!
 『抽象』から『具体』の流れをつかもう!



the products don’t just perform,
 その製品   〜ない ただ 演じる

  (but)
  省略

they actually exhibit behavior.
         →
それら 実際に  示す  行為
(=the products)

  B『具体』

 (注)英文は、原則、コンマ(,)で文と文[節と節]を結びつけることはできない!


A   think about your music collection
     考える 〜について 音楽クレクション
They   and                   ;
それら organize it as nicely
      →
     まとめる それ 〜同じように すてきに  
        (=music collection)

    as you would (do) if you had the time
             省略
              代動詞 (=organize it)
  〜のように あなた〜だろう もし あなた ある 時間  
  (=もしあなたに時間があればするように)

 (参考) 実際は、あなたは時間がないからしないだろう


 【読解鉄則】比較構文 A be asas B.  
  Aは (同じように) 〜 のように B ※ 比喩表現(直喩)!
  比較対象(Aと
  A: They organize it(=music collection)
  B: you would (do) if you had the time
 (参考) 比較対象 Aとは『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!


 【読解鉄則】従属節内 
 従属接続詞(as, than)が導く従属節内では
  @ 省略 [語(語句)を省く]  
  A 代用 [代名詞、代動詞に置き換える]
  B 倒置 [VSに語順をかえる] がおこるときがある!
  ※ この英文は@ 省略!


 【読解鉄則】 仮定法=事実に反することを述べる法!(=反実仮想)
  条件節(=if節内)は、過去形!(「現在の事を述べる場合)
  帰結節(=主節)は、S+助動詞の過去形+V(動詞の原形)…
  (参考)この場合「過去形」は現実との「距離感」を示します!


                    your mom
                    あなたの母
they’ve taken over ● from    or
       →            your big sister
それら  引き継いだ  〜から あなたの姉
          (注)● 句動詞【他動詞】なのにOがない?


 who ● faithfully kept the family photos albums,
     忠実に 取っておいた 家族の写真アルバム
  (注) ● 名詞の欠落!

 caring for your pictures
 O1 手入れをする あなたの写真

  and

 putting them safely away
 O2 置く それら 安全に 離れて
     (=your pictures)
 (=それらを安全にしまい込む)
                          by date,
                          by place,
    where you can always find them   (and)
                           省略 
                          by face
    ところ あなた 〜できる いつも 
              見つける それら 〜で  日付、場所、顔
                (=your pictures)

B And そして
                  iPhone
 with  the arrival of the  and ,
M(文頭副詞)   【主格のof】   iPad
【名詞構文】      P´        ← S´
          到着    iPhone(アイフォーン)とiPad(アイパッド)
(=iPhone(アイフォーン)とiPad(アイパッド)がやってきて)
  
(参考) The iPhone and iPad arrive. の変形


the final human-machine barrier
   最後の 人間と機械の障害

― realizing the intimacy of touch ―
  挿入  気づくこと  親密さ  触れること 

 
 【読解鉄則】  挿入― (―(ダッシュ)による挿入)
 用法は、挿入句・節を入れる!
 ここでは 前のthe final human-machine barrierを具体的に説明している!  
 (参考)コンマ(,)や括弧(  )よりも「強調」や「思考の分断」を表現する!
 


has been hurdled.
    克服された

アイフォーン.png

C There is no mouse;
 M(誘導副詞) まったく〜ない マウス

there is no keyboard.
 M(誘導副詞) まったく〜ない キーボード

D Your hands are always all over your iPad:
 あなたの両手  いつも すっかり 
              〜の上に あなたのiPad(アイパッド)

                    A『抽象』

アイパッド.jpg

you take it to bed with you
    →
あなた 連れて行く それ 〜へ ベッド 一緒に
    (=iPad)

      read
      読む
      or
      write
      書く
as you   or                      .
〜とき   engage in the very personal business of sending emails 
 あなた 従事する まさに私的な用事 送ること eメール

 B『具体』


 【読解鉄則】 A:(コロン) 
 A(核心的な内容)⇒B(具体的な内容) 
 コロンの後ろに続く節は、@説明 Aリストの列記 B引用(=直接話法)
 ここでは@説明の用法です!
 『抽象』から『具体』の流れをつかもう!



posted by ついてるレオ at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Perspective English Communication V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434993875
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック