2016年02月24日

Lesson 15 The Optimism Bias (2)

Lesson 15 The Optimism Bias (2)

【3】
@ You might expect optimism to erode
          →     S´      → P´        
 あなた(=人々一般)        [−]
     〜かもしれない 予期する 楽観主義 むしばまれる

in the face of news
〜に直面して ニュース

     violent conflicts,
     武力衝突
     high unemployment,
     高い失業率
     tornados and floods,
     トルネードや洪水
about   and
〜について
          threats
          脅威
    all the  and   that ● shape human life.
          failures   (注)共通のM!
    すべての  失敗      形作る 人間生活
                 (注) ● 名詞の欠落!


A Collectively,
  M(文頭副詞) まとめると

 we can grow pessimistic ―
           [−]
 私たち 〜ありうる なる 悲観的な


 【読解鉄則】 A(ダッシュ)― B
 A(核心的内容)―B(具体的な内容) 
 意外性や期待感を持たせた情報を追加する場合 
 用例 The sun is shining ― Welcome to a land of wonders.
   「太陽は輝いている ― 不思議な国へようこそ」
 (参考)「わくわくした感じを出したい」
     「ちょっと飛んだ内容を追加したい」といったとき!


     the direction of our country
        動向    私たちの国
about    or
〜について                  improve education
                        向上させる 教育
                        →P1´
     the ability of our leaders to   and         .
                        reduce crime
                S´        →P2´
        能力  私たちの指導者  減らす 犯罪

B But しかし

 private optimism,
 私的な楽観主義

 about our personal future,
 挿入
 〜について 私たちの個人的な未来


 【読解鉄則】 , 挿入 ,  (コンマによる挿入)
  用法は、接続副詞挿入句・節を入れる!



remains very strong.
〜のままである とても強い

C A survey conducted in 2007 found that  →レポート文 
                      →
   調査  行われた 2007年 発見した

 while 70% of respondents thought (that) →レポート文            
                        省略
 一方  70% 回答者      思った 

 families in general were less successful
  家族   一般      より少なく 栄えて
                (=栄えない)
 than (families) in their parents’ day,
 〜より  省略   彼ら自身の親の時代


 【読解鉄則】 一目でわかる比較表現

                比較結果
  families in general    <    (families) in their parents’ day
              successful       
    比較対象     比較基準      比較対象

 

 76% (of respondents) were optimistic.
 76%   省略         楽観的な 
       
 about the future of their own family.
 〜について 未来   彼ら自身の家族


 【読解鉄則】 対比表現
   While B(=S2V2) , A(=S1V1) 「S2V2である 一方 S1V1」
  B: 70% of respondents thought…
  A: 76% (of respondents) were optimistic…
  ※ whileは従属接続詞ですが、等位接続詞のようにとらえる!
  (注) S2V2とS1V1は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
  (参考) この英文は「同形反復」の例外です!



【4】
@ Very positive assumptions can lead to
 とても肯定的な思い込み 〜ありうる つながる 〜へ 
 S[原因]        

 disastrous miscalculations:
 悲惨な見込み違い
 O[結果]

 A『抽象』


 【読解鉄則】  
       lead to O「がOにつながる」
 S[原因]  ⇒   O[結果] 論理=【因果関係】!


 【読解鉄則】 A:(コロン) 
 A(核心的な内容)⇒B(具体的な内容) 
 コロンの後ろに続く節は、@説明 Aリストの列記 B引用(=直接話法)
 ここでは@説明の用法です!
 『抽象』から『具体』の流れをつかもう!



they can make us
       →  S´
それら 〜ありうる する 私たち
(=very positive assumptions)

          get health checkups,
          受ける 健康診断    
          apply sunscreen
          塗る 日焼け止め    
less likely to    or
    →P1´   open a savings account,
より少なく     開く 普通預金口座
  〜しそうである 
(=〜しそうにない)

  and

more likely to bet the farm on a bad investment.
より〜しそうである  全財産を賭ける 悪い投資
→P2´      (=イディオム)
 B『具体』

A But しかし
                 protects
                  →
                 守る
the (optimism) bias also   and   us:
    省略           inspires (注)共通のO
                   →
そのバイアス     〜も  鼓舞する 私たち 

 A『抽象』

 【読解鉄則】 追加表現 also「〜も」
 「何(誰)にたいして〜も」なのか? を押さえる!


 【読解鉄則】 A:(コロン) 
 A(核心的な内容)⇒B(具体的な内容) 
 コロンの後ろに続く節は、@説明 Aリストの列記 B引用(=直接話法)
 ここでは@説明の用法です!
 『抽象』から『具体』の流れをつかもう!



it keeps us moving forward
   →  S´→ P´   
それ ままにする 私たち 動く 前方へ 
(=the bias)      

rather than giving up.
むしろ 〜より   
        あきらめる
         
 B『具体』

 
 【読解鉄則】 A rather than   
 「A むしろ 〜より 
 A: moving forward
 B: giving up
 (注) 比較構文は『共通点・類似点』を押さえる!(原則)
     対比表現は『差異』を押さえる!

 (参考) Aとは『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!



B Without optimism,
 M(文頭副詞) 
 もし楽観主義がなかったら 
 
our ancestors might never have ventured far from their groups
私たちの先祖 〜かもしれない
             けっして 思い切って進む 遠く 〜から 彼らの集団 


 【読解鉄則】 条件節(=if節)のない仮定法!(=反実仮想)
 S might have Vp.p.…(「現在」から「過去」を推量)
 「Sは〜したかもしれないだろう」(=実際はSは〜しなかった)
 (注) 条件は Without optimismにある! 
  (参考)この場合「助動詞の過去形」は現実との「距離感」を示します!



 and

we might all be cave dwellers,
      同格
私たち 〜かもしれない すべて 穴居(けっきょ)人             

still (being) gathered together
    省略
 今でも    集まって  一緒に 
  and
         light
dreaming of  and  .
         heat
夢見ている  光と熱 


 【読解鉄則】 extra information(=追加、補足情報) 
 SV…, Ving…(付帯状況の分詞構文) 
 文が終わる ⇒ Ving…「〜して、〜しながら」 
 (注) SV…(主文)の追加及び補足説明をあらわす!  
     VingのS´(意味上の主語)は、必ず主文のSと一致する!


 【読解鉄則】  文頭の Being (or Having been)の省略  
 分詞構文 M(文頭副詞)  
 文頭の Being (or Having been)は、よく省略される!

posted by ついてるレオ at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Perspective English Communication V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック