2016年06月15日

Reading 2 Reclaiming a Life from the street Part 5

Perspective English Communication U      
Reading 2 Reclaiming a Life from the street
       通りから人生を取り戻す

【1】

@ The tiny living room,
  小さなリビングルーム

 where one keyboard sat last year ■,
     1つのキーボード 座っていた 昨年
                (注)■ 副詞の欠落!

 was now dominated
    今 支配されている 

    two large keyboards
    2つの大きなキーボード
 by   and    
    two bulky black amplifiers
 〜によって 2つのかさばった黒いアンプ

 that ● took up more than room than the couch.
      取る より多くの空間  〜より ソファー
  (注) ● 名詞の欠落!

【2】
 
@ Things had not been easy
  状況    〜ない 簡単な

 for any of the three people in that room.
 〜に対して いかなる人 3人 その部屋

A          had an operation
            →
            受けて 手術
 Mrs. Lawrence   and                .
           had to take time off from the job
                 →
 ローレンス夫人 〜しなければならなかった 休みを取る 時間 〜から 仕事


B Mr. Lawrence had been unable to earn enough
 ローレンスさん できないでいた 稼ぐ 十分に 
 
 with the small salary from the church.
  〜で   安い給料   〜から 教会

C Mr. Jones was facing uncertainty himself
  ジョーンズさん 直面していた 不安定さ 彼自身 

 because things were bad for small businesses.
 なぜなら 状況  悪い 〜に対して 安い仕事 

【3】
 
@ But しかし

 that Saturday,
 M(文頭副詞)
 その土曜日 

 as the three sat together again,
 M(文頭副詞)  
 〜とき  3人 座った 一緒に 再び

 they seemed to forget their troubles.
 彼ら 思われた 忘れる 彼らの困難なこと
 (=the three)

A Mr. Lawrence,
 ローレンスさん

 who ● rarely shows his emotions,
 挿入 めったに〜ない あらわす 彼の感情
 (=めったに自分の感情をあらわすことのない)
  (注) ● 名詞の欠落! 

 hugged Mr. Jones
   →
 抱き締めた ジョーンズさん

 as he squeezed through the door.
 〜とき 彼 押し分けて進む 〜を通して ドア
   (=彼がドアを無理に通りぬけた)
 (=Raymond Lawrence)


B“Look at you!”
 「目を向けなさい 〜に あなた」

 Mr. Jones said.
         →
 ジョーンズさん 言った

C“Just look at you, Raymond.
 「ただ 目を向けなさい 〜に あなた、レイモンド 

D You look fine.”
  あなた 見える すてきに」 

【4】

@ The two men soon began to talk
  2人の男  すぐに 始めた 話す  
  (=Mr. Lawrence and Mr. Jones)

 like old friends,
 (=〜のように) 旧友

      deer hunting,
      horse racing,
 about   and     ,
      truck driving
 (=〜について) 鹿狩り、馬のレース、トラックの運転

 which Mr. Lawrence had done ● for a living
     ローレンスさん してきた 〜のために 生計
               (注) ● 名詞の欠落!

 in more states than he can now remember.
      州   〜より 彼 〜できる 今 思い出す
          (=Mr. Lawrence)

A Mr. Lawrence even showed his old wit
                →
 ローレンスさん 〜さえ あらわした 彼の古い機知

  by saying,
 〜によって

 “I think
  私 思う  

  the way I go to Texas was that I left Kansas.”
  やり方  私 行く 〜へ テキサス だった 私 去る カンサス


【5】
@ And そして 
 
 then,
 M(文頭副詞) 
 それから 

 as he always seems to do
 M(文頭副詞)
 〜のように 彼 いつも 思われる する
 (=Mr. Lawrence)

 when company comes over,  
 〜とき 仲間 やってくる

 Mr. Lawrence sat down to play the piano.
 ローレンスさん 座った 〜ために 演奏する ピアノ
         (=座って、ピアノを演奏した)

A The year before,
 M(文頭副詞) 
 1年  前  

 at church,
 M(文頭副詞)
 教会 

 Mr. Jones had asked his friend to play his favorite hymn,
            →     S´  → P´(意味上の主語→述語)
 ジョーンズさん 頼んでいた  彼の友人  演奏する 彼のお気に入りの聖歌

 “Pass Me Not, O Gentle Savior.”
 「Pass Me Not, O Gentle Savior」

B         remembered that
            →  
           思い出して そのこと   
 Mr. Lawrence  and
           began to play it once more,
            →   
 ローレンスさん 始めた 演奏する それ もう一度 
            (=“Pass Me Not, O Gentle Savior”)
 
 (with) his back curved over the piano,
  省略      O → P´(意味上の主語→述語)
      背中  曲げて 〜の上  ピアノ  

 (with) his eyes clenched shut,
  省略      O → P´(意味上の主語→述語)
      両目  かたく 閉じて 

 as if he were in a trance.
 あたかも〜 彼  〜の中 恍惚
(=自分自身に陶酔しているかのように)          
(=Mr. Lawrence)

C          smiled from the kitchen
            微笑んで 〜から 台所 
 Mrs. Lawrence  and
            said,
            →
 ローレンス夫人 言った 

 “He’s still a pretty good kid all in all.”
 「彼  まだ  とても良いこども 大体において」

posted by ついてるレオ at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Perspective English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Reading 2 Reclaiming a Life from the street Part 4


Perspective English Communication U      
Reading 2 Reclaiming a Life from the street
       通りから人生を取り戻す

【1】

@ Now,
 M(文頭副詞)
 今 

 a whole year has passed.
  全体の1年   過ぎた 
 (=まる1年) 

A Some things about Raymond Lawrence have changed hardly at all.
 一部のこと 〜について レイモンド・ローレンス 変わった ほとんど〜ない まったく
                      (=まったくほとんど変わっていない)

B He is still very skinny
 彼   まだ とても 骨と皮ばかりの 
 (=Raymond Lawrence)

  and
            long
 his fingers are  and  .
            thin
  彼の指  長くて細い

C He still glares ahead
 彼 まだ にらみつける 前方を
 (=Raymond Lawrence)    

 when people started talking too much about his past.
 〜とき 人々 始める 話す あまりに多く 〜について 彼の過去

D         span style="color:#00FF00;">slowly
          ゆっくりと 
 He still walks   and
          hesitantly
 彼 まだ 歩いている ためらいながら 
 (=Raymond Lawrence)  

 because of the missing toes
 〜のせいで 紛失した足の指

 that frostbite stole ● from him
      凍傷  盗む  〜から 彼
           (注) ● 名詞の欠落!
                 (=Raymond Lawrence)

 on the streets of Manhattan not so long ago.
    通り      マンハッタン  少し前

【2】

@ But しかし 

 other things have changed a great deal.
  別のこと   変わった    とても

A For the past year,
  M(文頭副詞)
 〜の間 ここ1年 

 Mr. Lawrence has made his new home
             →
 ローレンスさん つくった 新しい家   

 in the tiny bedroom by the living room in his mother’s house.
   小さな寝室   〜のそば リビングルーム     母の家

B And そして

 he has fought against his desire to drink.
 彼  戦った 〜に対して 欲望 お酒を飲む
 (=Raymond Lawrence)

C Once,
 M(文頭副詞)
 一度

 he was about to open a bottle of whiskey,
 彼 まさに〜しようとする 開ける ボトル  ウイスキー
 (=Raymond Lawrence) 

  but しかし 

 some strange feeling stopped him
                →
 ある奇妙な感情  止めさせた 彼
              (=Raymond Lawrence)
             
  and

 he handed the bottle to his mother instead.
  →
 彼 手渡した  そのボトル 〜へ  母 の代わりに
 (=Raymond Lawrence)

D Mr. Lawrence,
  ローレンスさん   

 who ● still sometimes had trouble remembering where he was ■,
 挿入    まだ  ときどき 苦労した 思い出す どこに 彼 いる
                               (=Mr. Lawrence)
  (注) ● 名詞の欠落!                       (注)■ もともと副詞があった場所!

 took his Virginia driver’s test
  →
 受けた バージニアの運転手の試験 
  and
 scored a perfect 100,
  →
 点を取った 満点 100点 
  and
 is driving now.
 運転している 今


【3】
 
@ Above all,
 M(文頭副詞) とりわけ

 his piano playing,
 彼のピアノ演奏

           beautiful
 which ● was   and
 挿入        poetic
           美しく詩的な
  (注) ● 名詞の欠落!  

          his fingers trembled
          彼の指が震えて
 even when   and         ,
          his memory faded
(=〜でさえ とき) 彼の記憶が(次第に)消える

                    sure
 has steadily become more   and .
                    full
  着実に なった より正確に 豊かに

A He was appointed assistant music director at a local church,
  S´                      →P´ 
  彼 指名された アシスタント 音楽監督   地元の教会
 (=Raymond Lawrence)

  and

 he has never missed a single service
       →
 彼  けっして 出席しそこなう ただのひとつの礼拝
 (=彼はただの一度も礼拝を休むことはなかった)
 (=Raymond Lawrence)

 since he took the job.
 〜以来 彼 取る その仕事 (=その仕事につく)
   (=Raymond Lawrence) 


【4】

@ One Saturday afternoon,
 M(文頭副詞)
 ある土曜日の午後

             Mr. Lawrence
             ローレンスさん 
 Mr. Jones visited    and     again
          →  his mother
 ジョーンズさん 訪れた  彼の母   再び 

 after a whole year’s absence.
 〜後  全体の1年 不在
     (=まる1年ぶりに)

A Mrs. Lawrence was making dinner
  ローレンス夫人  つくっていた 夕食 
   and
 the house was filled with the warm smell of food.
    家  満たされていた  温かい匂い   食べ物

B Mr. Lawrence,
  ローレンスさん

 glasses on the end of his nose,
 挿入 眼鏡     端    彼の鼻

 was looking over some songs
 ざっと目を通していた 一部の歌

 for the church service the next morning.
 〜のための   礼拝   翌朝

posted by ついてるレオ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Perspective English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Reading 2 Reclaiming a Life from the street Part 3

Perspective English Communication U      
Reading 2 Reclaiming a Life from the street
       通りから人生を取り戻す

【1】

@ Mr. Jones was so excited        
  ジョーンズさん とても興奮して 

 that he wanted to drive Mr. Lawrence to Virginia.
    彼 〜したいと思った 運転する ローレンスさん 〜へ バージニア
 (=Mr. Jones)

A Over the years (when) he had known Mr. Lawrence ■,
  M(文頭副詞)   省略                 
 〜渡り 数年      彼   知って ローレンスさん
             (=Mr. Jones)   (注)■ 副詞の欠落! 

           come home
           来る 家へ
 he would often  and         
           tell his longtime girlfriend, Lillie Whitmore,
            →                    同格 
 彼 よく〜したものだった 言う 彼の長年のガールフレンド リリー・ホイットモア
 (=Mr. Jones)  
   
 how worried he was ■ about the man.
 どれほど心配な 彼   〜について その男性
 (=Mr. Jones)  (=Mr. Lawrenceの言い換え)
                (注)■ もともと形容詞があった場所! 

B Mr. Jones tried to act on the advice
          →
  ジョーンズさん 〜しようとした 行動する  忠告
                   
                 A『抽象』 

(that) his mother had given him ●
 省略  彼の母   与えていた 彼   
              (=Mr. Jones)  (注) ● 名詞の欠落!

 just before she died:
 ちょうど 〜前 彼女 亡くなる
(=his mother)


 “Never look down on a person
 「けっして 軽蔑してはいけない 人

 unless you are picking them up.”
 〜しない限り あなた (誤りなど)とらえている 彼ら」
    「人々一般」 
 (=誤りをとらえていない限り、けっして人を軽蔑してはいけない)

     B『具体』   
           

【2】  

@                      Mr. Jones
 Despite the differences between  and ,
                       Mr. Lawrence
 M(文頭副詞)
 〜にもかかわらず 違い 〜の間 ジョーンズ氏とローレンス氏

 Ms. Whitmore had also seen the similarities.
           →
 ホイットモアさん 〜も 見ていた 類似点


A    both grew up without fathers
     同格 
     二人 成長した 〜なしに 父
 They  and                 .
     both had strong-willed mothers
     同格 →
 彼ら   二人 持っていた 意志の強い 母
 (=Mr. Jones and Mr. Lawrence)

B And そして 

 when Mr. Lawrence was not drinking,
 〜とき ローレンスさん お酒を飲んでいない  

         humble
         控えめで
 he was as   and       
         hard-working           
 彼 〜同じように 勤勉な         
 (=Mr. Lawrence)

 as Mr. Jones (was).
 〜のように 
     ジョーンズさん 省略

【3】 
@ The night before their departure,
  M(文頭副詞)
    夜 〜前 彼らの出発

           baked chicken,
           corn,
           peas
 they all ate   and
     同格 →   potatoes.
 彼ら 皆 食べた チキン、トウモロコシ、エンドウ豆、ポテト

A Mr. Jones asked his girlfriend’s son,
          →           S´
 ジョーンズさん 頼んだ 彼のガールフレンドの息子

 a hair stylist who ● had even worked for some celebrities,
   同格   
 ヘアースタイリスト  〜さえ 働いていた 〜ために 有名人
          (注) ● 名詞の欠落!

   come over
   やってきて
 to and              .
   give Mr. Lawrence a nice haircut
 →P´
   与える ローレンスさん すてきなヘアーカット
   (=ローレンスさんの散髪をしてやる)

【4】
 
@ The drive to Virginia the next day took them ten hours.
                         →                  
    運転 〜へ バージニア 翌日  かかった 彼ら 10時間
                     (=Mr. Jones and Mrs. Lawrence)

A When Mr. Jones finally pulled his old gray minivan
 M(文頭副詞)
 〜とき ジョーンズさん ついに 止める 古いねずみ色のミニバン
 
 up to a tiny, white house,
 〜へ 小さな、白い家

 Mr. Lawrence’s 73-year-old mother, Alberta,
                          同格
  ローレンスさんの73歳の母     アルバータ 

 walked slowly out of the house
 歩いた ゆっくりと 〜から外へ その家 

 with her arms lifted in the air.
        O → P´(意味上の主語→述語) 
      両腕  掲げて  空中 

B Tears streaming down her face,
 M(文頭副詞)
 涙 流れる 下へ 彼女の顔

 she took her son into her arms.
     →
 彼女 抱きしめた 息子
 (=Alberta) 

【5】

@ She had not heard any word of her son for three years
            →
 彼女  〜ない 聞く いかなる言葉   息子  〜の間 3年 
 (=Alberta)

 until their reunion that day.
 〜まで  彼らの再会    その日

A      her prayers
       彼女の祈り
 Despite   and
       those of every member of two churches during that time,
 M(文頭副詞) (=代名詞 prayers)
 〜にもかかわらず 祈り すべてのメンバー 2つの教会 〜の間 そのとき 

 she had almost given him up for dead.
            →
 彼女  ほとんど あきらめていた 彼  死んだ人 
 (=Alberta) (=his son)

B The act of charity by Mr. Jones
    行為   慈善 〜による ジョーンズさん
 
     S[原因]  

 had brought about an unlikely reunion  that calm October evening.
      →        
  引き起こしていた ありそうもない再会 穏やかな10月の夜

              O[結果]

posted by ついてるレオ at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Perspective English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Reading 2 Reclaiming a Life from the street Part 2

Perspective English Communication U      
Reading 2 Reclaiming a Life from the street
       通りから人生を取り戻す


【1】 

@ The longer Mr. Jones knew Mr. Lawrence,
 M(文頭副詞)
 長くなるにつれて ジョーンズさん 知る ローレンスさん

 the more
 (それだけ)ますます〜 

 he was able to piece together a picture of Mr. Lawrence’s lost life.
           →
 彼  〜できた  継ぎ合わせる 状況 ローレンスさんの失われた人生
 (=Mr. Jones)

A Mr. Lawrence had been in the Navy at some point;
 ローレンスさん  いた      海軍   ある時点
 
 he had auditioned for the Berklee College of Music,
 彼  オーディションを受けていた 〜のための バークリー音楽大学
 (=Mr. Lawrence) 

       a jazz piece
        ジャズ曲
 playing   and      ;
       a Back prelude
 演奏して  バッハの前奏曲

    was accepted
    受け入れられて
 he   and
    lasted a year there
 彼  続いた  1年  そこで
 (=Mr. Lawrence) (=at the Berklee College of Music)

 before the drinking destroyed his life.
 〜前   飲酒   破壊した 彼の人生


【2】

@ Mr. Jones discovered other details.
            →
  ジョーンズさん 発見した 他の詳細 

A Mr. Lawrence had
           →
 ローレンスさん いた

 a sister somewhere in New Jersey,
  妹    どこか     ニュージャージー

 another sister near Boston,
 もうひとりの妹   〜の近く ボストン

  and

 a mother, still working as a nurse,
   母  今でも 働いている 〜として 看護師  

 who ● lived only five miles
     住んでいる ほんの 5マイル 
  (注) ● 名詞の欠落!

     (参考) 1 mile =1760 yards,≒1.6 km
           5 miles ≒8.0 km


                      born
 from where Mr. Jones had been and
                      raised
〜から 場所 ジョーンズさんが生まれて育った 

 in Norfolk, Virginia.
 ノーフォーク バージニア

B       was a deeply religious man
           とても 信心深い人
 Mr. Jones   and
        thought that    
        →
 ジョーンズさん  思った 

 his encounter with the homeless man was not surprising.
 彼の出会い    ホームレスの男  〜でない (人を)驚かせる

C “I truly believe that  
  「私 本当に 信じている

   God led me to Raymond,”
   神 導いた 私 〜へ レイモンド

 he said.
   →
 彼 言った 
 (=Mr. Jones)  

【3】 

@ Amazingly,
 M(文頭副詞)
 驚くべきことには
 
 Mr. Lawrence still remembered a sister’s telephone number.
                →
 ローレンスさん 今でも 覚えていた 妹の電話番号

A It was with that 10-digit scrap of memory
  【強調構文】 その 10桁の 一片の記憶

 that Mr. Jones took action ■.
     ジョーンズさん 行動を起こした
               (注)■ もともと副詞があった場所!

B He called his sister、
      →
  彼 電話をした  妹 
 (=Mr. Jones) 

  and

 she got him in touch with their mother.
     →
 彼女 した 彼   接触  〜と  彼らの母
 (=彼女は彼に母と連絡を取らせた)
 (=his sister) (=Mr. Jones) 

C        held a cell phone up to the homeless man’s ear
          →
         当てて 携帯電話   〜へ ホームレスの男の耳
 Mr. Jones   and        
         told him (that)
          →    省略
 ジョーンズさん 言った 彼        
         (=Mr. Lawrence)

         his mother was on the other end.
            母  いる    向こう側に

     (参考) “Your mother is on the other end.”

D         looked at the cell phone
           目を向けて   携帯電話 
 Mr. Lawrence  and then それから 
           said into it    
            →            
 ローレンスさん 言った 〜の中へ それ      
             (=the cell phone) 

         with tears in his eyes, 
             O    → P´(意味上の主語→述語)
            涙    彼の目
         (=目に涙を浮かべて)

  “Is this really you?   Mother?”
 「 こちら 本当に あなた?  お母さん?」


【4】
 
@ The voice of a woman, crying,   came back,
                 挿入
    声     女性   泣いている   戻ってきた

 “On October 3, 1948,
  「 10月3日  1948年

      handed me a baby
      手渡した 私に 赤ん坊
  they   and  
      told me (that) it was you, 
            省略
  彼ら  言った 私に 状況のit あなた
   
    so それで
      
  I guess (that) it’s your mother, Raymond.”
       省略
  私 思う  状況のit あなたの母  レイモンド


A In a life
  M(文頭副詞)   
     人生        

  that ● had seemed to be surely going toward death],
      思われていた 確かに 進んでいる 〜へ 死
  (注) ● 名詞の欠落!

 that was the turning point.
 そのこと    転機

posted by ついてるレオ at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Perspective English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Reading 2 Reclaiming a Life from the street Part 1

Perspective English Communication U      
Reading 2 Reclaiming a Life from the street
       通りから人生を取り戻す


【1】 
@ Vincent Jones cannot forget the first time
                    →
  ビンセント・ジョーンズ 〜できない 忘れる 最初の時間 

 (when) he saw the homeless man ■.
  省略 彼 会った ホームレスの男
   (=Vincent Jones)        (注)■ 副詞の欠落! 

A He was nothing but skin and bones
  彼   〜だけ    皮   骨 
 (=the homeless man)  (=骨と皮だけ) 
               (注)日本語と語順が違う!

   and

       holding up his pants with one hand
        →
       掲げて   ズボン  〜で  一方の手
 he was   and
       holding on to the wall with the other (hand).
 彼   しがみついていた  壁  〜で   他の手 省略
 (=the homeless man)

【2】 

@ A police officer was trying to move the man out of the place
 ひとりの警察官 〜しようとしていた 動かす その男 〜から外へ その場所

 where he was staying ■ .
     彼    いる
  (=the man)    (注)■ 副詞の欠落!

A Mr. Jones walked past him,
 ジョーンズさん 歩いた 〜を過ぎて 彼
                (=the man)   

   but しかし 

 then
 それから

 something drew him back.
         →
  何か 引き戻した 彼
        (=Mr. Jones)


B“The look on that man’s face,”
  「 様子      その男の顔」

 he says now.
  →
 彼 言う  今 
 (=Mr. Jones)


【3】 
@ The man, Raymond Lawrence,
         同格           
 その男  レイモンド・ローレンス 

 asked Mr. Jones for a quarter.
  →
 求めた ジョーンズさん 〜を 25セント


 【解説】coin(紙幣に対して)硬貨

  人物の頭像のある表 (head) と数字などのある裏 (tail) から成っている
  物事を決めたり賭(か)けをする銭投げ (heads or tails)に用いる;

  米国: 1 セント (penny),    5 セント (nickel), 10 セント (dime),
      25 セント (quarter),  50 セント (fifty‐cent piece),  1 ドル
  英国: 1 ペニー, 2 ペンス, 5 ペンス, 10 ペンス,
      20 ペンス, 50 ペンス, 1 ポンド



A Mr. Jones gave him two (quarters).
          →         省略
 ジョーンズさん あげた 彼 2つ  
        (=Raymond Lawrence)

B           a cup of coffee
            コップ1杯のコーヒー 
 He brought him    and          .
     →      a bacon-and-egg sandwich
 彼 もってきた 彼  ベーコンエッグ サンドイッチ  
 (=Mr. Jones) (=Raymond Lawrence)

C He asked the man please not to spend his money on alcohol.
     →    S´     → P´ 
 彼 頼んだ その男性 どうか 〜しない 使う お金 酒
 (=Mr. Jones) (=Raymond Lawrenceの言い換え)

D Then
 M(文頭副詞) 
 それから

 Mr. Jones walked away,
 ジョーンズさん 歩いた 離れて(=歩き去った)
 
 (being) sure that he would never see him again.
  省略
      確信して 彼 〜だろう けっして 会う 彼 再び
          (=Mr. Jones) (=Raymond Lawrence) 

E That was three years ago.     
 そのこと   3年前

【4】

@ Mr. Jones is a truck driver.
 ジョーンズさん  トラックの運転手

truck driving.jpg

A When he met Mr. Lawrence again,
 M(文頭副詞) 
 〜とき 彼 会った ローレンスさん 再び
      (=Mr. Jones)

           a dollar
           1ドル
 he offered him  and
     →     food
 彼 差し出した 彼 食べ物
(=Mr. Jones) (=Mr. Lawrence)

 as he had asked him for money again.
〜ので 彼 求めていた 彼 〜を お金 再び
(=Mr. Lawrence) (=Mr. Jones)

B He even bought him a bottle of cheap wine
         →
 彼  〜でさえ 買った 彼  1本のボトル  安いワイン
(=Mr. Jones)   (=Mr. Lawrence)

 when he saw Mr. Lawrence shake so uncontrollably.
               S´     → P´
 〜とき 彼 見た ローレンスさん 震える そんなに 抑えきれずに 
    (=Mr. Jones)

C It was not easy
 仮S    〜でない やさしい  

 for Mr. Jones to refuse him
 真S      S´→ P´   
 ジョーンズさん 拒否する 彼  
            (=Mr. Lawrence)

                 beaten by fellow homeless men
                 →P1´
                 叩かれる 〜によって 仲間のホームレスの男たち
 as he had seen him or
           S´    crying
                 →P2´
 〜ので 彼 見ていた  彼   泣いている
 (=Mr. Jones) (=Mr. Lawrence)

 because they had robbed him in the night.
 なぜなら  彼ら 奪った  彼   夜に
   (=fellow homeless men) (=Mr. Lawrence)

【5】 
@ Mr. Lawrence’s shoes were often stolen.
  ローレンスさんの靴    よく 盗まれた

A One winter,
 M(文頭副詞)
 ある冬  

 the toes on his left foot became so painful
 足の指   彼の左足      なった とても痛い  

 that he had to have surgery at a hospital.
    彼 〜しなければならなかった 受ける 外科手術 病院で
 (=Mr. Lawrence)

B After staying in a nursing home for a while,
 M(文頭副詞) 
 〜後 いる 介護施設 しばらくの間  

 he made his way back to his old place in a new wheelchair.
    →
 彼  進んだ  戻って 〜へ 古い場所   新しい車いす
 (=Mr. Lawrence)

C It was stolen within a week.
 それ  盗まれた 〜以内で 1週間
 (=a new wheelchair)

posted by ついてるレオ at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Perspective English Communication U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする