2016年02月12日

Lesson 14 Feathers of Love (4)

Lesson 14 Feathers of Love (4)

【7】
@ There are more serious threats to the birds’ welfare.
 M(誘導副詞)       深刻な脅威  〜へ  鳥たちの繁栄

A Large farms use up thousands of acres of forest
           →
  大農場   使い尽くす  何千  エーカー 森

 where birds of paradise once lived ■,
      鳥  極楽  かつて 住んだ
      (=極楽鳥)        (注)■ 副詞の欠落! 

as does large-scale industrial logging.
  V                 S
 【代動詞】
〜のように  する 大規模の工業上の伐採
 (=use up)

 =as large-scale industrial logging does
                      
 (注)比喩表現 simile 直喩、明喩


 【読解鉄則】従属節内 
 従属接続詞(as, than)が導く従属節内では
 @ 省略 [語(語句)を省く]  
 A 代用 [代名詞、代動詞に置き換える]
 B 倒置 [VSに語順をかえる] がおこるときがある!
 ※ この英文はB 倒置!


 【読解鉄則】 配置転換ルール 【倒置文】
 話者の「感情・意図」がある
 ※ この英文ではバランス(SV… as VS =左右対称)を取るための倒置です!


 【読解鉄則】 代動詞
 代動詞(do, does, did, done)は必ず
 どのような動作・状態を指すのかを文中の英語でチェックする!



B   prospecting
     試掘
Oil   and   also present dangers to New Guinea’s forests.  
    mining       →
石油  鉱業  〜も 引き起こしている 危険 〜へ ニューギニアの森林


 【読解鉄則】 追加表現 also「〜も」
 「何(誰)にたいして〜も」なのか? を押さえる!



C Meanwhile,
 M(文頭副詞) そうしている間に 

 human populations continue to grow.
               →
  人間の人口数   続ける    増える 


【8】
@ However,
 M(文頭副詞) しかしながら

there may be some good news for the birds.
M(誘導副詞)
〜かもしれない   よい知らせ 〜に対する その鳥たち

A David Mitchell,   a conservationist,
                同格
  デイヴィッド・ミッチェル  保護主義者

is having local villages record
もっている   地元の村の記録

where the birds display ■.
     鳥たち  見せる  
             (注)■ 副詞の欠落! 

B      not only to gather data,
        〜だけでなく 集める データ

He hopes   but also
   →        〜も
        to encourage protection of the birds’ habitat.
彼 望む    奨励する    保護     鳥たちの生息地

C The strategy seems to be working.
   その戦術  思われる  機能している

D         cut down some trees
           切り倒す 一部の木
“I had come to   and         ,”
           plant yam vines
「私 来ていた 
      〜ために 植える ヤマノイモのつた 」

says Ambrose Joseph, a farmer.
 →          同格
言う アンブローズ・ヨーゼフ 農夫


 【読解鉄則】 S+had Vp.p.…(=動詞の過去分詞) 
 【過去完了形】のイメージ
 「Sは〜してしまった・〜していた」
 「(過去の前の動作、状態が) 過去に迫る!」
 (注) Vp.p.(過去分詞)には、「過去」の意味はない!
 
 (参考) Vp.p.=『受身・完了分詞』


E“Then
 M(文頭副詞) その時

 I saw the birds there,
 私 見た 鳥たち  そこに

  so それで

 I left the trees alone.”
         S´→ P´
 私 そのままにした その木々 
 

 【読解鉄則】 SVO
 第5文型 SVO は、
 O(目的語)と に必ず 
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 S leave O C [前置詞句]「SはOを〜のままにしておく」【放置】
   →   S´→ P´
  


F For millions of years
M(文頭副詞) 〜の間 何百万年  

these birds have danced
これらの鳥たち 踊ってきた 

to find their mates.
〜ために 
  見つける 自分たちのつがい


 【読解鉄則】 S +have (has) Vp.p.…(=動詞の過去分詞)
 【現在完了形】のイメージ:
 「Sは〜したところ、〜したことがある、ずっと〜である」
 「(過去の動作、状態が) 現在に迫る!」
 (注) Vp.p.(過去分詞)には、「過去」の意味はない!
 (参考) Vp.p.=『受身・完了分詞』
 


G They’ll keep dancing
 彼ら 〜だろう 続ける 踊る 
 (=these birds) 

for as long as the forest offers them a stage.
〜の間 〜する限り  森  提供する 彼ら 舞台
                     (=these birds)


 【読解鉄則】 S will V(動詞の原形)…
  @「Sは(きっと)〜する」 [意志]
  A「Sは(きっと)〜だろう」[推測](「現在」から「未来」を推量)
   この英文はAのケース!


posted by ついてるレオ at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Perspective English Communication V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433726103
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック