2016年02月24日

Lesson 15 The Optimism Bias (1)

Perspective English Communication V
Lesson 15 The Optimism Bias (1)
        楽観主義バイアス

『出典 Tali Sharot The Optimism Bias. Time May 28, 2011』

Time.jpg

英字新聞『Time』からの記事です

【1】
@ We like to think of ourselves as rational creatures.
     →          S´           → P´ 
 私たち 好む  考える   自分達自身   理性的な動物

 
 【読解鉄則】 SVOC
 第5文型 SVOは、O(目的語)とC(補語)に必ず
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある! 
 S think of A as B 「SはAを と考える」 
    →  S´→ P´


 【読解鉄則】 英文の展開 
 核心的内容   ⇒ 具体的説明 
 (メインアイデア)    (サポート)

 

A   watch our backs,
      →
    警戒する (=熟語)
    weigh the odds,
      →
    検討する 可能性
 We   and
    pack an umbrella.
     →
 私たち 詰める  傘


B But しかし

    neuroscience
both   and       suggest that  →レポート文
    social science    →
両方 神経科学と社会科学  示唆している


 【読解鉄則】 レポート文
 筆者の思考、発言の内容をthat節・wh節・if節(=名詞節)などで表現する文!
  (注) この英文は「S〈モノ・コト〉は〜を示している」
 (参考)「節」とは大きな文の一部として使われる「文」のこと。



 we are more optimistic
             
 私たち     楽観的な   

 than (we are) realistic.
      省略   
〜より      現実的な


 【読解鉄則】比較表現=対比表現 
  自者比較=「ある1人(1つのモノ)の状態を述べる表現」
  more A than  「A 〜より 
  A: optimistic
  B: realistic
  (注) Aとは『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
  (参考) 他者比較=「2つの人(2つのモノ)の中でより〜」


 【読解鉄則】従属節内 
 従属接続詞(as, than)が導く従属節内では
  @ 省略 [語(語句)を省く]  
  A 代用 [代名詞、代動詞に置き換える]
  B 倒置 [VSに語順をかえる] がおこるときがある!
  ※ この英文は@ 省略!


 【読解鉄則】 省略
 省略は、一度出てきた語(句)の反復を避けるために起こる
 省略が起こっている英文は、必ず省略語(句)を補って理解する!



 (参考) 人文科学(humanities)
       自然科学(natural science)
       社会科学(social science)


C On average,
 M(文頭副詞) 概して

we expect things to turn out better
   →     S´     → P´  [+]

私たち 期待する 
       事態 (結果的に)〜であるとわかる よりよい


 【読解鉄則】SVO to V [行動促進型] の受動態
 第5文型 SVO to V は、O(目的語)と to V に必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 S expect O to V   「SはOが〜することを予期する」  【能動態】
   →  S´→ P´


 (参考) things [名] [複数形で] 3つの意味
   @ 物事,事物.
     用例 the good things in life この世の良い物, 人生に幸福をもたらすもの.
   A 事態,成り行き.
     用例 as things are [stand] 現状では, 今のところ(では).
         as things go 今の状態では, 世の常として.
         How are things going? (ごきげん)いかがですか; (景気は)どうですか.
         Things have changed greatly. 事情[形勢]がずいぶん変わってきた.
         Things will come out right. 情勢は好転するだろう

   B [形容詞を後に従えて] 風物,文物.
     用例 things Japanese [foreign] 日本[外国]の風物.
   ※ この英文ではAの意味!


than they wind up being (things).
  (=things)          省略
〜より それら 結果となる    
   =事態が結局は事態となる
   =最後は事態は変わらない

 【語法】 wind up Ving 結局〈…する〉結果となる, 〈…する〉はめになる.
  用例 You'll wind up feeling disappointed. 最後は失望することになりますよ



D People hugely
  人々  大いに
                       breaking up,
                       ばらばらになる
                       losing their job
                       失う  自分達の仕事
underestimate their chances of    or            ;
    →             同格のof
 過小評価する 自分達の機会  being diagnosed with cancer
   [−]               診断される      がん

          chance [原義] (好ましい)偶然

 expect their children to be extraordinary gifted;
  →       S´                   → P´ 
 期待する 自分達の子ども 並外れて 才能がある

                               friends
 imagine themselves achieving more than their and ;
  →      S´  → P´               co-workers
 想像する 自分達自身 達成している 多くのこと 〜より 友人や同僚
  and
 overestimate their likely life span,
    →
 過大に評価する 自分達自身のありそうな寿命
   [+]
sometimes by 20 years or more.
  時々    20年やそれ以上


 【読解鉄則】 extra information(=追加、補足情報) 
 SV…, Ving…(付帯状況の分詞構文) 
 文が終わる ⇒ Ving…「〜して、〜しながら」 
 (注) SV…(主文)の追加及び補足説明をあらわす!  
     VingのS´(意味上の主語)は、必ず主文のSと一致する!



【2】
@ The belief
      S´
     信念 
                            past
 that the future will be better than the   and
 =同格名詞節                   present
     未来  〜だろう よりよい 〜より 過去や現在
 

 【読解鉄則】(抽象)名詞+that SV…
 that(接続詞)以下は同格名詞節!
 (抽象)名詞の内容を説明している! 
 (参考)「節」とは大きな文の一部として使われる「文」のこと!


 【読解鉄則】 比較構文 読解のポイント
 1 比較対象 比較対象は?    Aと 
 2 比較基準 何を基準にして?
 3 比較結果 その結果は?    A> or A<
 
 (注) 比較構文は、一種の対比表現です!
 
 【読解鉄則】 一目でわかる比較表現

          比較結果
  the future    >   the past and present
          good        
  比較対象  比較基準    比較対象
    


is known as the optimistic bias.
            →P´
知られている 〜として  楽観主義バイアス

 
 【読解鉄則】 SVOCの受動態
 第5文型 SVOは、O(目的語)とC(補語)に必ず
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある! 
 S know A as B   「SはAを と知る」【能動態】 
   → S´→ P´
 A be known as B 「Aはと知られている」【受動態】
 S´       → P´
 (注)受動態は能動態の文のO(目的語)をS(主語)にした文!



A             race,
              region
It is found in every   and          .
              socioeconomic group
それ 発見されている どの民族、地域、社会的経済的な集団 
(=the optimistic bias)

B Children playing when-I-grow-up are generally optimists,
  子ども   遊ぶ     大人ごっこ    概して  楽観主義者

 but しかし

so are grownups: (相づち文=倒置文)
     新情報(New)
C   V   S 
そう   大人

≒ grownups are so

 A『抽象』


 【読解鉄則】 end focus     
 新情報(New)は文の後ろに置かれる!


 【読解鉄則】 配置転換ルール 【倒置文】
 話者の「感情・意図」がある


 【読解鉄則】 A:(コロン)  
 (:)(コロン) 
 A → B 前文の「補足・説明・具体化」
 A『抽象』からB『具体』の流れをつかもう!



 a 2005 study found that →レポート文
           →
 2005年の研究  発見した 

 adults over 60 are just as likely
   
  大人 〜以上 60歳  
           ただ 〜同じように しそうである 

 to see the glass half full
         S´     → P´ 
 みなす コップ 半分いっぱいの

 as young adults (are likely)
     
 〜のように 若い大人   省略
.

 B『具体』


 【読解鉄則】比較構文 A be asas B.  
  Aは (同じように) 〜 のように B (参考) 比喩表現 simile 直喩、明喩
  比較対象(Aと
  A: adults over 60
  B: young adults
 (参考) 比較対象 Aとは『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!


Optimism Bias & Hope.jpg

posted by ついてるレオ at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Perspective English Communication V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック