2015年05月19日

Lesson 4 The Truth about Grit 【9】

Lesson 4 The Truth about Grit

【9】
@ The new focus on grit is part of a larger scientific effort
   新しい焦点  グリット   部分 より大きな科学的努力

 to study the personality traits
 〜ための 研究する 性格特性

 that ● best predict achievement in the real world.
     最もうまく 予言する 業績    現実の世界
    (注) ● 名詞の欠落!

A While researchers have long focused
 M(文頭副詞)
 一方  研究者   長く 焦点を合わせてきた

 on measurements of intelligence such as the IQ test
      測定       知能    〜のような 知能テスト

 as crucial markers of future success,
    重要な指標     未来の成功


 【読解鉄則】 対比表現
 While , A 「である一方、A」
 (注) whileは従属接続詞ですが、等位接続詞のようにとらえる! 
 (参考) AとBは「同形反復」です!



 these scientists point out that   →レポート文
             →
 これらの科学者 指摘している


 【読解鉄則】 レポート文 
 筆者の思考、発言の内容をthat節・wh節(=名詞節)などで表現する文!
 (参考)「節」とは大きな文の一部として使われる「文」のこと。



 most of the variation in individual achievement
 大部分    差異       個人の実績

 has nothing to do with being smart.
  →
 もつ 何もない する 〜に関して 頭がいいこと

 (=頭がいいこととは全く関係がない)

B Instead,
 M(文頭副詞)
 その代わりに


 【読解鉄則】 追加表現 Instead, 「その代わりに〜」
 「何(誰)にたいして〜その代わに」なのか? を押さえる!



 it largely depends
 それ 大部分は 〜次第である
 (=individual achievement)
 
 O[結果] 

                        grit

 on personality traits such as    and      .

                      conscientiousness
     性格特性    〜のような  グリットと誠実性
   
 S[原因]

 
 【読解鉄則】
 S depend on 「Sは次第である」
 S[結果]  ⇒ O[原因]
 (注) 論理=「因果関係」!



C It’s not
 仮S 〜でない


 【読解鉄則】 end weight
 長い主語[S]は、it [仮S=仮主語(形式主語)] に置き換えて、
 文の後に置く[真S=真の主語]!

  

 that    
 真S1

 intelligence is n’t really important ―
   知能    〜ない 本当に 重要な

 (=知能があまり重要でない)


 【読解鉄則】  挿入― (―(ダッシュ)による挿入)
  用法は、挿入句・節を入れる!
  ここでは 前のmanga fansを具体的に説明している! 
 
 (参考)コンマ(,)や括弧(  )よりも「強調」や「思考の分断」を表現する!

 

 Newton was clearly a genius ―
 ニュートン だった 明らかに 天才

  
  but しかし

 that
 真S2

 having a high IQ is not nearly enough.
 もつ 高い知能指数 〜ない ほとんど 十分な

 (=高い知能指数をもつことがとうてい十分でない)
  

 【読解鉄則】 対比表現
 not 真S1 but 真S2 「真S1ではなく真S2」
 真S1:not that intelligence isn’t really important   
 真S2:but that having a high IQ is not nearly enough
 (参考)真S1と真S2は「同形反復」です!




 [関連記事]

 【TED】

 The Key to Success? Grit  2013

Angela Duckworth.jpg

 She is delivering a wonderful speech揺れるハート

 もし興味があれば寄ってください (^.^)




posted by ついてるレオ at 16:24| Comment(11) | TrackBack(0) | ELEMENT English Communication V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Lesson5、10、11が次テスト範囲なんでお願いしてもよろしいでしょうか?
Posted by 英語苦手です at 2015年06月03日 16:14
英語苦手です さん

Lesson 5 は現在、準備しています☆

Lesson 10, 11ですね(笑い)

わかりました(^.^)

Posted by レオさん at 2015年06月03日 23:10
ありがとうございます!前回のはとてもいい点数がとれました!本当にありがとうございました!よろしくお願いします!
Posted by 英語苦手です at 2015年06月07日 22:16
英語苦手です さん

それはよかったです☆

これからもがんばりましょう(^^♪

Posted by レオさん at 2015年06月07日 22:45
ありがとうございます!
Posted by 英語苦手です at 2015年06月08日 16:37
英語苦手です さん

は〜い☆

今日はいい日だ(^.^)

Posted by レオさん at 2015年06月08日 21:14
Lesson5、10、11と言っていたのですが、Lesson7もお願いしてもよろしいでしょうか?m(_ _)m
Posted by 英語苦手です at 2015年06月18日 23:22
英語苦手です さん

わかりました
優先順位は Lesson7、10、11ですね(笑い)

英語力のレベルアップも
基本『型』をマスターすればOK!
特に、文法&単語・熟語は大切です

コツコツ努力すれば大丈夫ですよ(^.^)
Posted by レオさん at 2015年06月19日 14:12
よろしくお願いします!;; なるほど…!コツコツ努力していればそれが積もっていって英語力が…!ありがとうございます!
Posted by 英語苦手です at 2015年06月19日 20:14
すみません!優先順位はいちおうLesson10、11、7でよろしくお願いいたします。
Posted by 英語苦手です at 2015年06月19日 20:18
英語苦手です さん

優先順位はいちおうLesson10、11、7☆

わかりました(笑い)

顔晴りましょう(^.^)

Posted by レオさん at 2015年06月19日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック