2015年11月05日

Lesson 11 The Man Who Photographed History (4)

Lesson 11 The Man Who Photographed History (4)

【9】

@    had spent his entire fortune of $100,000 on his Civil War Project,
         →
    費やしていた 彼の全体の財産  10万ドル 〜に 彼の南北戦争プロジェクト


   【読解鉄則】 S+had +Vp.p.…(=動詞の過去分詞)
   「Sは〜してしまった・〜していた」
   【過去完了形】のイメージ:「(過去の前の動作、状態が) 過去に迫る!」 
   (注) Vp.p.(過去分詞)には、「過去」の意味はない!
 
    (参考) Vp.p.=『受身・完了分詞』

 Brady   and

     could not make this money back.
            →
 ブラディ 〜できなかった  する このお金 もどす

A At last
 M(文頭副詞) ついに  

 in 1875,
 M(文頭副詞) 1875年 

 Congress purchased his entire collection
         →
 議会  買った  彼の全体のコレクション  

 for only $25,000.
 〜の代わりに たった 2万5千ドル

B       part with his studio
         手放し  彼の写真スタジオ
 He had to    and  
        work for other photographers
 彼      働く  〜のために 他の写真家  
 〜しなければならなかった

 to pay back everyone
 〜ために  返済する みんな 

 (that) he owed ●.
 省略 彼 借りた
         (注) ● 名詞の欠落!

C When he died in 1896,
 M(文頭副詞)
 〜とき 彼 亡くなった  1896年

 he was penniless.
 彼    無一文の

【10】

@ Although Brady did not get rich from his Civil War pictures,
 M(文頭副詞)
 〜だけれども ブラディ ならなかった 金持ちの 〜から 南北戦争の写真

 he
 and    have made our lives richer.
 his work     →     S´   → P´(意味上の主語→述語)
 彼と彼の仕事  した  私たちの生活 豊かに

A He showed that    →レポート文
      →
 彼  証明した

 the camera could be used
   メラ 〜ありうる 使われる  

 not just for making portraits
 〜だけでなく 〜のために つくる 肖像写真 

   but also         .
    〜も 
      for recording history
      〜のために 記録する 歴史 


  【読解鉄則】 レポート文 
  筆者の思考、発言の内容をthat節・wh節・if節(=名詞節)などで表現する文!
  (参考)「節」とは大きな文の一部として使われる「文」のこと。


B                    took
                     撮って
 The pictures (which) Brady    or    ●
           省略        collected   
   写真        ブラディ  集めた                      
                           (注) ● 名詞の欠落!  

 give us a remarkable glimpse
  →
 与えている 私たち 驚くべき 一目
 (=驚くべき片鱗を示してくれている) 

              people
 of the important   and  of the 19th century.
              events   (注)共通のM!
      重要な人々と出来事     19世紀

posted by ついてるレオ at 16:14| Comment(2) | TrackBack(0) | Perspective English Communication V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lesson 11 The Man Who Photographed History (3)

Lesson 11 The Man Who Photographed History (3)

【6】

@ At that time,
 M(文頭副詞) 当時  

           large  
          大きくて 
 cameras were  and  .
           bulky
カメラ かさばった  

A It took photographers a long time
 仮S →
 かかった 写真家 長い時間        

 to set up their equipment,
 真S 備える 彼らの機材


 【読解鉄則】 end weight
 長い主語[S]は、it [仮S=仮主語(形式主語)] に置き換えて、
 文の後に置く[真S=真の主語]!
 

  and

 it also took 15 to 30 seconds
 仮S  →
   〜も かかった 15 〜へ 30 秒   
 
 to take a picture.
 真S 撮る 写真

B For these reasons,
 M(文頭副詞)
 〜のために これらの理由 

 the photographers preferred to take photos of soldiers
               →
   写真家      好んだ     撮る   写真 兵士 

   camp
   キャンプ
 in   or       ,
   generals posing
   大将のポース   

                trees
 often leaning against   or
                tent poles
 しばしば もたれながら 〜に対して 木やテントのポール  

 to help them stand still.
       S´→ P´(意味上の主語→述語)
 〜ために 助ける 彼ら 立つ じっと 

【7】

@ Photographers also took pictures of fields after the battles ―
               →
   写真家    〜も  撮った  写真 戦場  〜後 戦争
                        A『抽象』

 
【読解鉄則】 追加表現 also「〜も」
 「何(誰)にたいして〜も」なのか? を押さえる!



 fields covered with dead soldiers.
 戦場 覆われている 〜で 死んだ兵士 
 B『具体』 

 【読解鉄則】 A(ダッシュ)―B 
 A(核心的内容)―B(具体的な内容) 
 『抽象』から『具体』の流れをつかもう!



A Many people at that time imagined war to be a glorious adventure,
                     →   S´→ P´(意味上の主語→述語)
     多くの人々 当時    想像した   戦争  名誉となる冒険 
 
 so それで  

 the photos,
   写真

 which ● showed the true horrors of war,
 挿入  示している   本当の恐怖  戦争
(注) ● 名詞の欠落!


 【読解鉄則】 , 挿入 ,  (コンマによる挿入)
  用法は、接続副詞挿入句・節を入れる!
  (注) 挿入は(   )で囲むと構文が理解しやすい!


 shocked them.
   →
 衝撃を与えた 彼ら  
       (=many people at that time)

【8】

@ Brady’s collection of pictures grew and grew
   ブラディの収集     写真  どんどん増えて  

 until,
 〜まで 

 by the end of the war,
 M(文頭副詞)
 〜までに 終わり その戦争

 he had over 3,500 photos.
 彼 持った 〜以上 3500枚  


 【読解鉄則】 S1V1… until S2V2…
 S2V2… まで S1V1… △(×)
 S1V1  そして  S2V2   ○
 
 (注)速読速解のコツは「左→右」に カタマリで読むこと!
    英語の語順で戻らずに読みましょう!



A He thought (that)  →レポート文
      →   省略    
  彼 思った 

 many people would want to buy his photos,
 多くの人々 〜だろう 〜したいと思う 買う 彼の写真  

  but しかし

 this didn’t happen.
 このこと 〜しなかった 起こる   

B They didn’t want to see pictures
            →
 彼ら  〜しなかった 〜したいと思う 見る 写真  
(=many people)

that ● reminded them of the bitter past.
    思い出させる 彼ら    苦い過去
(注) ● 名詞の欠落! (=many people)


 【読解鉄則】 分離動詞句 他動詞 A+前置詞+B
 <例> S remind A of B 「A<人>にB<モノ・コト>を思い出させる」
        →   明確化  
    Sが力をAに及ぼして(事柄を)明確化させるイメージ!



C Besides,
 M(文頭副詞) 
 そのほかに   

 【読解鉄則】 追加表現 Besides, 「そのほかに〜」
 「何(誰)にたいして〜そのほかに」なのか? を押さえる!


 most people did not have extra money
               →
 大部分の人々  〜しなかった もつ 余分のお金   

 to spend ● on photos.
 〜ための 費やす 〜に 写真
 (注)● もともと名詞があった場所!

posted by ついてるレオ at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Perspective English Communication V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lesson 11 The Man Who Photographed History (2)

Lesson 11 The Man Who Photographed History (2)

【4】

@ Brady’s New York studio became very popular ―
 ブラディのニューヨークの写真スタジオ なった とても人気のある


 【読解鉄則】 A(ダッシュ)― B
 A(核心的内容)―B(具体的な内容) 
 意外性や期待感を持たせた情報を追加する場合 
 用例 The sun is shining ― Welcome to a land of wonders.
   「太陽は輝いている ― 不思議な国へようこそ」
 (参考)「わくわくした感じを出したい」
     「ちょっと飛んだ内容を追加したい」といったとき!


  and

 (It did) not (become very popular)
 省略       省略
      〜だけではなかった           

 only with New Yorkers.
     ニューヨーク市民  


【読解鉄則】 省略 
 省略は、一度出てきた語(句)の反復を避けるために起こる!
 省略が起こっている英文は、必ず省略語(句)を補って理解する!



A In 1860
 M(文頭副詞) 
 1860年 

 an important Englishman became a customer.
  重要な英国人     なった    顧客  

B It was Prince Edward,
  その人 プリンス・エドワード 
 (=the customer)


 who ● later became King Edward Z of England.
      後に なった   エドワード7世 イギリス 
  (注) ● 名詞の欠落!


 【読解鉄則】 extra information(=追加、補足情報)
 SV…, who ●… 
 文が終わる ⇒ (その人は)… 
 先行詞「人」(=一つに決まる名詞)の追加及び補足説明をあらわす!
 (参考)学校文法では関係詞の「非制限用法」or「継続用法」!



C While visiting New York,
 M(文頭副詞) 
 〜の間 訪れて ニューヨーク


 【読解鉄則】 接続詞+Ving…  
 一部の接続詞は後ろにVing…がくることもある!
 (after, before, when, while, since)
 
 <例> After talking to you I felt better.
    (=After I talked to you)
    「あなたと話をした後、気分がよくなった」  
  (注) 接続詞+SV…の簡略した表現です!



 the price came to Brady’s studio
   王子  来た 〜へ ブラディの写真スタジオ 

 to have his picture taken.
          S´  → P´(意味上の主語→述語)
 〜ために してもらう 彼の写真 撮られる
 (=自分の写真を撮ってもらうために)

King Edward Z.jpg

【5】

@ The following year,
 M(文頭副詞) 
 翌年 (=1861年) 

 the Civil War broke out.
   南北戦争 始まった  

A    decided to take pictures of the war
      →
     決めた    撮る   写真    戦争

 Brady  and

     set up teams of photographers,
      →
 ブラディ 設立した チーム  写真家   

 providing them with the equipment (which) they needed ●.
                          省略
 供給した 彼ら 機材               彼ら 必要だった
                               (注) ● 名詞の欠落!

 
 【読解鉄則】 分離動詞句 他動詞 A+前置詞+B
 <例> S provide A with B 「AをBを供給する」
        →   つながり  
    Sが力をAに及ぼしてBに関連させるイメージ!


 【読解鉄則】 extra information(=追加、補足情報) 
 SV…, Ving…(付帯状況の分詞構文) 
 文が終わる ⇒ Ving…「〜して、〜しながら」 
 (注) SV…(主文)の追加及び補足説明をあらわす!  
     VingのS´(意味上の主語)は、必ず主文のSと一致する!



B These photographers followed the troops
                 →
   これらの写真家 〜の後を追った   軍隊

  across the country.
  〜を横切って 国  

C Back in New York,
 M(文頭副詞) 
 戻って ニューヨーク  

      saved   (注) 他動詞なのにOがない?
       →
      とっておいて 

 Brady   and      their negatives.

      protected   (注)共通のO
       →
 ブラディ 保護した   彼らのネガ 


 【読解鉄則】 A and B  同形反復(=共通構文)
 等位接続詞(and, butなど)を見つけたら、
 何と何(語と語、語句と語句、節と節、文と文)をつないでいるか?
 (注) 同形反復は並列して解説していますexclamation



D In addition,
 M(文頭副詞) また

 【読解鉄則】 追加表現 In addition, 「また〜」
 「何(誰)にたいして〜また」なのか? を押さえる!


 he also bought photos from other photographers.
        →
 彼 〜も 買った 写真 〜から 他の写真家

posted by ついてるレオ at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Perspective English Communication V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lesson 11 The Man Who Photographed History (1)

Lesson 11 The Man Who Photographed History (1)
       歴史を写真に撮った男

【1】
@ One photo in a book of photographs from the time of the Civil War
  1枚の写真    本    写真   〜から   時代   南北戦争

shows the sad face of Abraham Lincoln staring back at you.
 →        S´                   → P´(意味上の主語→述語) 

見せている  悲しい顔 エイブラハム・リンカーン  じっと見ている  あなた 

Abraham Lincoln.jpg


 【読解鉄則】 SVOC
  第5文型 SVOCは、O(目的語)とC(補語)に必ず 
  S´→ P´(意味上の主語→述語)の関係がある!
  (注) Vは「知覚動詞」「認識動詞」「使役動詞」がよくくる!



A In another photo,
M(文頭副詞) 
〜の中で もうひとつの写真 


 【読解鉄則】 「同じ・もうひとつ・別の」
 the same, another, other, others など
 「何と同じ・何にたいしてもうひとつ・何と別」なのか? を押さえる!



an army general leans  against a tree.
  陸軍大将  もたれている 〜に対して 木 

an army general.jpg

B Both photos look
  両方 写真 見える 

 as if they could have come from today’s newspapers.
 あたかも それら 〜したはずである 来る  〜から 今日の新聞 


 【読解鉄則】 仮定法=事実に反することを述べる法!(=反実仮想)
 as if〜「あたかも〜だったように」「まるで〜だったように」
 Both photos look as if they could have come from….
 =Both photos look as (they would look) if they could have come from….
 「両方の写真は見える〜のようにそれらが見えるだろう もしそれらが〜から来たはずなら」
 この英文のif以下が仮定されて、丸カッコ内が省略された形です!


C Yet
 しかし  

 they were taken almost 150 years ago,
 それら 撮られた ほとんど 150年前
(=both photos)


 【読解鉄則】 代名詞・指示語
 代名詞(it, they, them, one(s) など)は「何を受ける」!
 指示語(this, these, that, thoseなど)は「何を指す」! 
 必ず文中の英語でチェックする!



 by a man    named Mathew Brady,
 〜によって 男性  名づけられた マシュー・ブラディ

Mathew Brady.jpg

 who ● made it his lifework
         仮O
         S´→ P´(意味上の主語→述語)
した それ=状況 彼のライフワーク 


 【読解鉄則】 end weight
 長い目的語[O]は、it [仮O=仮目的語(形式目的語)] に置き換えて、
 文の後に置く[真O=真の目的語]!
 


    create
 to  and     pictures of his time.
    collect   (注)共通のO
   生み出して 集める 写真  彼の時代
 真O


【2】

@ Mathew Brady was born in 1823
 マシュー・ブラディ 生まれた 1823年

 in Wallen County, New York.
 ウォーレン郡 ニューヨーク  

A His parents had come to America from Ireland.
  彼の両親   来ていた  〜へ アメリカ 〜から アイルランド 

B At the age of 16,
 M(文頭副詞)
 〜に 年齢 16 (=16歳のときに)

   left home to live in New York City
   去り 家 〜ために 住む ニューヨーク(市)  

 he and

   began to study photography under Samuel Morse,
     →
 彼  始めた  勉強する 写真術  〜の下で サミュエル・モールス  

 who ● was a man of many talents.
     だった 男性  多くの才能 
    (注) ● 名詞の欠落!


 【読解鉄則】 extra information(=追加、補足情報)
 SV…, who ●… 
 文が終わる ⇒ (その人は)… 
 先行詞「人」(=一つに決まる名詞)の追加及び補足説明をあらわす!
 (参考)学校文法では関係詞の「非制限用法」or「継続用法」!



C   quickly learned all that Morse could teach him ●
          →
   素早く  習う  すべて モールス できた 教える 彼   
                          (注) ● 名詞の欠落!

 He  and,

   in 1844,
   M(文頭副詞)
   1884年

  opened his own photography studio.
    →
 彼  開いた 彼自身の  写真スタジオ


【3】

@ Brady worked hard
 ブラディ 働いた 一生懸命  

 to make it in the city,
 〜ために うまくいく 〜で その都市

  and

 in 1845
M(文頭副詞) 
 1845年 

 he started collecting portraits of famous Americans.
    →
 彼 始めた   集める    肖像写真     有名なアメリカ人

A In his lifetime,
 M(文頭副詞)
 〜で 彼の生涯  

 Brady took portraits of 16 presidents,
      →
 ブラディ 撮った 人物写真   16人の大統領  

 photographing Abraham Lincoln several times.
 撮っている   エイブラハム・リンカーン   数度  


 【読解鉄則】 extra information(=追加、補足情報) 
 SV…, Ving…(付帯状況の分詞構文) 
 文が終わる ⇒ Ving…「〜して、〜しながら」 
 (注) SV…(主文)の追加及び補足説明をあらわす!  
     VingのS´(意味上の主語)は、必ず主文のSと一致する!



B One of his best-known portraits of Lincoln was used
  ひとつ  彼の最も知られている 肖像写真  リンカーン  使われた 

 as a model for the image on the U.S. penny.
 〜として モデル 〜に対する イメージ  合衆国ペニー 

posted by ついてるレオ at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Perspective English Communication V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする