2015年06月01日

Lesson 6 Giving Hope to Kids in Palestine (3)

Lesson 6 Giving Hope to Kids in Palestine (3)

【6】
@ A Japanese representative delivered a special speech
                     →
     日本の代表者       行った   特別な演説 

 at the opening ceremony.
 〜で  開会式   

A Approximately 200 people from local communities attended,
   およそ   200名の人々 〜から 地元のコミュニティー  参加した 

 including about 50 children.
 含む およそ 50名の子ども 

B The excitement of the children
   興奮 その子どもたち  
     and                
 the local people’s gratitude     
   地元の人々の感謝             

 made it a memorable day.
  → S´        → P´
 した それ 印象的な日  
   (=the opening ceremony)


 【読解鉄則】 SVOC
 第5文型 SVOは、O(目的語)とC(補語)に必ず
 S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
 S make O C[名詞]  「SはOをにする」
    → S´→ P´

 基本動詞 make のイメージ「作りあげる」

 【読解鉄則】 代名詞・指示語
 代名詞(it, they, them, one(s) など)は「何を受ける」!
 指示語(this, these, that, thoseなど)は「何を指す」! 
 必ず文中の英語でチェックする!



C The organizers realized that    →レポート文
             → 
    主催者    わかった

 the support of the Japanese people is key
    援助     日本の人々       鍵 

 to the success of the center’s mission.
 〜へ   成功    センターの任務[=使命]  


 【読解鉄則】 レポート文 
 筆者の思考、発言の内容をthat節・wh節(=名詞節)などで表現する文!
 (参考)「節」とは大きな文の一部として使われる「文」のこと。



【7】
@ The launch of a new project in an unfamiliar place is
    立ち上げ   新しいプロジェクト  見知らぬ場所  

 always a challenge.
 いつも   挑戦 

A However,
 M(文頭副詞) 
 しかしながら  

      ready            experience
      用意ができて          経験
 KnK is  and     to use its  and
      eager            know-how
 KnK  しきりに〜したがって 使う そのノウハウ  

 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, butなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 比較対象は『 同種類(=カテゴリー)&文法上「同形反復」 』!
 (参考)同形反復は並列して解説しています



 in operating youth centers in other countries
 〜場合 経営する 若者のセンター  〜で 他の国 

 in order to provide support for youth everywhere.
 〜ために   供給する  援助   〜のために 若者 至る所  


B                 value of NGOs
                  価値  NGO  

 House of Hope shows the  and
            →
                  other volunteer organizations
   希望の家  示している  他のボランティア組織   

 in improving the quality of life of our fellow global citizens.
 〜場合 向上させる  質  生活  私たちの仲間の地球市民


posted by ついてるレオ at 15:37| Comment(2) | TrackBack(0) | Perspective English Communication V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさしぶりです。
 
定期テストの時期がやってまいりました。

lesson7〜10もよろしくおねがいいたします<m(__)m>
Posted by 越後姫 at 2015年06月19日 17:35
越後姫 さん

定期テストの時期がやってきたのですね(笑い)

Perspective English Communication V
Lesson7〜10ですね

わかりました(^.^)



Posted by レオさん at 2015年06月19日 22:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック